« 第33回「千葉県民マラソン」応援バスツアー | トップページ | 震災によるレースの中止&延期 »

2011.03.18

巨大地震から1週間

001

阪神大震災時の1,000倍以上というマグニチュード9.0(最大震度7)の東日本巨大地震発生から1週間経ちました。特に岩手、宮城、福島など太平洋沿岸部の街は地震による大津波の影響で目を覆いたくなるような壊滅的な状態で、1週間過ぎてもまだまだ死者、行方不明者の数は拡大していく模様。厳冬の地で約24万人が避難生活を続けており、食料や燃料、医薬品などの物資不足も深刻になっている状態。

福島第一原発もまだまだ予断を許さない危機的な状況。首都圏では14日(月)から計画停電が始まり、各種交通機関が一部運休や運行本数削減、スーパーやコンビニでは、消費者の危機意識が食料品中心の買いだめでミネラルやカップ麺、おにぎりが店頭に品薄になっています。僕の会社や自宅は、計画停電のエリア外になっているのでまだいい方で、通勤電車も通常とあまり変わらない程度の運行本数。

月曜から社内に災害対策本部が設置され、被災地の営業所や取引先の地震の影響等の情報収集や、材料供給や燃料不足への対策など、全く外回りは出来ずに社内でバタバタとし、あっという間に1週間が過ぎたような感じでしたよ。

僕は地震発生の3月11日(金)は、午前中会社の健康診断で、胸や胃のレントゲンで合わせて約650マイクロシーベルトの放射線を半日で浴び、午後は会社近くの取引先と打ち合わせ。その後、徒歩で帰社中に胃中の残留バリュームの影響で、近くのツインタワービル地下1Fのトイレに駆け込んで作業中に地震に遭遇。

震度5強の今まで経験したことない大きな横揺れと共にトイレ内の壁がミシミシ音をたててきしんだ時は、NZのクライストチャーチでのビル倒壊の画像が浮かんで、これでウンも尽きたか!?と覚悟を決め辞世の句を読みました。ということはもちろん無く、急いでビル外へと避難(画像参照)。その後の震度4の余震では、目の前の1階に某牛丼チェーン店が入っている7階建のペンシルビルが今にも倒れそうなぐらいグニャグニャとゆれている光景には唖然としました。。。

会社では電車が止まって帰宅手段どうしようと右往左往している緊急時に、1日や2日間寝ないで東京から福島ぐらいまでの距離を、レースで走り歩きしたことが何回かあるので(笑)、こういう時は自分の脚でなんとかなると思っているから気持ちの余裕がありますよね。外出している営業マンの帰社や、帰ってこれない部下の安否を確認後、約5時間かけての帰宅ウォークでした。

本当は、走って帰りたかったけど、そんな用意もしてないし、歩道は帰宅難民渋滞で歩きもとぼとぼ状態。自転車屋には長蛇の列。居酒屋は朝まで派で超満員。コンビニにはおにぎり全くなし状態でした。実害としては、ひさびさに熱吹く風邪っぴきになりましたよ。

被災地以外でブログ、ツイッターやメディアで文句ばかり言ってるコメントには正直憤りを感じます。福島50、自衛隊、消防庁の職員にエールを。

今回の大地震で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災地の一刻も早い災害復旧、復興を願います。

|

« 第33回「千葉県民マラソン」応援バスツアー | トップページ | 震災によるレースの中止&延期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒロさん、ご無事でなにより。辞世の句の例として、○を埋めよ(配点10)

これがまあついのウン○か、雪のよう

解説)バリウムのあと、詠者のやるせない気持ちとあしもと大揺れの不安を鑑みるに、ここは チ ではもの足りない。
ヌ あたりが硬度とうめき声を表して適当だが、おもいきって ニュ あたりが斬新かつ雪と呼応して秀逸でしょう。

投稿: shobun | 2011.03.19 09:08

ヒロさん、大変でしたね。
でも ご無事で何よりです。
計画停電や公共交通機関の乱れ、生活物資の不足など…まだまだ落ち着かないことでしょう。
強靭な体力と精神力備えておられるヒロさんだけど~
どうか無理しないで頑張ってくださいね。

投稿: J | 2011.03.19 20:21

>shobunさん
そんなお下品な辞世の句を読んで、僕はあの世に行きたくないなぁ(笑)。

>Jさん
コメントありがとうございます。
避難生活の方々に比べたら恵まれていますよ。
最近は、強靭から普通になってきました^^)
実家のご家族は大丈夫ですか?

投稿: ヒロ児玉 | 2011.03.19 21:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大地震から1週間:

« 第33回「千葉県民マラソン」応援バスツアー | トップページ | 震災によるレースの中止&延期 »