カテゴリー「■UTMF」の3件の記事

2012.05.20

不甲斐ない結果だったUTMF

001

2012年前半戦の勝負レースのUTMFは、中間地点の「A7富士山こどもの国(76km)」まで制限時間は十分余裕があったにもかかわらず、先に進もうという気力が萎えてしまい自らゼッケンを取ってリタイアを申告するという不甲斐なく悔しい結果だった。トレイルレースは今回で6戦目になるが、過去3回のDNFの内2回が山レースなんで鬼門なのかなぁ。。。今は、当分トレイルラン大会はごちそうさまという気持ちだが、しばらくすれば懲りずに来年再チャレンジすることになるでしょうね(笑)。

大会運営は、第1回にもかかわらず特に混乱もなくスムーズ。コースの分岐地点や危険な場所には必ず誘導員が配置され、テープや矢印などのマークも頻繁にコース上にあり、レース前に最も不安だったコースアウトする心配は皆無だった。前半戦は、険しい急登の連続の山頂や峠をなんとか克服して街中へ下りてくると、エイドステーションがあり、日が落ちて気温が下がった時間帯に温かいうどんや汁物系の給食の提供や、給水も充実していた。レース中の渋滞は、初日の杓子山(1598m)のピークを過ぎて二十曲峠へ向う危険な岩場の下りのみで、後は問題なく(中間地点までですが)、レース当日は快晴で富士山の景観も満天の夜空に輝く星もきれいでとってもいい大会だった。

続きを読む "不甲斐ない結果だったUTMF"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.05.14

いよいよ今週金曜日にスタート

150

富士山周辺の山々を走り歩きで駆け巡る、日本初の100マイルトレイルレースである「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI」のスタートが今週の金曜日に迫ってきました。このレースは、総距離156km、累積標高8,503m、制限時間48時間とたぶん2日間徹夜で脚の痛みや強烈な睡魔、自分の弱い気持ちと葛藤することになる長丁場のレース。夜間走時に崩落の危険のある場所や、コースが不明瞭で迷いやすい部分もあり、山の天候急変にも対応できるように、装備については必ず携行するものが義務付けられており、スタート時や途中のエイドで、重量チェックや装備品チェックなども行われる。

●ナンバーカード配布時にチェックされた必携品は、その後変更してはならない。装備の総重量はスタート時、そしてエイドステーションを出る時に2kgを超えること。コース上すべての場所において1kg以下にならないこと。

スタート地点以外に、A3山中湖きらら(37km地点)では重量チェック、A8西富士中学校(102km地点)では装備チェックあり。1リットル以上の水は、スタート時および各エイド出発時に必携。

装備チェックリスト

必携品(必ず装備として携帯するもの)

(1) コースマップ、コンパス(A4~A8の試走禁止区域のマップは無し)

(2) 携帯電話(大会事務局の電話番号(ナンバーカードに明記)を登録し、番号非通知にせず十分に充電すること)

(3) 個人用のカップもしくはタンブラー(150cc以上)、ビンは不可。

(4) 1ℓ以上の水(スタート時および各エイドステーション出発時)

(5) ライト2個(動作確認済)、およびそれぞれの予備電池

(6) サバイバルブランケット

(7) ホイッスル

(8) テーピング用テープ(包帯、ストラップになるもの。80センチ×3センチ以上)

(9) 携帯食料

(10) 携帯トイレ

(11) レインウェア(山岳の悪天候に対応できる防水性を備えたもの)

(12) 足首丈のランニングパンツ(長ズボン)、あるいは膝の隠れる丈のレギンスやタイツ

(13) 熊鈴

(14) ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)

(15) 保険証

(16) 配布するナンバーカード、計測用ICチップ(両足に装着)

(17) 配布される蛍光テープ(夜間走行の車輌から認識されるよう、ザックなどにつけるこ  と)

勧める携帯品
・手袋、帽子、防寒着など(悪天候、低温を予測して)、着替え、日焼け止め、ワセリン、現金

続きを読む "いよいよ今週金曜日にスタート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.30

UTMF試走

010

5月18日から20日にかけて開催されるUTMFの前半および後半のコースマップ(A4すばしり~A8西富士中学校の区間は試走禁止なのでマップも非公開)及び、エントリーリストが公式HPで公開になり、モチベーションが上がってきたのに、なかなか都合がつかず、試走に行きたくても行けなかったので、9連休のGWの前半(4月28日~29日)を利用して泊まりでコースの一部を試走してきました。2日間とも富士五湖地方の天気は快晴で最高の試走日和。富士山外周山の縦走路からはどこからでも富士山がくっきり見渡せ、今年は気温が低目だったため、ちょうどこの時期に山桜やつづじも満開でしたよ。

1日目は、SF会場の河口湖大池公園(837m)-河口湖大橋ー白滝林道-西川新倉林道-天上山口方面-下吉田-河口湖。本当は、A3山中湖きららまで行くつもりだったけど、途中グルグルと迷走してコースアウトしてしまい、西川新倉林道から天上山口方面へと下り、A1富士吉田工業団地までたどり着けずに河口湖へ戻ったしだい(汗)。本番はこんなことないようにしないとね。

2日目は、朝霧グリーンパーク(810m)-UTMF最高峰の毛無山(1945m)-雨ケ岳(1771m)-端足(はした)峠(1265m)-竜ヶ岳(1485m)-A9本栖湖スポーツセンター(906m)-河口湖というゴールまで残り約40キロのコース。レースでは、A8の西富士中学校(519m)から徐々に毛無山(1945m)へ上って行く110キロ過ぎの勝負どころの地点。この日は、毛無山登山口(810m)から山頂まで、いっきに1100m以上標高をかせぐ急登の連続でかなりハード。でも、いい山脚作り鍛練になったし、山頂付近からはいきなり視界が開けて、深い熊笹のトレイルコースからは、右手に富士山、左手に南アルプスや北アルプスの山並が望めて最高に気分いい区間でした。それと、試走の最後にあのお方ともコース上で遭遇。

今回は、全コースの約1/3の試走だったけど、スタートからA1までの区間は、アップダウンはあまりなく、ゆるい勾配を延々と上がってピーク過ぎてから延々と下るというコース。後半の毛無山からA9本栖湖までは、急登と急坂下り区間が多くあり、ガンガン飛ばして走れる区間が少ないという印象(あくまで僕の山走力での私見です)。本栖湖からは国道沿いを走ったので、その間のコースの詳細は分からないけど、アップダウンは少なそうで、青木ケ原樹海のトレイルは気分良さそう。本番まであまり日にちがないけど、もう一回、前半戦のA1からA4までを試走したいですね。

続きを読む "UTMF試走"

| | コメント (2) | トラックバック (0)