« 2008年後半のレース予定 | トップページ | 第23回サロマ湖100kmウルトラマラソン その2   »

2008.06.24

第23回サロマ湖100kmウルトラマラソン その1

059

【20キロ過ぎエイドの元気な地元ボランティアの高校生君達】

日本の100kmウルトラマラソンの草分け的な大会であり、国内最大規模の参加者(今年は100kmの部参加者3,100名強)である「サロマ湖100kmウルトラマラソン」に今回2回目の参戦。初参加した2006年の21回大会では、特にタイムにはこだわらずに同じペースのランナーと話しながら、写真撮りながらとサロマを楽しみならが走ったけど、今回はこのレースまで例年以上にトレーニングの質や量も充実し、かなりの走り込みも出来ているし、萩往還や野辺山のダメージも回復し脚の状態も全く問題ないので、年間に数少ない自己ベスト狙い(9時間45分切り)、最悪でもサブ10を目指してスタート。

いつも気をつけているのに結果的に前半戦からかなり突っ込んでしまい、50キロまでは昨年幸運にもベストを出せた四万十川より速いペースがたたり、60キロ過ぎから突然脚が動かなくなり失速。。。「あ~もぅ~止めたい!」と久々にマイナス思考ヘロヘロ状態になり、エイドでの休憩が長くなりましたが、80キロのワッカに入ると折り返してくる仲間の頑張りに元気をもらって不思議と心身ともに復活!なんとか持ち直してペースアップでき10時間16分9秒でのゴール。

どんなに調子が良くても、ウルトラは長丁場だけに自分の走力に見合ったペース配分を考えて走らないといかんということがよ~く分かりました。タイム的には満足できなかったけど、まっ、ズルズルと最後まで失速しなかったのがせめてもの救い。こんなこっちゃ9月の勝負レースが心配になってくるけど、終わってみれば100キロウルトラの2番目の記録でしたね。

サロマは100キロウルトラマラソンの大会では、もっともアップダウンが少なく記録を狙いやすいコースだと思っていたけど、いえいえどうしてその甘い考えが前半からペースを乱し、北海道特有の長~くだらだら続く単調な直線コースや、中盤戦のゆるい上りなども精神的にきついんですよね。

今回のサロマ遠征は、快速つくば軍団やHORIZONチーム総勢11名が同じ宿だったので、アフターでは、オホーツクの海の幸を十分に堪能でき、前夜祭や打ち上げ等合宿気分で盛り上がり十分に楽しめました。

■旭川ラーメン村、ホタテ浜焼き、かに汁、前夜祭パート1■

003a 005a

アクセスは旭川空港からレンタカー3台に分乗し約170km先のスタート地点である「湧別町総合体育館」を目指します。赴任先の米国ミシガン州デトロイトから初ウルトラ100km参戦で、スパルタスロンのサポートもしてくれる予定のコスメル前村さんと、最も早くサロマンブルーを達成しそうなこじろうさんを空港でピックアップ。途中、旭川ラーメン村にて昼休憩し、ここで一番人気店の「梅光軒」のしょう油ラーメンを食べました。見た目こってりだけど、スープはさっぱりしていてうまかったですね。寄り道しながら約4時間で受付会場に到着。

007

今年は2年前に比べてテント村のテントの数がかなり増えてました。サロマはとてもいい大会なんだけど、難点はアクセスの悪さとSF会場近くに宿泊施設が少ないこと。

010 009

受付会場では、地元の漁師さんから無料提供される湧別産のホタテをセルフで炭火で焼いていただきます。サロマ湖はホタテの養殖が盛んで(日本のホタテ養殖発祥の地だとか)、身が分厚くて甘味がありなかなか東京では食べれない美味しさ。選手一人に2個支給でしたけどおかわりしたいぐらい。

018

開会式の様子。

020a 021a

代々木RCのラハイナさんやJogNoteのsatsuki28さんとも会場でお会いしてしばし歓談。運転手だったのでここはウーロン茶でぐっと我慢し、宿で夕食があるので前夜祭の料理も控えめにしときました。

025

会場の外ではどでかい釜で豪快に煮ていた具が、かにだけのシンプルな「かに汁」のサービスも。この日は小雨で気温9度とかなり寒かったので体の芯までぬくぬくしました。

■かに三昧の前夜祭パート2■

157_2

泊まった宿はコースの55km地点にあり、高台に位置してサロマ湖が一望できるすごく綺麗な「悠林館」。zephiyamaさんが毎年利用している宿を一緒に予約してもらいました。よく大会でお会いするアート鈴木さんもご家族や仲間の方と同宿でした。

032

033

まだ身が動いているぐらい新鮮な、かにのお刺身。

035

またまた、生きのいいホタテに脂ののったほっけなど食べきれない豪華な宿の夕食。ここまで我慢していたビールがどんどん進み、レース前に生ものや海産物はあまりよろしくないのですが、せっかくサロマに来たんだからということで、明日は午前2時起きなんだけど。。。レース前夜とは思えないような雰囲気になってきました(笑)。

■ スタート前■

036

レース当日の午前2時に気合で起床し、宿で用意してくれたお弁当で腹ごしらえ。前夜特に変な妄想をしたとかレースに向けて興奮していた訳じゃないけど、変な話、顔洗って鏡を見たら鼻血が出ていたのには唖然!あら~蟹やホタテを食べすぎで?そんなことないよね。小学生の時はよくあった気もするけど、鼻血でDNSはカッコ悪いし、いやいや参りました。止まらなかったらテッシュ詰めて走らないといけないし、そうなると呼吸が苦しいし。。。どうしょうかと焦ったけどなんとか事無きを得ました(笑)。

037

宿の送迎バスで午前3時半過ぎにスタート会場入りし、体育館内で準備。外は小雨混じりで気温9度とかなり肌寒いコンディション。ただ、風は微風なので走るには絶好の気象条件でしたね。

045

北海道の日の出は早く(この季節4時過ぎ)もう辺りは明るく午前5時のスタートを待つ選手達。1月の宮古島は午前7時過ぎにやっと選手の顔が分かるようになるまで、約2時間も真っ暗闇の中を走ることになるので朝が早い北海道は助かりますね。

049

048

吉本の芸人さんで毎年出場している太平サブロー師匠の挨拶。やっさんのモノマネ大好きなんだけど、さすがに真剣モードで残念。

■突っ込んでしまった序盤戦■

051

スタート後5キロ通過26分21秒とかなり速いペースで走っているのを確認して、このまま行くと後半持ちそうもないので少しペースを落とすことに。payutaさん、ましゅさんと遭遇したので声を掛けてましゅさんとはしばらく話しながら並走。肌寒くあまり汗をかかないので序盤戦は何度もトイレの小休憩の繰り返し。

053

10km通過52分22秒。5キロから少し落としたつもりがまだまだペースが速すぎ。でも、行きたがる脚任せにすることに。

054

朝早くからボランティアの学生さん達はほんと元気にサポートしてくれます。カメラ向けるといい笑顔で返してくれるので撮っいて楽しいですね。

055

しばらく走っていると、竜宮台の折り返しから帰ってくるトップ集団が颯爽と駆け抜けて行きます。その後、つくば軍団でサブ8狙いのごくぅさん、サブ8.5目指しているzephiyamaさん、100kmウルトラ初参戦ながら実力者のぱらだいむさんなど仲間と次々にすれ違い、サブ3ランナーは100km走らせてもやっぱり速いんですよね。その後少ししてテリーさんが疾風の如く走って来たのにびっくりしました。いやーやる気満々。僕もその姿に刺激されてペースを落せなくなりましたよ(汗)。

056

竜宮台の折り返し地点。今度は復路を走りながらすぐ後ろにこじろうさん、アロハさん、を見つけて声を掛けます。

058

20km通過1時間45分50秒(53:50)。この頃は雨も上がりウインドブレーカーを脱いでウエストポーチにしまって走りに集中。

062 063

サロマは全体的に平坦なコースだけど、遠くに点々と走っているランナーが見えてもなかなかそこまでたどり着かないような錯覚に陥るような、直線が延々と続く単調なコースが多いので結構辛いんですよね。

*****次回につづく******

|

« 2008年後半のレース予定 | トップページ | 第23回サロマ湖100kmウルトラマラソン その2   »

「■サロマ湖100kmウルトラ」カテゴリの記事

コメント

待ってました、完走記のはじまり、はじまり~♪
ヒロさんもですが、お仲間の皆さんは、ウルトラとは思えないペースですね(@_@;)
でも、完走記はすぐにゴールしないで下さい。続きを楽しみにしてます!

投稿: カメkayo | 2008.06.25 01:25

さすがに速いね!!(笑)
女房にサロマの話をしながら楽しく読ませてもらってます。。続きが楽しみぃ~~!!

投稿: zephiyama | 2008.06.25 10:59

毛ガニ持ち帰りとかしたくなりますね。

投稿: マハロ菊池 | 2008.06.25 14:38

まだまだ修行が足りません♪
スパルタスロンでもそうですが、ペース走に徹すること。
エネルギー補給も大切かな?
しかし、サブ10できなかったけど、手応えは十分です。

次の指令は、奥武蔵を8時間切ること。
頑張ろね!

投稿: aloha!moana | 2008.06.25 17:39

お疲れ様でした!
原生花園は折り返しまで長く感じますが、仲間とすれ違いざまにエールを交換できるのがいいですよね☆
続きも楽しみです♪

投稿: ☆ユリラックマ☆ | 2008.06.25 22:04

>カメkayoさん
マジモードで臨んでいる仲間には刺激受けますよね。
ほんと、カニ食べてる場合じゃないよね(笑)。

>zephiyamaさん
レースもアフターもとっても充実していたサロマでした。
これで、タイムも良かったらなおいいんですが。。。

>マハロさん
北海道は夜の部に食も楽しめるからいいんですよね。
毛ガニはカニ味噌の部分がすぐになくなりましたよ。

>アロハさん
サロマツアーではいろいろお世話になりました!
今回はアルコールを控えて軽くサブ10はやる時やるね。
お見事でした。

>☆ユリラックマ☆さん
サロマのコースでは、ワッカが雄大な景色眺めながら走れて一番好きですね。折り返しコースは元気になります。


投稿: ヒロ児玉 | 2008.06.25 23:31

サロマお疲れ様〜。
長い距離ほどペース配分が大切なんですね〜。
でもセカンドベストですから、おめでとうございます。
オクムで会えるんですね、楽しみにしています。

投稿: 女将 | 2008.06.26 15:38

>女将さん
何回もウルマラ走っているのに、前半は糸の切れた凧状態だったしだいで。。。オクムでは宜しく!7月13日に代々木RCの試走会なんで参加しません?

投稿: ヒロ児玉 | 2008.06.27 00:08

続きが見たい、読みたい。
楽しみ、楽しみ。

投稿: イ・ヌリ | 2008.06.28 22:31

>イ・ヌリさん
やっとサロマその2をアップしましたので見てくださいね。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.06.30 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/41629012

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回サロマ湖100kmウルトラマラソン その1:

« 2008年後半のレース予定 | トップページ | 第23回サロマ湖100kmウルトラマラソン その2   »