« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の3件の記事

2007.11.27

会心のレースだった「つくばマラソン」

006

暑くもなく寒くもなく絶好のランニング日和の日曜に、今回で4年連続4回目となる「第27回つくばマラソン」に参加してきました。この季節は、筑波研究学園都市周辺や大学構内のコースの沿道のイチョウがいい色に紅葉していて眺望も最高にいいんですよね。つくばエクスプレスが開通してからは、年々参加者も増えているようで陸上競技内はかなりの数のランナー達で混雑していました。

それで、レースの結果は自己ベストの3時間18分59秒(ネットタイム)で走れた会心のレースでした。3年前にここで達成したフルマラソンの自己ベストである3時間24分22秒を3年ぶりに更新できて果てしなく続いた暗~くて長~いフルマラソンのトンネルをやっと抜け出せたような晴れやかな気分だし、念願の200分切りが達成できて大満足のレース。

2004年からは、タイムはそんなにこだわらずにお気楽に走るウルトラマラソンをメインに走ってきてはいるけど、3月の「東京荒川市民」、8月の「北海道マラソン」と11月の「つくば」は年3回のフルマラソンでのタイム狙いの勝負レース。ただ、それなりに試行錯誤を繰り返して鍛錬して臨んでも結果が表れず、逆に返り討ちに合って何度も悔しい思いをしていましたね。フルマラソンのタイム更新限界説がづ~っとささやかれていて、もぅフルのタイムは伸びないのかな?って弱気な長期低迷状態だったので正直ほっとしています。

今回のレースでは、前半快調でも必ず大失速して疲労困憊状態で辛い思いをする30~35キロ過ぎからの俗に言う「フルの壁」に入ってからも全くペースダウンすることなく、逆に多少ペースアップが出来てほぼレースを通してイーブンペースでゴールまで失速せずに脚がもった今までのフルのレースでは見られなかった展開でした。

勝因①

5月の萩往還完踏後にスパルタスロンにチャレンジすると決めてからは、モチベーションも高まり月間走行距離最低300キロのノルマもほぼクリアーできて走り込み量が格段に増えた効果?

勝因②

先月に2年半ぶりに手賀沼でハーフを走って途中で止めて帰っちゃおうか?と真剣に思ったぐらいキツイレースで自分のスピードの無さ&心肺機能の弱さを実感したので、それからは大嫌いなスピード練習をレースまで取り組んでいたのも好結果につながったんのか?つくばのレースでは、ハーフの通過タイムが手賀沼ハーフの苦しんだゴールタイムより1分以上速かったけど、心肺は全く問題なかった。あーっやはり苦手意識を払拭して短いレースをやらないとフルのタイムは短縮できないですね。多分もうやらないだろうけど。。。

勝因③

夏ぐらいからなかなか落ちなかった体重を減らすために夜に炭水化物系摂取を控えたら3年前につくばでベストを出した時の体重(59kg)に戻った。やはりフルマラソンは体重が軽い方がいいのは決まってますよね。ついつい食べすぎちゃうので腹8分目も心がけました。

続きを読む "会心のレースだった「つくばマラソン」"

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007.11.18

2007東京国際女子マラソン応援レポ

000

先々週末から仕事で大きなトラブルに遭遇して頭がハゲそうなほど(たぶん大丈夫かな?)毎日バタバタと連日の対策会議だったので、ひさびさの記事のアップになりましたね(汗)。おかげさまでトラブルもほぼ一段落したので、今日は北京五輪女子マラソン選考レースである「東京国際女子」のヨヨ応援チームに参加してスタート前の国立競技場-増上寺前(12km)-ホープ軒-ゴールの国立競技場-信濃町駅前と移動しながらの応援。

2005年はQちゃん復活!のレースで、国立競技場の入り口で待っていると、トップで駆け抜けて来たQちゃんの勇姿を目の前で見ることができて大感動。去年は四谷の上りでまさかの失速で土佐選手に抜かれて行く姿に呆然自失の涙。今年は最後の五輪のチャンスだから回避したのはしかたないけどちょいと残念。この日は野口選手vs渋井選手の一騎打ちバトルをLIVEで堪能しました。

続きを読む "2007東京国際女子マラソン応援レポ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.11.06

色づき始めた奥多摩でトレイルラン

0009

爽やかな秋晴れの先週の日曜日に、紅葉の季節恒例行事であるヨヨイベント「秋の奥多摩トレイル+温泉大会」に参加してきました。2005年は御岳山からハセツネコース最高峰の三頭山(1527m)まで逆走する約30キロのかなりガッツリ満腹の行程で最後の三頭山は回避するぐらいヘロヘロ状態になりゴールの数馬の湯へ。2006年は都民の森からスタートして未踏の三頭山から小菅の湯までのコースでリベンジを果たしたけどやっぱり脚はガクガク。今年は、JR御嶽駅-御岳山(929m)-大岳山(1267m)-鋸山(1109m)-ゴールのもえぎの湯までのトレイルメタボ解消、約17キロと短めの腹八分目コースで色づき始めた奥多摩の紅葉を眺めながら楽しくハイキング気分でと思っていたけど、やはり後半は脚が上がらなくなりヘロヘロに。でも、鎖場、岩場、長い下りの急階段などスリル&サスペンスも味わえて終わってみればとても楽しめた奥多摩トレイルでした。

続きを読む "色づき始めた奥多摩でトレイルラン"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »