« SPARTATHLON2008 公式イベント編 | トップページ | SPARTATHLON2008 観光編 »

2008.11.02

驚きの高校生プロに拍手!!

004 ついにやりましたねぇ~石川遼君。今年から日本のプロゴルフツアーに参戦し、今週兵庫県加東市のABCゴルフクラブで開催されていた「マイナビABCチャンピオンシップ」で、見事にプロ転向後9アンダーでツアー最年少での初優勝を飾りました。パチパチ。

最近の休日は走る方が優先になるので、ゴルフ中継はあまり観なかったけど、今日は大学駅伝を観た後に、先輩プロ相手に全然臆することなく終始「攻めのゴルフ」を堂々と展開する弱冠17歳の遼君のプレーにひさびさにTVの前で釘付け状態でしたよ。しかも、上につけたら触るだけという難しい超高速グリーンのコースでしたからね。

終盤の優勝争いは、最終組で一緒にラウンドする深堀圭一郎プロとの一騎打ちだったので、TV画面もコロコロ変わらず二人のショットをじっくりと観れたのもよかったです。

最終日の石川遼君は、9アンダーでトップの40歳深堀圭一郎プロを3打差で追うことなったけど、先月の日本オープン2位でかなり調子が上向き傾向だったのでかなり期待大。終盤戦では、得意のドライバーが活躍するロング15番ホールであわやイーグルという絶妙のアプローチでバーディーを取り8アンダーとしてトップに並ぶ。続く16番ショートホールで先に打つ石川遼君は約10mのロングパットをきっちり沈めバーディーとし、短いパーパットを残した深堀プロにプレッシャーをかけ、ベテラン深堀は結局はずしてボギーとして一気に2打差の首位に立つことに。

最終18番ロングホールはグリーン手前に大きな池があり、グリーンは池へ傾斜している難しいホール。遼君はティーショットをドライバーでキャリーで300ヤードかっ飛ばしコース左のラフへ。深堀プロの第一打は木の根元に落ち直接グリーンを狙えずフェアウエーに出すだけの3打目勝負の状況。ここは普通に考えたら2打差あるなら安全策で池の手前にきざみ第3打で確実にパー狙いだけど、彼は全く躊躇することなくバーディー狙いで池越えのツーオンを選択。結果的にグリーンを捕らえるも傾斜があるのでコロコロ池へボールが落ちることに。

深堀プロは第3打をバーディーチャンスにつけたので、あっ~これで初優勝に暗雲がと思ったけど、両足を池に入れての素晴らしいウオーターショットでピンまで寄せて、見事パーセーブでガッツポーズする17歳には驚きでした。石川遼君の首位に立っても決して守らずに終始攻めの姿勢には拍手!表彰式の彼のコメントを聞くと、とても高校生とは思えない実にしっかりした受け答えで、プレーも肝が据わっていてたいしたものですね。来年の活躍場はぜひとも日本でなく世界に飛翔してもらいたいものです。

|

« SPARTATHLON2008 公式イベント編 | トップページ | SPARTATHLON2008 観光編 »

「ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

んんんn・・・・
あまりゴルフには興味ないので。

僕は夜からネットTVで、New york city marathonを観戦してましたよ♪笑

投稿: aloha!moana | 2008.11.03 03:37

優勝インタビューも、涙を見せながらも堂々としたものでしたね♪
最近女子に押され気味ですが、男子も賑やかになってきて嬉しいものです☆

投稿: 「た」 | 2008.11.03 08:13

私も久しぶりにゴルフ見ちゃいました。16Hからですけど。なかなか見応えありましたね。いい意味でも、悪い意味でも「若さ」もみなぎっていたし。おもしろかったです。

その後、チャンネル回した天皇賞もよかったし、なかなかいい週末TV観戦でしたね。

投稿: まさ | 2008.11.03 12:34

>アロハさん
彼の守らずに常に攻めの姿勢にはいい刺激をもらえましたよ。今月は毎週ゴルフなんで、攻めのゴルフしてみるかな(笑)。

>「た」さん
ウイニングパット沈めてからの雄たけび&ガッツポーズは絵になってましたよね。久々に男子ゴルフ界のスターの登場。

>まささん
あまり男子ゴルフは見たいと思う選手がいなかったけど、彼の元気なプレーは見たいと感じますよね。豪快なドライバーだけでなく小技も上手いし。
で、天皇賞はゲット??

投稿: ヒロ児玉 | 2008.11.03 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/57174716

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの高校生プロに拍手!!:

« SPARTATHLON2008 公式イベント編 | トップページ | SPARTATHLON2008 観光編 »