« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の6件の記事

2008.11.22

2009さくら道国際ネイチャーラン選考結果

004 チャレンジしようと決めてから約1年半の間いろいろ準備&鍛錬をして臨んだ2008年の勝負レースであったスパルタスロン。決して楽ではなかったけど、ウルマラを走っている者としては「夢」の完走をなんとか達成できてとても嬉しかったし、初めて訪れたギリシャでの超長距離レースではいろいろな意味でいい経験させてもらいました。

ただ、ゴールの感動がかなり大きかったので、その後は大仕事が終わった「安堵感」や「脱力感」が襲ってきて、どうも走る意欲が低下傾向なので、週末はゴルフで気分転換でしたね。

来週の日曜日は、去年数年ぶりにフルの自己ベストを出せた縁起のいい「つくばマラソン」にエントリーしているので、少しやる気を出そうとスパルタ後のダメージで、両足の指先の痺れが今月になっても続いていたけど、初の萩往還250キロを走った時は、3ヶ月ぐらいで治ったので、あまり心配せず最近全くやっていなかったスピード錬なんかを調子こいてしていたら先週左足親指の付け根を傷めてしまいましたよ。まっ、大したことないと思うけど、つくば前に整形外科で診てもらってスッキリしてくる予定。

気分的に↑でない状態の時は怪我しやすいのかも。で、タイトルの選考結果の前フリがとっても長いのですが(笑)、2009年前半戦の勝負レースの予定である「2009さくら道国際ネイチャーラン」の選考結果が11月中旬に通知が来るということだったけど、その前に「2009東京マラソン」の落選メールが届き、ちょいとブルーな雰囲気でなかなか来なくてヤキモキしていたんですが、本日、自宅に「選考結果在中」と書かれた封書が届きました。

東京マラは高倍率の抽選なので運が無かったと諦めもつくけど、さくら道は過去3年間の100キロ以上のレースタイム&順位を申告し、選考委員会で(定員100名、日本人枠80名、外国人枠20名)選ばれる訳なので実力勝負。。。選ばれればウルトラランナーとしての称号を得るぐらい嬉しいけど、選に漏れたらかなり凹みますよね。

続きを読む "2009さくら道国際ネイチャーラン選考結果"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008.11.19

古代のウルトラランナー

002_3

【画像はスパルタスロンの完走メダル&盾】 

オリンピック競技の数ある種目の中でメインイベントとなっているマラソン競技の発祥のルーツとなった故事は、紀元前490年の第一次ペルシャ戦争での「マラトンの戦い」で、ギリシャ軍の快速ランナー戦士のフィディピデス(Pheidippides)さんが、ペルシャ軍に勝利したことを伝えるためにマラトン村からアテネまで伝令としてかっ飛ばして役目を終えて命絶えたというお話は有名ですよね。

今のマラソンの42.195キロと中途半端な端数がある正式距離は、この時フィディピデスさんが走った距離ではなくて、1908年のロンドンオリンピックで英国の女王陛下さんの我が侭で決まってしまったことも広く知られています。

スパルタへ参戦する前に、2007スパルタDVDや学生時代に読んだ、阿刀田 高「ギリシャ神話を知っていますか」新潮文庫、「地球の歩き方 ギリシャとエーゲ海の島々&キプロス」ダイアモンド社、DVDで「300(スリーハンドレッド)」などを読み返したり何度も観たりしてモチベーションを高めていたんですが、走る小説家である村上春樹「遠い太鼓」講談社を読んでいて面白い記述があったので以下に引用。

続きを読む "古代のウルトラランナー"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.11.17

池と砂場遊び

002

最近はランニングブログがゴルフブログとなってきましたが、ちゃんとランの鍛錬はしていますよ。いちおう。。。先週の土曜日はお客さんと茨城県の「セゴビアゴルフクラブ イン チヨダ」でプレー。数千万円の会員権が数万円と泡と弾けてしまったバブルの典型的なゴルフ場で、スペインをモチーフとしたコースは景観は美しけど、池やバンカーだらけでINはティーショットの落とし所が重要なコースマネジメントを要求される久々に手強いコースでした。

画像はHole 3 Par3/GUITARRA。ギターのネック部分がバンカーでボディーがグリーンのユニークなホール。バンカーの砂はふかふかで外国の砂を入れてあり、乗用カートにはGPS付き。

続きを読む "池と砂場遊び"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.11.12

ヒヤリ・ハットした瞬間!

001

先週末は、散々待たされたあげく東京マラソンの落選メール(2年連続)が金曜日の午後10時過ぎに届くは、原ジャイアンツは日本一逃すはで、なんだか人生最大のブルーな週末でした(ちょい大袈裟か)。今月は毎週末プライベートや仕事のゴルフの予定なので、去年数年ぶりにフルの自己ベストを出せた「つくばマラソン」へ向けて走り込みなどもなかなか出来ずアフター重視に切り替え。土曜日は東京マラソン落選のショックにもめげずに会社のプライベートコンペで栃木県の「スーパーゴルフカントリー倶楽部ー益子コース」に行ってきました。

続きを読む "ヒヤリ・ハットした瞬間!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.06

SPARTATHLON2008 観光編

362

【アクロポリスのパルテノン神殿】

■ Aegina Island ■

脚の筋痛も徐々に回復しまともに歩けるようになったレース2日後の9月29日(月)は、夕方からアテネ市内のホテルで表彰式があるので、それまでの時間「や~っと苦しいレースは終わったんだからあとはのんびり楽しまなくっちゃ!」ということで、やはりギリシャに訪れたならエーゲ海クルーズなので、アテネから近場に位置するエギナ島への観光へ行ってきました。選手村のあるGLYFADA(グリファダ)の街からトラムと地下鉄を乗り継ぎ約1時間で、エーゲ海の島々への海の玄関口であるPIREAS(ピレウス)の港へと到着。

続きを読む "SPARTATHLON2008 観光編"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.11.02

驚きの高校生プロに拍手!!

004 ついにやりましたねぇ~石川遼君。今年から日本のプロゴルフツアーに参戦し、今週兵庫県加東市のABCゴルフクラブで開催されていた「マイナビABCチャンピオンシップ」で、見事にプロ転向後9アンダーでツアー最年少での初優勝を飾りました。パチパチ。

最近の休日は走る方が優先になるので、ゴルフ中継はあまり観なかったけど、今日は大学駅伝を観た後に、先輩プロ相手に全然臆することなく終始「攻めのゴルフ」を堂々と展開する弱冠17歳の遼君のプレーにひさびさにTVの前で釘付け状態でしたよ。しかも、上につけたら触るだけという難しい超高速グリーンのコースでしたからね。

終盤の優勝争いは、最終組で一緒にラウンドする深堀圭一郎プロとの一騎打ちだったので、TV画面もコロコロ変わらず二人のショットをじっくりと観れたのもよかったです。

続きを読む "驚きの高校生プロに拍手!!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »