« 第17回手賀沼エコマラソン | トップページ | 2012前半戦のレース予定 »

2011.11.23

第1回神戸マラソン2011

137

先週末は1泊2日の忙しない弾丸ツアーで、「感謝と友情」が大会テーマである「第1回神戸マラソン」に参戦してきました。16年前の「阪神・淡路大震災」から力強い復興を果たし、3.11東日本大震災の被災地へ同様に難局を乗り越えてもらいたいという熱いメッセージが込められていた大会。僕は、今回初めて神戸に訪れたんですが、ベイエリアはとっても風光明媚で、震災の傷跡は微塵も感じられない綺麗でおしゃれな街並。レース以外でも、プチ観光に神戸の食も満喫。

スタートのセレモニーは東京マラソンみたいなMCがランナーをガンガン盛り上げるとか、紙吹雪舞う派手な演出ではなく、宮城県と兵庫県の高校吹奏楽部チームの心温まる楽曲の競演。第1回大会の運営はちょいと不安があったけど、東京や大阪マラソンなどのメガマラソン大会のノウハウを、しっかり活かしているみたいで全く混乱もなくスムーズ。エイドの給食は、神戸ならではの「神戸スイーツ」。後半戦は私設エイドが所々にあり、嬉しい牡蠣の炊き込みご飯のおにぎりで、しっかりエネルギー補給できて感謝。

ただし、コースは、序盤戦から陸橋越えが何度かあり、最もキツくなる35キロ手前からゴールのポートアイランドへのバイパスはボラ応援のみで一般の応援はなく、アップダウンがかなりあり脚が悲鳴を上げる区間。今年は、震災の影響で前半戦の大会がことごとく中止になり、フルマラソンは1月の「勝田マラソン」以来。栄えある第1回大会でもあるし、また抽選に当たっていつ走れるかも分からないので、写真をバチバチ撮りながらお気楽サブ4ペースで港町神戸を走りながの観光でした。

■ 前日受付・EXPO会場 ■

006

大会前日の土曜日は、大阪空港(伊丹)からリムジンバスでJR三ノ宮駅⇒ポートライナーで市民広場駅の受付会場へ。朝から強い風を伴った土砂降り状態。受付会場の「ワールド記念ホール」や参加賞受け取りの「神戸国際展示場」への移動だけですでにずぶ濡れに。。。

003

受付会場ではしっかり身分証明の照合。会場内はまだ時間が早いからか、ランナーの姿も少ない。

005

会場内での「がんばろう!日本」のチャリティーメッセージイベント。募金して小さな正方形の用紙に思い思いのメッセージをカキコミしてボードに貼り付けます。地元小学生からの手書きメッセージ&Tシャツが参加賞。

009

EXPO会場内のアシックスブース。フルマラソンへの3つの心がけなどレクチャー。向って右手の女性は3時間15分切って走るらしい。EXPO内はこじんまりしていてちょいと寂しい雰囲気。

■ 市内観光・神戸ビーフ・夜景 ■

013

初神戸なので、いろいろ観光したい所があったけど、大雨の中では残念ながら近場をちょろちょろ。神戸市役所北側にある、直径6mの日本で初めて造られた花時計。

029

メリケンパークに位置する三方が護岸で囲まれた船をモチーフとしたオリエンタルホテル。耐液状化格子状地盤改良という液状化対策工を基礎に施し、竣工後に阪神大震災に遭遇し周りは液状化していても、このホテルは全く無被害だったので、いろいろな学会に発表された建設業界ではとっても有名なホテルなんです。最近は特に仕事でこの実績を有効にPR活動に使わしてもらっているので、しっかりと実地検分してきましたよ。

044

045

神戸に来たからには神戸ビーフでしょう。黒毛和牛の中でも最高の但馬牛の中から厳選されたお肉を堪能。岩塩とコショウのみの味付けで、ガーリックチップと一緒にいただきます。もぅ~肉本来の旨みが口の中でじわぁ~っと広がってとろけていきましたよ^^)v

051

京野菜や食べるのに夢中だったので写真撮り忘れたけど、大きな松茸焼きなども堪能。

052 054

フルマラソン前夜なんで、シメはしっかりとガーリックライスでのカーボローディング。

058

100万$の夜景を眺めながら、本当に明日フルマラ走るの?というぐらいリラックスして早めの就寝でした。

■スタート・折返し地点・パールブリッジ■

063

◆第一回神戸マラソン参加者:フル20,642人 クォーター2,316人 合計22,958人◆

レース当日は、前日の大雨がうそのような好天になり、ひんやりと少し肌寒い(スタート時の気温17度)陽気なので、走るには絶好のコンディション。明石海峡大橋地点の折返しまでは少し強めの向かい風。その後は背中を押してくれる追い風へと変わります。

065

事務局のメール配信ミスで、棚ボタ当選者が5千人いるということなので、あまりバタバタしたくないから、レース当日の朝は早めにスタート地点である神戸市役所前のフラワーロードへ向いましたが、移動の地下鉄車内はガラガラ。手荷物預けも混乱することなくちょっと拍子抜け状態。僕はAブロックのスタートでしたが、整列するまで反対車線の車道でアップもできました。チー銀からは、けらっちさん、ニチャ夫君、トモちゃん3名が参加しているので、みんなAブロックだからウロウロと探しながらアップしていたけど会えなくて残念。

078

午前9時にスタート。10ヶ月ぶりのフルマラソンになるので、後半はやっぱりキツくなるのかなぁ~などと思いながらユルユルと動き出します。スタートロスは約1分。制限時間は7時間で関門は9ヶ所もあります。

080

通行止めの大通りを走るのはほんと気分最高。序盤戦の沿道の応援はおとなし目で少し寂しいかな。

085_2 

写真を撮っていたら、後ろから声をかけてくれたのが悪代官仮装のタフマンさん。かなりうけていましたよ。ウルトラマラソンやトレイルの大会でよく会います。

088

095

神戸のコースはカーブがかなり多く、看板が必ず手前にあります。神戸マラソンは、シーサイドコースで、10キロ過ぎから海岸線を眺めながら走れるので気分いいコース。

092

コース上にはトイレがかなりあるので、トイレがちかいランナーも心配ないかと。

097

まだまだ余裕があるので、陸橋のアップダウンは問題なし。ただ、35キロ手前からがかなりの難所。

098

10キロ通過52分28秒(手元の時計)。

090 094

神戸っ子らしい?仮装応援もいたるところに居て、徐々に沿道の応援も熱狂的になり、走っている方もテンションが高くなりお祭り気分に。やっぱりこうでなくっちゃね。

103

10キロ過ぎると左手に海岸が見えてくるロケーション。海を眺めながら走れるコースはいいですよね。

121a

海上には大漁旗を掲げて応援してくれている漁船団。

105

「カニさぁ~ん頑張れ~!」という沿道の子供からの声援が、後方から何度も聞こえたので、どんな仮装で走っているランナーなのか気になり確認したら、なんと!地元神戸在住のホライゾンの上野さんでした(笑)。仮装ランナーは声援が多いから走りがいがありますよね。でも、何でカニなんだろう。

106

往路15キロ手前で、早くも復路を走ってくるトップの早大の中山卓也選手が脇を駆け抜けて行きました。このままトップを譲らずに2位に5分以上の差をつけてぶっちギリの初マラソンでの優勝。彼は、往年のマラソン選手で、バルセロナ五輪4位の中山竹通さんの息子さん。今後が楽しみ。

108

109

復路を走って来る仲間を探しながら折返し地点の明石海峡大橋に向って走っていくと、サブ3ペースで調子良さそうなつくば軍団のZEPさんが、僕を見つけてくれたのでハイタ~ッチで元気をもらいます。

110

17.7kmの折返し地点を通過。1時間30分以上も走っているのに、なんだかあっと言う間に過ぎたような感覚。この辺りまでは。

111

0004

神戸と淡路島を結ぶ、世界最長(長さ3,911m、高さ298.3m)の吊り橋である明石海峡大橋(愛称はパールブリッジ)は、近くで見上げると壮大でケーブルのアーチがとっても美しい吊り橋。ケーブルには1000個以上のイルミネーションランプが取り付けられているらしいので、今度はライトアップされた夜に訪れてみたいですね。

■ 後半戦・須磨海岸・スイーツエイド ■

112

折返し地点までは冷たい北風の向かい風だったけど、今度はフォローの風になるので後半戦へ向けて気合を入れ直し。

114

アップダウンになると、遠くまでランナーで埋め尽くされたコースを見渡せる。

117

20キロ通過1時間46分。お気楽ペースで走っていても、徐々に陸橋の細かいアップダウンが脚に効いてくる。

118 121

脚が重たくなってきたら、沿道の応援隊との一瞬のハイタッチコミュニケーションや、きれいな須磨海岸を眺めて気分転換。

123

25キロ通過2時間14分。30キロの壁どころか、25キロからフルマラの壁に突入(笑)しペースが徐々に落ちてくる。

125

神戸マラソンの給食エイドは、チョコやクッキーなど「神戸スイーツ」エイドが大半。終盤にはバナナや羊かんなんかもあったけどちょいと物足りない。私設エイドで、牡蠣の炊き込みご飯のおにぎり、ミカン、パイナップルなどの柑橘系果物をいただいたので嬉しかったですよ。

■ ハーバーランド・浜手バイパス・ゴール ■

126

30キロ通過2時間44分。あと、1時間ちょいの辛抱と脚に言い聞かせます。

127 128

後半戦は、沿道の応援はカラフルで我々に熱~いエールを送ってくれるので、脚の重たさもしばし忘れることができる。

130 131

お洒落なスポットのハーバーランド付近は、一段と応援が多くなり気分も高揚。

133

ただし、35キロ手前からゴールのポートアイランドへは、浜手バイパスを通る長~いアップダウンの連続(汗)。フルマラソンのコースとしては、疲労のピークになる勝負どころからがこのような難所になるのでタイムは狙いずらいコースかな。35キロ通過3時間15分。

134

自動車専用道路だから一般の応援隊は居ないので、ボラ応援が両サイドに配置されていて、大きな声でエールを送ってくれます。

139

橋の上からはメリケンパークや六甲山山系の眺望が広がり気分爽快。

141

40キロ通過3時間45分。あら!まずい。。。後2キロ強、しっかり走らないとサブ4でゴールできない。

142

と思っていながら「はぁ~い笑顔ちょうだい!」とパチリ(爆)。

145

0001

なんとかネットでもサブ4でゴール(汗)。手元の時計で3時間58分27秒。ネットタイム3時間59分26秒でした。最近は、サブ4で走るのも大変になってきたみたですよ。

147

ゴール後は、完走バスタオルをかけてもらいスポーツドリンク、フードサービス(バナナ)、完走メダルと、手荷物受け取り会場まで延々と流れ作業で歩きます。走っている時は寒さは全く感じなかったけど、ゴール後は身体に当る風が冷たく、神戸マラソンロゴ入りバスタオルが有りがたい。

035

ゴール後は、帰りのフライトまで時間があったので、ポートライナーと地下鉄を乗り継ぎ、ハーバーランドの「万葉の湯」でまったり。参加賞と一緒に入っていた「万葉の湯」の半額サービス券を利用。ランナーで満員か?と持っていたらガラガラ状態。

156

汗を流した後はもちろんグビグビタイムへ。明石だこの天ぷらは身が軟らかくてとっても美味しかった。

今回は、1泊2日のいそがしい神戸マラソンツアーでしたが、大会自体は、運営もスムーズで交通機関のラッシュや移動の際も人混みで大混乱ということは全くなくノーストレス。東京マラソンみたいな派手な演出や、途切れない沿道の熱狂的な大応援が続くというほどではないけれど、コースの眺望はいいし、ホスピタリティー溢れるとってもいい大会でした。初めて訪れた神戸の街は、海あり山ありお洒落なスポットあり、東京ほどごみごみと人口密度は高くなく、アフターも充実していてまた訪れてみたいと思う魅力的な街でしたね。来年の抽選も微笑んでくれよ!!ランナーの女神様。

|

« 第17回手賀沼エコマラソン | トップページ | 2012前半戦のレース予定 »

「■神戸マラソン」カテゴリの記事

コメント

ヒロさ~ん!ご無沙汰しています。
神戸マラソン走られたのですね!私ボランティアしていたんですよー。
弾丸ツアーで楽しまれたようで、地元人としては、とてもうれしいです。
写真も、いつものごとくめっちゃ素敵です。
ヒロさんが撮ると、須磨の海も、まるで宮古島みたいにきれいに見えますねー。…でもって、ボラ中の私も写っていました~(#^.^#)(明石大橋に向かう狭い走路の真ん中に立ってる赤いソックスはいた人)
東京マラソンもいいけど、こちら関西圏も大阪、神戸、奈良、京都と…都市型市民マラソンありますので、来年もぜひぜひ、お友達と一緒に来てくださいね。!(^^)!

投稿: J | 2011.11.23 18:31

>Jさん
カキコど~も!神戸マラのボランティアお疲れさまでした。で、偶然にも僕の撮った画像にしっかり登場していたのにはビックリ(笑)。

神戸マラソンは、来年も絶対参加したい!と思うようないい大会。大会以外でも、今度はゆっくり観光しに行きたいですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2011.11.24 00:21

ヒロさん、すっすごいじゃないですか、横浜の赤い靴どころではない感動ストーリーがここに。偶然ではないのです、ああ、なんて素敵っ。

投稿: shobun | 2011.11.24 13:00

サブ4ペースで 写真撮って…さすがヒロさん★
美味しいものも、たくさん出てますね♪
一緒のAスタートだったんですね!お会いしたかった。

楽しかった神戸を また思い出しました〜〜〜♪

投稿: トモ | 2011.11.24 22:26

>shobunさん
神戸感動ストーリーは、ちょっと大袈裟でしょう(笑)。お薦めのレストラン行けずに残念でしたよ。

>トモさん
神戸マラソンお疲れさま~。
スタート前にチー銀メンバー探していたけど会えずに残念。神戸の街はお気に入りの地になりました。


投稿: ヒロ児玉 | 2011.11.24 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/53301735

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回神戸マラソン2011:

« 第17回手賀沼エコマラソン | トップページ | 2012前半戦のレース予定 »