« 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その1 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その3 »

2008.05.23

第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その2

P5180060

P5180061

画像はスタート後の鉄道最高地点前での応援風景 上:坂本さん下:山梨学院大チアリーダーの面々。早朝からの熱~い応援は嬉しいし気合が入りましたよ。

■一気に下る中盤戦■

P5180113

35キロ地点の稲子湯(標高1500m)を過ぎてから、50キロ地点のコースで標高が一番低い(標高880m)小海町までの約15キロほどはず~っと長い下りのコースになるので、前半の登り坂のストレス発散で一気に下って行きます。序盤戦の八ヶ岳林道は砂利道で尚且つ走路に轍ができていてでこぼこ状態でかなり走りにくかったけど、これからは全てオンロードになるのでペースも上がります。42キロのレストエイドまでトレイルシューズで、その後ロード用のシューズに履きかえるランナーもいたけど、私は荷物になるし、履き替えるのも手間なので全コース、ウルトラで履いているカヤノ14でした。

P5180114

40キロ通過4時間32分。徐々に暑くなりそうな陽気。

P5180117

稲子湯でゆっくり休憩していたアロハさんが、いいペースで追いついてきました。

P5180118

最初の預けておいた荷物で着替え等ができる42キロ地点の八峰の湯レストステーション(標高1270m)に到着。日差しが強くなってきたので、頭に巻いていたバンダナから預けて置いたキャップに交換。

P5180120

42キロの部のゴール地点。ここの温泉施設は新しく眺めがよさそうな露天風呂もあるので、コース上に3ヶ所ある温泉ではここが一番お勧めかな。42キロの部のランナーはゴール後にゆっくり温泉に入れるから羨望の眼差しに。

P5180126

P5180122

雄大な山並の景色が最高に素晴らしい所でした。

P5180121

エイドでイチゴをほおばりながら美しい風景を眺めつつゆっくりと休憩。ちょっとゆっくりし過ぎたので、荷物を返却して先を急ぎます。

P5180127

松原湖畔を過ぎて長かった下りもそろそろ終了。

P5180131

50キロ通過5時間40分。結構すっ飛ばしてきたつもりだったけど、途中のエイドでの休憩が長かったみたいなのであまりタイムは短縮していなかったですね。

■手打ちそば■

P5180132

P5180133

長野県の代表的な食といったらやっぱりおそばです。50キロのエイドでは釜で湯がいた手打ちそばを冷やして出してくれるので、出待ちの時間がかかるけど給水しながらじっと待ちます。

P5180134

そばを出してくれるエイドは2ヶ所あったけど、このエイドのそばはコシがありめちゃくちゃ美味しかったですね。もちろんおかわりして、つゆも全て飲み干して塩分も補給。

■唯一の折り返しコース(54キロ~62キロ)■

P5180139

P5180138

ここから58キロ地点の北相木村役場レストステーションを折り返す往復8キロのコースになります。タイミングよければ仲間と遭遇できるコースだけど、日差しが強くなり暑さが気になりだし、ゆるいアップダウンが続きなかなか折り返しポイントまでたどり着かない、初めて走るコースは先が読めないので気分的に辛くなるところ。

P5180140

折り返しコースに入ると復路をいつもの勝負服を着ていない大会参加賞Tシャツ姿のネオスさんが「今回はまだ頑張れそう!」と快調なペースで走って行きましたよ。その後、Walzさんを見つけたので、後どのぐらいで折り返しか聞いていたらすぐ後ろから100kmウルトラ初参加のトモさんが「あとひと山!」と声を掛けてくれて元気に駆け抜けて行きました。

P5180146

58キロ地点の折り返しで着替えポイントでもある北相木村役場レストステーションに到着ししばらく休憩。

P5180147

ここのエイドは野辺山のエイドの中で一番充実していました。色鮮やかなフルーツが並んでいます。

P5180148

梅がまぶしてあるおにぎり。

P5180149

長野の名産である野沢菜も。味噌汁をもらいに行くと、MY☆STAR軍団のマツタケ君がここのエイドでボランティアをやっていたのでどうしたのかと聞くと、途中で調子が悪くなりDNFしたとのこと。さくら道から富士五湖さらに野辺山へとウルトラの連戦ですからね。

P5180151

60キロ通過6時間57分。

P5180152

コースと平行して流れている清流に涼風を感じながらやっと折り返しの出口へ。

■野辺山最大の難所、馬越峠■

P5180156

P5180158

65キロ過ぎから徐々にゆるい上り基調のコースになってくるけど、走れないようなキツイ勾配でもないのでまだ走りで馬越峠へと向かいます。

P5180162

正午も過ぎて強い日差しにエイド毎に頭から水をかぶりながら走って行くけど、高原特有の冷たい風が吹いてくるのでまだまだ問題なし。

001

70キロ通過8時間15分。

00300 002

最後の温泉エイドであり71キロの部のFINISH地点でもある滝見の湯エイド(標高1130m)に到着。

004

このエイドでは温かい山菜そばを食べて、本格的な上りとなる馬越峠へと備えます。

*********************************

馬越峠越え編へとつづく

|

« 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その1 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その3 »

「■星の郷八ヶ岳野辺山高原100km」カテゴリの記事

コメント

ついに馬越峠ですね!!!


いよいよだ!!

辛い峠越えでした!!

投稿: aloha!moana | 2008.05.23 04:52

辛楽しい、いいコースでしたね。強いて言えば、すれ違える区間が、もう何箇所かあると、いいですね。仲間とエールの交換が出来ると、元気出ますしね。

投稿: マカニ・トモ | 2008.05.23 09:42

71キロを過ぎればほとんど上りもお終いと思っていたので、この後の登りの長さにはほんと参りました。。
もっとコースを調べておくんだった、、(泣)

投稿: zephiyama | 2008.05.23 16:14

>アロハさん
中盤からは同じようなペースで走ってましたね。
馬越峠はもうちょい攻められたらよかったけど。。。
これからはトレランで鍛えますよ。

>トモさん
野辺山は、まさにトモさん向きの山系ランナーにはもって
こいのコースでしたね。歓迎パーティー、運営、エイド
その他かなりのレベルでした。

>zephiyamaさん
初コースは先が読めないから予習が肝心でしたね。馬越峠
は80キロ過ぎまで続くものだとカン違いしていて長い上り
全て歩いてましたから。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.23 22:45

うまそー、楽しそうー。
自分もウルトラマンになりたいです。

投稿: MATSU23 | 2008.05.24 09:32

>MATSU23さん
10月ぐらいにデビューしちゃいますか?ウルマラ。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.24 22:26

馬越峠編が楽しみです~♪
写真もgooですね^^;

投稿: ネオス | 2008.05.25 18:49

>ネオスさん
野辺山はとってもいい大会でしたよ。来年はもう少し
うまく走りたいですね。

投稿: ヒロ児玉 | 2008.05.25 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/41279677

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その2:

« 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その1 | トップページ | 第14回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 完走記 その3 »