« 完踏! | トップページ | 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その2 »

2008.05.07

第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その1

003

今年の「山口100萩往還マラニック大会」は、20回の記念大会であり、第1回大会からこの大会を育て「日本版スパルタスロン」へと発展させてこられた大会実行委員長の小野幹夫さんが残念ながら勇退する大会でもあります。ちなみに第1回大会の最長距離は70km、1992年から現在の250kmになり今や各種目合計1000人を超えるまでになりました。ギリシャのスパルタスロンが去年、第20回の記念大会だったので、萩往還は超長距離ウルトラマラソンとしてはスパルタスロンにも負けないぐらい立派な歴史の積み重ねのある大会ですね。

去年、2年越しのチャレンジで250kmの部に初参戦した時は、もちろん250kmという全く想像もつかない距離を2日間夜を徹してハードでタフなコースを制限時間48時間で走りきれるのかという不安感でいっぱいだったけど、今回は一度経験していることもありスタート前までは多少の気持ちの余裕がありました。ただ、なかなか簡単には攻略できない難コースなんですよね。お萩は。

スパルタスロンは約246km、制限時間36時間。萩往還とほぼ同距離を気象条件やコースの難易度の差、エイドの数等の違いはあるけど、12時間も短縮する必要がある訳である程度のスピードで超長距離を走らないとゴールできないレース。今回の萩往還は、仮想スパルタという気持ちである程度タイムにもこだわって40時間切りが目標として臨みました。

で、結果はというと。。。

入浴・着替え・食事ができる「宗頭文化センター(175km)」まではエイド休憩もそこそこいいペースの走り歩きで去年より1時間も早く5月3日午後8時30分頃到着。ただしその後がまずかった。。。大会2日目の5月3日は真夏のような暑さだったのと、初日から早くも睡魔にも苦しんだこともあり入浴&仮眠で2時間も居座ってしまいその後気持ちが多少キレちゃいましたね。やはり萩の魔物(自分の弱い気持ち)に付け入るスキを与えてしまったみたいで、結果は42時間22分44秒(速報)でした。まっ、去年よりは1時間30分強は短縮できたのがせめてもの救いかな。脚筋力のみならず、またまだ精神力も鍛えないといかんですね。それで、レース自体42時間も走り歩きの旅だったので、またまた長~い完踏記になると思うけど宜しくおつきあいくださいネ(笑)。

■新緑の瑠璃光寺でのスタート■

P5020008

今年も新幹線でゆっくり寝ながら午後1時過ぎに山口入り。駅前のお惣菜ただのうどん屋さんで腹ごしらえして会場である瑠璃光寺へ。毎度ここにやって来ると、目に鮮やかな新緑とつつじに囲まれた国宝である五重塔はとっても美しく感動もので心も癒されます。ただ、汗ばむような初夏の陽気にこれからスタートするレースが思いやられましたね。

002

山門前でJogNoteのお友達のsatsuki28さんと地元山口のカサブランカさんが声を掛けてくれたので記念撮影。お二人とも明日の140kmの部に一緒に参戦で、今日は250kmの部参加のお仲間への応援とのこと。荷物預け所で準備していると、去年もっともキツかった仙崎から鯨墓の往復区間を一緒に走った御殿場のウルトラランナーとも1年ぶりに偶然再会できました。

P5020016 P5020017

説明会場での小野幹夫委員長の最後のご挨拶。いつもの山口弁で淡々とした話だったけど、少し寂しそうで話も短かったですね。来年はリニューアルの大会になるのかな。

0001

スパルタチャレンジメンバーでの集合写真。 今回は、スパルタ参加のzephiyamaさん、はじめさん、ファンタジスタさん、アロハさん、ウルトラの娘さんに250初のこじろうさんと一緒に参戦でした。翌日の140にはテリーさんpayutaさんが走ります。

P5020026

005

いよいよ5月2日(金)午後6時からウエーブスタート。スタート近くでランナーのスタート風景の写真を撮っていたら、自分のチップがセンサーに反応してしまい計測開始には参りました。まっ、10分や15分ロスしても40時間以上も走るのでいくらでも取り戻せるから大勢には影響ないですけどね。

007

Img001

第4ウエーブでスタート。4日の午後6時までに必ずまたここに帰ってくるぞ!

006

実家が近くのパラダイムさんがスタート前に気合入れにきてくれて、約10キロほど応援ランをしてくれました。写真は、差し入れの生ういろう。走りながら食べたけどなかなか美味しかった。ういろうは名古屋が有名だけど、山口でも銘菓なんですよ。

■序盤戦、満天の夜空に輝く星■

P5020043

去年は序盤戦からかなり飛ばしたツケが中盤以降脚にきたので、今回はゆっくりペースで。zephiyamaさんはかなりのハイペースで先を走っているみたいで全く追いつけず。

009

1時間も走っていると徐々に日が暮れて夜間走になります。

010

【5月2日午後7時35分 上郷駅前エイド(13.2km)に到着】

やっと最初のエイドに到着して給水&軽食でひといき。去年のリベンジで参戦しているクニリンと途中で遭遇したのでしばらく話ながら並走。

011

【5月2日午後8時23分 湯ノ口エイド(21.8km)に到着】

ここのエイドは美味しいおにぎりが置いてあるので嬉しいんですよ。たくわんと一緒に頂きこれからに備え腹ごしらえ。昼間暑かったので、夜は冷え込む予想だったけど、風がほとんどなかったので防寒着いらずで問題なし。

012

【5月2日午後9時19分 下郷駐輪場エイド(27.8km)に到着】

萩往還の前半は、エイドの区間距離も短いので、エイド毎に休憩しながら気分転換できるのでいいんですが、後半になると区間距離が10キロ以上になり距離表示はもちろん無いので後どれくらいでたどり着くのか?疲労も蓄積してきて精神的に辛くなってくるんですよね。しばらく走っていると後ろのランナーから「おっ!ヒロ児玉さん?ブログいつも見てまっせ!」と神戸から参加の萩6回完踏している猛者から声かけてもらいましたよ。

015 016

014

【5月2日午後11時23分 西寺交差点エイド(43.9km)に到着】

ここまでのコースは平坦だけどこれからゆるいアップダウンの連続する街灯もあまりないヘッドライトが頼りの夜間走になります。隣にコンビニがあり、これから当分の間はコンビニはないので、皆さん食料補給や忘れた装備品等をここで調達。遅れていたアロハさんが追いついてきたので、ミチヒロさん、こじろうさんと4人で並走したり離れたりの繰り返し。

018

まだ脚の疲れはそれほどないのでゆるい上りは走りで行けます。街中を外れ灯りもあまりないコースとなり、夜空を見上げると空一面に輝くあたかもばら撒かれているように光っている無数の星にしばし息を呑むほど感激。雲ひとつない天気で、空気も澄んでいるので、こころなしか星のサイズがでっかい気がします。140の部の深夜の往還道ではもっと素晴らしく眺められるはず。疲れた時は夜空の星を見ながら走ってましたよ。なかなか東京ではこんなに美しい星群なんて見られないですからね。でも、足下には注意しないとね。。。

■早くも眠気が襲ってきた夜間走■

019

食券で食事ができる最初の豊田湖までなかなかたどり着けなくてちょいとイライラ。去年は初参戦の緊張感からか初日は全く睡魔に悩まされなかったけど、今回は初日だというのにこの辺りから眠気が襲ってくるので参りました。2日目の深夜が睡魔との闘いの本番だというのにちょい早すぎ。レース直前まで仕事の用件で、携帯で対応せざるおえないくらいバタバタしていて少し睡眠不足ぎみだったのがいけなかったかな。萩は万全な体調で臨まないと厳しいレースになるので体調管理も重要なポイント。

020_2

この橋を渡れば豊田湖までもう少し。今回から豊田湖エイドは変更になり、山本ボート店から約900m先の豊田湖畔公園内になりました。

021 022

【5月3日午前1時25分 豊田湖エイド(57.1km)に到着】

去年の到着時刻が午前1時48分なので多少早いいいペースで到着。

023

到着時間とゼッケンをチェック表に記入。記入し忘れても失格にはなりません。

024

おにぎりとうどんでゆっくりと休憩。ここまで胃腸の調子は快調でいい傾向。

P5030076

【5月3日午前2時44分 俵山温泉エイド(65.9km)に到着】

どうやら睡魔も峠を越えたみたいで走りに集中しこれから砂利ケ峠越え。

P5030080

【5月3日午前4時1分 大坊エイド(76.4km)に到着】

P5030082

このエイドではトン汁とイチゴを出してくれます。口の中で広がる甘酸っぱいイチゴはクエン酸豊富で疲労回復。

029

午前5時過ぎになり辺りも徐々に明るくなり、油谷湾を眺めながら食券で食事ができる海湧食堂と荷物を預けた第1トランジットである油谷中学を目指します。

030 031

【5月3日午前5時27分 海湧食堂(85.7km)に到着】

ここではおかゆ定食を頂きます。去年は疲れで全く食欲がなくなり、おかゆもほとんど食べれなかったけど今年は完食。油谷中学に寄るかスルーするかちょっと迷ったけど、人一倍汗っかきでTシャツがずぶ濡れ状態で気持ち悪かったので着替えることに。また、昨夜あれだけ星がきれいに見られたので、この日は朝から晴れて暑さが厳しいだろうから今回暑さ対策で用意しておいた秘密兵器も取りに行きました。

【 次回につづく 】

|

« 完踏! | トップページ | 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その2 »

「■山口100萩往還マラニック」カテゴリの記事

コメント

残念ながら足がついていけない。
あまり酒は関係ないようです。

投稿: aloha!moana | 2008.05.07 06:30

ぱらだいむさんは帰省だったんですね。
てっきり走ってるんだと思いましたよ。

投稿: マハロ菊池 | 2008.05.07 07:40

この度はお疲れ様でした!
ゆっくり休んで下さいね♪
完踏紀の続きを楽しみにしています。。。

投稿: コーチ | 2008.05.07 07:47

お疲れ様でした。
しかし、着実に速くなっているし、余裕も出てきているようですね。この調子をぜひキープして目標を達成してください。

投稿: まさ | 2008.05.07 09:33

完踏記楽しみにしてました!
「その○」がいくつになってもいいですよ♪

長い長い距離と時間なのに、いつもしっかりレポートされていて、スゴイなぁと思います。
最近、覚えの悪い私には考えられません(笑)

秘密兵器って何だろう?次回が楽しみです!

投稿: ☆ユリラックマ☆ | 2008.05.07 13:15

さすがに240kmともなると読み応えのある長編ですねえ。続編も楽しみです。

投稿: MATSU23 | 2008.05.07 21:11

>アロハさん
レース前に走り過ぎじゃないのかな?休養も鍛錬ですよ。

>マハロさん
スタート前に姿見つけてびっくり。翌日は車で千畳敷
でも応援してくれましたよ。

>コーチさん
お萩は毎回かなり苦しむレース展開になるんですが、
独特のいい雰囲気の大会なんでまた走りたくなるんですよね。

>まささん
余裕はスタート前まででしたよ(笑)。
本番には最高の状態で臨みたいですねー。

>☆ユリラックマ☆さん
レース中は睡魔でぼーっとしているので、実はかなり記憶
は怪しいんだけど、撮った写真で思い出せているんですよね。

>MATSU23さん
長い完踏記を書いていると、また走っている感覚になり
疲れてきたりします(笑)。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.08 01:09

250km完踏おめでとうございます! 2日のスタートが見られて良かったです。その時撮った写真を、プロフィールのhiro-kodama846@hotmail.co.jp に添付でお送りしましたが届かなかったでしょうか? 

投稿: satsuki28 | 2008.05.08 20:09

>satsuki28さん
スタート前に声かけて頂きありがとうございました。
画像しっかりと受領しました。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.09 01:09

またまた綺麗な写真満載で嬉しいです。
俺は景色を見ている気持ちの余裕がなかったから・・・(泣)。
特に秋吉自転車道の道路標識に映ったランナーの姿は逸品ですね。。

しかしスタートでそんなタイムロスをしておいて平気だなんて信じられないっ!!
俺だったらそれだけで焦ってやる気なくすわ、、、。。

投稿: zephiyama | 2008.05.10 13:17

>zephiyamaさん
タイムにこだわるのはフルまでて、ウルトラはあまりタイム
は気にしてないから(今回はある程度は。。。)チップが
反応しちゃってもお構いなしでした(笑)。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.10 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/41110930

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その1:

« 完踏! | トップページ | 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その2 »