« UTMF試走 | トップページ | 不甲斐ない結果だったUTMF »

2012.05.14

いよいよ今週金曜日にスタート

150

富士山周辺の山々を走り歩きで駆け巡る、日本初の100マイルトレイルレースである「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI」のスタートが今週の金曜日に迫ってきました。このレースは、総距離156km、累積標高8,503m、制限時間48時間とたぶん2日間徹夜で脚の痛みや強烈な睡魔、自分の弱い気持ちと葛藤することになる長丁場のレース。夜間走時に崩落の危険のある場所や、コースが不明瞭で迷いやすい部分もあり、山の天候急変にも対応できるように、装備については必ず携行するものが義務付けられており、スタート時や途中のエイドで、重量チェックや装備品チェックなども行われる。

●ナンバーカード配布時にチェックされた必携品は、その後変更してはならない。装備の総重量はスタート時、そしてエイドステーションを出る時に2kgを超えること。コース上すべての場所において1kg以下にならないこと。

スタート地点以外に、A3山中湖きらら(37km地点)では重量チェック、A8西富士中学校(102km地点)では装備チェックあり。1リットル以上の水は、スタート時および各エイド出発時に必携。

装備チェックリスト

必携品(必ず装備として携帯するもの)

(1) コースマップ、コンパス(A4~A8の試走禁止区域のマップは無し)

(2) 携帯電話(大会事務局の電話番号(ナンバーカードに明記)を登録し、番号非通知にせず十分に充電すること)

(3) 個人用のカップもしくはタンブラー(150cc以上)、ビンは不可。

(4) 1ℓ以上の水(スタート時および各エイドステーション出発時)

(5) ライト2個(動作確認済)、およびそれぞれの予備電池

(6) サバイバルブランケット

(7) ホイッスル

(8) テーピング用テープ(包帯、ストラップになるもの。80センチ×3センチ以上)

(9) 携帯食料

(10) 携帯トイレ

(11) レインウェア(山岳の悪天候に対応できる防水性を備えたもの)

(12) 足首丈のランニングパンツ(長ズボン)、あるいは膝の隠れる丈のレギンスやタイツ

(13) 熊鈴

(14) ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)

(15) 保険証

(16) 配布するナンバーカード、計測用ICチップ(両足に装着)

(17) 配布される蛍光テープ(夜間走行の車輌から認識されるよう、ザックなどにつけるこ  と)

勧める携帯品
・手袋、帽子、防寒着など(悪天候、低温を予測して)、着替え、日焼け止め、ワセリン、現金

000

先週末は、あれこれと思案しながら上記装備品の準備。今まで参加した、「萩往還」や「さくら道」、「スパルタ」など250キロの超長距離ウルマラレースで使用した装備品を基本的に持って行くつもりだが、サバイバルブランケットや携帯トイレは持っていないので購入。そして、去年のハセツネで光量不足のため深夜の下り坂のトレイルで足下がよく見えずに苦い経験をしたライトは、軽量&明るさ重視で㈱サンジェルマンのLEDヘッドライト(GENTOS HW-777H・明るさ200ルーメン・重量202g・単3×3本)およびハンドライト(GENTOS閃SG-325・明るさ150ルーメン・重量102g・単4×3本)を新規に購入。

携帯食料については、ウルトラのレース並みにコース上に飲食が出来るエイドステーション9ケ所、給水のみのウォーターステーション2ケ所のサポートがあり、レースのほぼ中間地点のドロップバックが置けるA7富士山こどもの国(76km地点)までは細かくエイドがあるので、前半戦は必要最低限の携帯食料の用意で済みそう。A7過ぎて脚の疲労や、徹夜2日目の睡魔との闘いになる後半戦は、エイドの間隔も長くなるので、パワージェルやウィダーinゼリーなどの行動食や、フリスク&ブラックガムなどの睡魔対策品をドロップバッグに入れるつもり。

UTMFのコースは、国立公園に指定された区域や希少動植物が生息するエリアを走り歩きすることになるので、自然保護に関するルールも厳守するレース。トレイルへのインパクトを軽減するため、ストックには必ずキャップを装着し、ストック使用禁止区域や追い越し禁止区域、熊鈴禁止区域などもある。

143 142

【画像は毛無山から雨ケ岳】

GW前半に、レース2日目のたぶん深夜から早朝にかけて通過するであろう、勝負どころのUTMF最高峰の毛無山(1946m)からゴールまで試走したので、A8西富士中学校(102km・関門制限日時5月19日21:00)に多少の貯金を持って関門制限時間内に通過できれば、あとは先が読めるのでゴールもおぼろげながらも見えてくるかな。A8まで辿り着けなければしかたないけど(笑)。当日は、危険な場所では細心の注意を払い、自分の脚と相談しながらも最後まで諦めない強い気持ちで頑張ってきます。

「UTMFランナーズアップデート」(ゼッケンナンバー427)

「UTMFエントリーリスト」

「UTMFコースマップ」

|

« UTMF試走 | トップページ | 不甲斐ない結果だったUTMF »

「■UTMF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/54702969

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ今週金曜日にスタート:

« UTMF試走 | トップページ | 不甲斐ない結果だったUTMF »