« 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その3 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その2 »

2008.05.19

第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その1

014

【42kmの八峰の湯レストステーションからの雄大な山並の眺望】

私が100kmのウルトラマラソンに初挑戦したのが2004年「えちご・くびき野100kmマラソン」。それまで、どのレースにするかベテランウルトラマンにいろいろヒヤリングをしていた時に、全国に数あるウルトラマラソンのレースの中でコースが一番キツイ大会は?の質問に関東のランナーは決まって「野辺山!!」と返事が返ってきたものです(関西では村岡ダブルフル)。5月第3日曜日の開催なので、今までは萩往還の2週間後ということもあり、脚の疲労回復が心配でなかなか参加できなかったけど、好奇心は旺盛なほうなので、いづれは怖いもの見たさみたいな感覚で走ってみたいとず~っと思っていたレースでした。

今年は、萩の疲れは多少残るものの、鍛錬のためにそのハードでタフな一筋縄では攻略できそうにない、アップダウンを体験してみるつもりで初参戦。前半の8kmから25kmまではトレイルランコースで、20km(横岳中腹1,908m)までは標高差550mの上り。最大の難所は65kmからゆるいアップダウンが始まり、73km過ぎから勾配がキツくなる79km地点の馬越峠(まごえとうげ・1620m・標高差650m)越え。走る前はガンガン峠を攻めてやるぜ!と臨むもかなりのとんでもないコースに逆に返り討ちに・・・。勾配のキツイ上りは歩きでも、その後の下りで取り返す作戦だったけど、延々と続く長い下りにもかなり悪戦苦闘し悪くても12時間は切りたいと漠然と思っていたのに結果は12時間18分46秒(速報)とあえなく完敗でした。いやいや聞きしに勝るハードなコースでしたよ。萩往還の走後よりダメージが大きいかも。。。

■SF会場、アクセス、宿■

005

大会のSF会場は、JRで日本一標高が高い駅として有名な(1345m)JR小海線野辺山駅から徒歩3分の長野県南佐久郡にある「南牧村社会体育館」。私は、新宿駅西口から会場までの大会直行バスにて前日入りし、山荘に前泊。宿の申し込みが遅かったためか、会場から車で10分もかかる山荘の枕投げ大会が盛大にできそうな大部屋に詰め込まれたので、前夜はあまりゆっくり寝れなかったですね。直行バスではヨヨチームで71kmの部参加のパンケーキさんとC社トレラン通信のライターの吉本さんとも一緒になり、偶然にもジョグノートのウルトラ初参戦のイ・ヌリさんとは同じ山荘でした。

P5170017

アロハさんは会場前のテント村で宿泊。標高1355mの高原なので、天候はかなり変わりやすく、この時はいきなりヒョウが降ってきたりして気温も低目で大会前夜は大雨でした。車でやって来て車中泊というランナーも多いです。会場近くに無料で入れるお風呂がありました。

■選手説明会、歓迎パーティー■

P5170006

受付を済ませ、会場で選手説明会に参加。

P5170010

ランナーズ・ウェルネスの坂本さんが講師役で大会概要やコースの説明、招待選手の紹介など。

P5170021

午後5時半から歓迎パーティー(参加費1,000円)。

P5170028

ウルトラマラソンの大会では前夜祭で全国のランナーと交流できるのも楽しみのひとつ。他の大会と比べて料理の種類も量も豊富で食べきれないほど。もちろんお酒もたっぷり。

P5170025

特に高原野菜の産地だけあって、カーボにはならないけど、シャキシャキのレタスは美味かったですね。

P5170040

山梨学院大のダンス部のパフォーマンスもなかなかよかったですよ。その後に抽選会などもあり、和やかな雰囲気の中お酒も料理もショーもとても楽しめたなかなかの歓迎パーティーでした。

■スタートから最初の峠越え、見えない敵と闘う序盤戦■

P5180044

山荘の送迎バスで午前4時過ぎにスタート会場入り。高原の早朝の空気はひんやりと冷たくスタート時点の気温は7度なので、この大会の序盤戦は防寒対策も必要。100kmの部は制限時間14時間。100km、71km、42kmの部とも午前5時に同時スタート。全種目合計の参加者は2,000名。100kmの部は、3ヶ所あるレストステーション(42km、58km、87km)の内2ヶ所に荷物を預けられます。私は特に着替えるつもりもないので、42kmに戦メリキャップと87kmにタオルのみ預けました。この日は日中に強い日差しになってかなり汗かいたので着替えのTシャツぐらい預けておけばよかったかな。

P5180046

会場では無料の軽食&ドリンクサービスもありました。

P5180055

午前5時前には辺りも明るくなりいよいよスタート。

P5180059

走り始めて有酸素運動に身体が慣れるまでなんだかかなり息苦しさが続きます。やはり、標高が1300m以上の高原なので、序盤戦は見えない敵とも闘っているような高地トレしている気分。

006

スタート時は曇り空で太陽もぼんやり。

008

時折、雲の切れ間にまだ雪景色の残る雄大な八ヶ岳の景色を眺めながらゆっくりペースで田園地帯を走ります。

P5180068

オフロードに入り10キロ通過タイム58分31秒。ちょっと速いかな。

P5180070

P5180075

前半は林道コースなので、チューチューバッグ背負ってトレランシューズの山系ランナーも結構いました。

P5180076

P5180084

傾斜はゆるいけど、以前試走したことがある富士登山競走のコースである浅間神社から中の茶屋、馬返しまでのような徐々に脚にボディーブローのように効いてくる上りコース。

P5180085

去年は奥武蔵や高尾陣馬でのトレイルランで、心肺機能アップやアップダウン対策鍛錬をかなりしていてたけど、今年は全くご無沙汰だったので、序盤戦にも関わらず息が上がって走り歩きでコース最高地点になんとか到着。いや~キッツ~い。

P5180086

まだ気温は低いのに汗だく状態なので、湧き水で喉を潤します。

P5180089

P5180092

上っちゃえばこの先は楽ができる下りになるのでロスを取り戻すべく白樺の林道を気分爽快に駆け下りて行きます。

■温泉エイド■

P5180110

野辺山の名物は温泉好きにはと~ってもたまらない、35km地点エイドの稲子湯(いなごゆ)、42km地点エイドの八峰の湯(ヤッホーのゆ)、71km地点エイドの滝見の湯とコース上に3ヶ所の温泉があり、もちろんランナーはレース中に無料で入れます。こんなウルマラの大会は他にはないですよね。今回は残念ながら余裕がなくて温泉を堪能できなかったけど、今度は3つの温泉を完全制覇して時間内完走してみたいですね。

P5180106  P51801080

35キロの稲子湯エイドでアロハさん吉本さんと遭遇し、おしるこでエネルギー補給。吉本さんはしっかり温泉で疲労回復していましたよ。

=============

次回につづく

|

« 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その3 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その2 »

「■星の郷八ヶ岳野辺山高原100km」カテゴリの記事

コメント

疲れましたね!
まだまだ鍛錬が足らないような・・・アロハです。

投稿: aloha!moana | 2008.05.20 04:44

お疲れ様でした!!
温泉に入ってみたい気もあったけど、とてもじゃないけどそんな余裕はなかった。。

投稿: zephiyama | 2008.05.20 09:39

お疲れ様でした!
完走おめでとうございます!
萩からまだそれほど時間もたっていないのにスゴイ!驚きです。ゆっくり休んで下さいね☆

投稿: ☆ユリラックマ☆ | 2008.05.20 12:11

いやいや、宿送迎バスにヒロさんが乗り込んで来られた時は驚きましたよー!ヒロさんからのアドバイス、レース中に何度も思い出しました。本当に有難うございました。
又、当方、今回は写真を撮る余裕無いだろうとの事で、カメラを持参しませんでした。ヒロさんのブログの豊富な写真は当方にとっても大切な記録となります。
ありがとー!!!

投稿: イ・ヌリ | 2008.05.20 12:29

おつかれさまでした!完走おめでとうございます!
出場しなくても出場した気分になれるヒロさんの大会レポですが、今回は一層心にしみます。楽しい大会でしたよね?
私はまた来年、がんばりまーす!

投稿: pancake | 2008.05.20 16:53

>アロハさん
お疲れさまでした。
今年は山錬をしていないから野辺山の標高にはやられましたよ。

>zephiyamaさん
あのコースで10時間ちょいのタイムは凄いですよ。
来年は3つの温泉を制覇しにまた行きますか?

>☆ユリラックマ☆さん
もうちょい走れると思っていたけど、萩の疲れが残って
いたということにして下さい。。。

>イ・ヌリさん
初ウルトラで難コースの野辺山に果敢にもチャレンジして見事完走はお見事!もうウルマラは二度と走らないなんてことはないでしょうね(笑)。

>pancakeさん
コースはかなり厳しかったけど、歓迎パーティーや運営等
かなりのレベルだったし、なんと言っても八ヶ岳の景色
は最高でしたね。来年はもち100kmだよね。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.20 23:11

本当にヒロさんの写真が楽しみでした。
生命の水、冷たくておいしかった。
稲子湯エイドでお汁粉とおにぎり食べてまったりしました(あと7kmなんだからとっとと行けばと思いつつ)。
あれ、もうすぐ私の行程は終わりですね。


投稿: すうざん | 2008.05.21 02:00

お疲れさまでした。これまたきびしそうなコースですね。
レタスが美味そうですなあ。

投稿: マハロ菊池 | 2008.05.21 06:43

>すうざんさん
野辺山は初めて走るコースだったので、かなりの枚数の
写真を撮りながら走りましたよ。アップする写真を選択する
のが大変。42kmのゴールの八峰の湯では温泉に入りたい誘惑を振り払って先へ行きましたね。

>マハロさん
今まで走った100kmウルマラの大会では最も厳しいコースでした。レタスも美味かったけど、エイドでは長野らしく
蕎麦や野沢菜もよかったですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.21 22:45

大変、お疲れ様でした~っ!!!!!!
金曜日「日曜には野辺山100Kmだよ」と聞いてビックリしましたが、しっかり完走して、またまたビックリです。

みんな相当きつかったと言ってます。
それでも「楽しかった」という恐ろしい声も…(女性です)

ヒロさんの強さには心から尊敬してますよ。
どうしたらそんなに走れるようになれるんでしょう???
ともかく周りの方々もそうですが、「おかしい」ですよね(爆)
これからも頑張って下さいね。

ちなみに今回のレポもナイスです、つづきが楽しみ♪

投稿: 女将 | 2008.05.22 14:24

>女将さん
野辺山は今回初めて走ったけど、ウルマラの大会では上位に
ランク付けできるすごくいい大会でした。キツイけど。。。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.23 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/41255401

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その1:

« 第20回山口100萩往還マラニック(250km) 完踏記 その3 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その2 »