カテゴリー「映画・テレビ」の2件の記事

2006.01.29

「いま、会いにゆきます」

BZ 不覚にも本当に久々に風邪をひいてしまい、週末は自宅でおとなしくしてました。冷蔵庫に全く食材のストックも無かったので、フラフラしながら買出しついでにレンタルビデオ屋さんで、かなり出遅れなんでしょうけど、これ借りて来ました。

普段はアクション物やサスペンス物なんかが好みで、純愛ラブストーリー物なんて「首のあたりが痒くなりそう・・・」なんでTVドラマや映画では全く見ない人です。ましてや邦画は、今は亡き伊丹十三監督の「マルサの女」シリーズなんかはかなり楽しめましたけど、それ以外はいつも必ず裏切られるので、最近は絶対見ないんですけど、そのお店の人気ランキングNO.2だったのと、気分的にマイナス状態の時にハードな映像は少し刺激が強いかと思いまして・・・。

市川拓司さんの原作本はミリオンセラーになり、「セカチュー」と同じスタッフで製作され、2004年公開の映画も興収3位の大ヒットし、主演の竹内結子さんと中村獅童さんは共演がきっかけてでゴールイン。TBSの連続ドラマやコミックでも取り上げられて、今年ハリウッド映画でリメイクもされるらしいですね。

続きを読む "「いま、会いにゆきます」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.29

「宇宙からの脱出」

月着陸を目的として計画された「アポロ計画」が華やかな成果をあげていた頃に製作され、ジーン・ハックマン、クレゴリー・ぺックなんかが出ていた今から30年以上前のアメリカ映画なんですよね。TVの再放送で見た記憶があるんですが、米宇宙船がなんらかの原因で故障し、乗組員が酸欠の危機に陥った状態で、フロリダのケネディー宇宙センター周辺は大型ハリケーンが来襲していて、救援のロケットを打ち上げられない。どうやって宇宙から脱出するのか・・・ハラハラドキドキ。見ていて自分も息をするのが苦しくなる映画でした。

001

続きを読む "「宇宙からの脱出」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)