« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の3件の記事

2012.05.28

夢の島24時間リレーマラソン作戦会議

001

先週の日曜日は、6月16日~17日にかけて江東区夢の島陸上競技場で開催される「24時間グリーンチャリティーリレーマラソンin東京ゆめのしま」へ向けての「チーム銀座」の作戦会議&懇親会でした。メンバーは去年と同じ仲間9名で、この日は、ひさびさにうまっちやサンタパパさん、お初のまんもさんも参加で、焼酎のボトル何本開いたか分からないぐら痛飲しましたよ。

続きを読む "夢の島24時間リレーマラソン作戦会議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.20

不甲斐ない結果だったUTMF

001

2012年前半戦の勝負レースのUTMFは、中間地点の「A7富士山こどもの国(76km)」まで制限時間は十分余裕があったにもかかわらず、先に進もうという気力が萎えてしまい自らゼッケンを取ってリタイアを申告するという不甲斐なく悔しい結果だった。トレイルレースは今回で6戦目になるが、過去3回のDNFの内2回が山レースなんで鬼門なのかなぁ。。。今は、当分トレイルラン大会はごちそうさまという気持ちだが、しばらくすれば懲りずに来年再チャレンジすることになるでしょうね(笑)。

大会運営は、第1回にもかかわらず特に混乱もなくスムーズ。コースの分岐地点や危険な場所には必ず誘導員が配置され、テープや矢印などのマークも頻繁にコース上にあり、レース前に最も不安だったコースアウトする心配は皆無だった。前半戦は、険しい急登の連続の山頂や峠をなんとか克服して街中へ下りてくると、エイドステーションがあり、日が落ちて気温が下がった時間帯に温かいうどんや汁物系の給食の提供や、給水も充実していた。レース中の渋滞は、初日の杓子山(1598m)のピークを過ぎて二十曲峠へ向う危険な岩場の下りのみで、後は問題なく(中間地点までですが)、レース当日は快晴で富士山の景観も満天の夜空に輝く星もきれいでとってもいい大会だった。

続きを読む "不甲斐ない結果だったUTMF"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.05.14

いよいよ今週金曜日にスタート

150

富士山周辺の山々を走り歩きで駆け巡る、日本初の100マイルトレイルレースである「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI」のスタートが今週の金曜日に迫ってきました。このレースは、総距離156km、累積標高8,503m、制限時間48時間とたぶん2日間徹夜で脚の痛みや強烈な睡魔、自分の弱い気持ちと葛藤することになる長丁場のレース。夜間走時に崩落の危険のある場所や、コースが不明瞭で迷いやすい部分もあり、山の天候急変にも対応できるように、装備については必ず携行するものが義務付けられており、スタート時や途中のエイドで、重量チェックや装備品チェックなども行われる。

●ナンバーカード配布時にチェックされた必携品は、その後変更してはならない。装備の総重量はスタート時、そしてエイドステーションを出る時に2kgを超えること。コース上すべての場所において1kg以下にならないこと。

スタート地点以外に、A3山中湖きらら(37km地点)では重量チェック、A8西富士中学校(102km地点)では装備チェックあり。1リットル以上の水は、スタート時および各エイド出発時に必携。

装備チェックリスト

必携品(必ず装備として携帯するもの)

(1) コースマップ、コンパス(A4~A8の試走禁止区域のマップは無し)

(2) 携帯電話(大会事務局の電話番号(ナンバーカードに明記)を登録し、番号非通知にせず十分に充電すること)

(3) 個人用のカップもしくはタンブラー(150cc以上)、ビンは不可。

(4) 1ℓ以上の水(スタート時および各エイドステーション出発時)

(5) ライト2個(動作確認済)、およびそれぞれの予備電池

(6) サバイバルブランケット

(7) ホイッスル

(8) テーピング用テープ(包帯、ストラップになるもの。80センチ×3センチ以上)

(9) 携帯食料

(10) 携帯トイレ

(11) レインウェア(山岳の悪天候に対応できる防水性を備えたもの)

(12) 足首丈のランニングパンツ(長ズボン)、あるいは膝の隠れる丈のレギンスやタイツ

(13) 熊鈴

(14) ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)

(15) 保険証

(16) 配布するナンバーカード、計測用ICチップ(両足に装着)

(17) 配布される蛍光テープ(夜間走行の車輌から認識されるよう、ザックなどにつけるこ  と)

勧める携帯品
・手袋、帽子、防寒着など(悪天候、低温を予測して)、着替え、日焼け止め、ワセリン、現金

続きを読む "いよいよ今週金曜日にスタート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »