« 第8回代々木RC「高尾山トレイル大会」 | トップページ | 南高尾トレイル »

2011.09.25

第1回奥多摩トレイルラン大会

027

日本列島を縦断し、各地に被害をもたらした台風15号の影響が心配された土曜日のトレイルレースでしたが、コースの奥多摩地区の尾根道は所々倒木があったけど、大雨による土砂崩れ等もなく、朝から清々しい快晴のコンディションで開催。コースはハセツネコースを走る訳ではないけど、ハセツネへ向けた山脚作りのために参戦。トレイルランの大会はこれで4戦目になります。

日向沢の峰や蕎麦粒山越えでは、急登、急坂の波状攻撃で岩場も多く、後半戦は急勾配の登りになると脚が上がらなくなり、かなりキツかったし、気分良くトレイルを疾走できないストレスが溜まったけど、時折、視界が開ける山頂付近からの眺望に癒されて7時間35分25秒でゴール。今朝はひさびさに酷い筋痛状態。

【コース】

青梅市永山公園~三方山(454m)~雷電山(484m)~高水山(759m)~岩茸石山(793m)~黒山(842m)~棒の嶺(969m)~日向沢の峰(1,356m)~蕎麦粒山(1,472)~三ツドッケ(1,576m)~一杯水小屋~滝入の峰~東日原(旧日原小グランド)36.8km(23マイル)。最大高低差1,471m。最高点1,576m。累積標高約2,300m。トレイル比率98%。

【チェックポイント&関門】

CP4ヶ所、関門3ヶ所。CP1:高源寺(10km)、関門時間2h/10:00

              CP2棒の嶺(20km)、関門時間5h/13:00

              CP3日向沢の峰(26km)関門時間7h30/15:30

              CP4一杯水小屋(31km)

              ゴール制限時間10h/18:00

【エイド】

当初エイドは3ヶ所の予定だったが、林道の崩壊により物資補給ができないことと、ボランティア不足のため、コース上は高源寺10km地点1ヶ所。

【参加者】

約500名

003

受付&スタート会場の青梅市永山公園(JR青梅線青梅駅から徒歩約5分)。受付は当日午前7時~7時30分なので、自宅からだとかなり早起きしてもギリギリなので、余裕を持ってレースに臨むために、羽村のビジネスホテルに前泊して当日会場入り。

005

チェックポイントではこのSIチップで通過時間を測定するシステム。以前、三浦半島縦断トレイルレース時に、最後のCPでパンチし忘れて失格になったことが。。。

006

スタートはゼッケンナンバー順に50人毎のウェーブスタート。何故だか?僕のゼッケンは100番(ゼッケンは100番からはじまる)なので第1組で、午前8時にスタート。

008_2

011

スタートからゆるい勾配の上りが暫く続く青梅丘陵ハイキングコースを、雷電山目指して走ります。林道の道幅は広くて走りやすいコース。

014

林道には、台風の影響なのか、以前からあったのか?こんな倒木が随所にあり。

019

CP1高源寺(10km、関門2h)に1時間30分で到着。

020

唯一の給食が置いてあるエイドなので、しっかりオレンジとバナナで補給。

023

024

高水山目指して勾配がキツイ登りを克服。

025

高水山常福院。この裏のトイレでトイレ休憩。高水山は巻いていいことになっているので、頂上ルートには行かず巻き道を走って先を急ぎます。

028

途中にはこんな岩場もあり。リュックから軍手を引っ張りだして手も使って登ることに。

030

高水三山のひとつ岩茸石山山頂。

032

尾根道をすっ飛ばしたいけど、杉の木が根っ子からなぎ倒されていましたね。

033

黒山。CP2の棒の嶺まで1.2km。

038

CP2棒の嶺(20km)に3時間46分で到着。チームmomoのよりさんがボランティアで参加していてエールをもらう。

039

山頂は視界が開けていて、奥武蔵の山々が一望に見渡せるスポット。

040

棒の嶺からしばらく下った所に給水だけできるポイントあり。

042 043

日向沢の峰まで、またまた急登の連続で、登山レース状態に。さすがに脚が上がらなくなってきて急勾配の途中で何度か休みながらのレース展開。まだまだ、登りの脚が出来てないと痛感したしだいで。

050 049

CP3日向沢の峰(26km)に5時間38分で到着。棒の嶺からここまで6kmで2時間弱は、かなり時間がかかりすぎ。

052

正直、気持ちがキレそうになってくるような急勾配の登りの連続。

053 055

ゴツゴツした岩場の蕎麦粒山山頂にやっと到着。ここを越えれば登りは天目山のみでゴールが見えてくる。登りになると言うことを聞かなくなり重たかった脚が、急に軽くなりだす。

059

一杯水で冷たい水を補給。

060

CP4一杯水避難小屋(31km)に6時間50分で到着。ここからはヨコスズ尾根を約6キロ、ゴールまでひたすら下るのみ。

057_2

062

下りの尾根道は、所々に木の根や小石が杉の枝や葉の下に隠れているので、つまづいて谷底へ滑落なんてならないように慎重に足下に集中して駆け下ります。ここまで、転倒はなかったのに、ゴールが見えてきて気が緩んだのか?小枝に足をとられて本塁への大ヘッドスライディング状態に。。。幸運にも膝のかすり傷ですんだので一安心でした。

067

旧日原小学校グランドへ7時間35分でゴール。

ゴール後はもちろん、冷たい缶ビールとカップうどんで腹ごしらえ。ここからの帰途は、近くのバス停からJR奥多摩駅まで30分毎に臨時バスが運行。

<消費した水>

約2リットル(ミネラル水)をハイドレーションに入れてレースに臨んだが、ゴール後は残り僅かだった。

<消費した行動食>

梅おにぎり、パワージェル、ウィダーインゼリー、ミニ羊羹それぞれ1個消費。チョコバナナケーキバー&カロリーメイトは消費せず。10キロのエイドでオレンジ、バナナ、梅干しを補給。どうも甘いジェル系は、口の中が気持ち悪くなるし、喉が渇くのでいまいちかも。

|

« 第8回代々木RC「高尾山トレイル大会」 | トップページ | 南高尾トレイル »

「トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

トレイル鍛錬お疲れ様でした。
ハセツネもいい天気だと良いですね。
サン・スーシって会社名ですかねえ。

投稿: マハロ菊池 | 2011.09.26 09:28

おお、このコースは何度も行ってます、なじみあります。ヨコスギ尾根じゃないよ、ヨコスズ尾根だよ、とまだ上目線でいいな(爆)

投稿: shobun | 2011.09.26 09:36

>マハロさん
登り応えあるコースでいい鍛練でした。
サンスーシーは、あの宮殿から命名したのかな。
社名かどうかは分かりませんけど。

>shobunさん
ヨコスズ尾根でしたかぁ。訂正しときます。
CP4のボラ写真には反応しなかったね笑>
前半戦は、高水山トレイルのコースでしょう。


投稿: ヒロ児玉 | 2011.09.26 21:53

第三回大会コース下見にこれからいきます。参考になりました!登りの練習。高水はまきみちですね!

投稿: munetaka | 2013.04.29 05:19

>munetakaさん
GWの休みにコースでの山練いいですねぇ。このコースかなり手強いですよ。頑張ってください。僕は当分山には行けないかなぁ。。。

投稿: ヒロ児玉 | 2013.04.29 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/52825818

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回奥多摩トレイルラン大会:

« 第8回代々木RC「高尾山トレイル大会」 | トップページ | 南高尾トレイル »