« 第17回宮古島100kmワイドーマラソンレポート① | トップページ | 宮古島番外編 »

2007.01.20

第17回宮古島100kmワイドーマラソンレポート②

■終始ひとり旅の前半戦■

P113000600_3 2007年前半の大目標であり勝負レースは、5月連休に開催される「山口100萩往還マラニック」の250キロにおいているので、それまでのレースはあまりタイムにはこだわらずに萩往還へのステップレース、鍛錬のためのレースと考えていたので、走る前は今回の宮古は観光気分でスローランニングに徹するつもりだったんですよね。

でも、前日の遠足のW参戦のランナー達の、連戦で走るにもかかわらずに攻めて走っていた姿に刺激を受けたのか、スタートから少し突っ込んで走ってしまい、30キロ過ぎから早くも脚が重たい状態になってしまいました。まだまだ70キロも残っているのに走りきれるのかと少しマイナス思考になってましたね。

 ウルトラを楽しく走るための鉄則ーその1

   【 序盤戦に脚を使うな!!】

まっ、あたり前ですが、自分の走力以上にスタートからオーバーペースで走れば後半必ず失速します。いつも気を付けて抑えぎみに入るのにね。。。フルならなんとか耐えてゴールできるけど、ウルトラは長丁場だけに当然後半かなり苦しむことになるんですよね。

P1140064

スタート前は少し肌寒かったのでウインドブレーカーを着て待機。右から前日走られた「つくばラン」の中村さんと奥様(いつも一緒に走られてて羨ましいかぎり)・サブ9目標のアロハさん・サブ8.5目標のzephiyamaさん・今回で100キロ2戦目のテリーさん・そして私。

P1140067 P1140068

宮古島の日の出は午前7時20分過ぎなので2時間以上も暗闇の中でのランとなります。

   ウルトラを楽しく走るための鉄則ーその2

 【 苦しい時は同じペースのランナーへ話しかけろ!!】

ひとりで脚の痛みに耐えながら走っていると気持ちが萎えてきてウルトラ自体楽しくなくなるので、他のランナーとの会話で気を紛らわせましょう。時間の経過も早く感じます。ただし、自分のペースより速いランナーに合わせて無理して並走したらつぶれちゃいますから、その時は早めに「お先にどうぞ!」のひと言を忘れずに。

今回は、私と同じペースのランナーが何故か周囲にいなくて、コミュニケーションを楽しむどころか終始ひとり旅状態という精神的にきついレースでしたね。「サロマ」や「四万十」などの何千人参加というマンモス大会では前後左右に多くのランナーが走っているので話し相手には困らないし、つらい時に会話することでかなり助けてもらいましたが、宮古は300人弱とこじんまりした大会なんで、時には全くランナーの姿が見えなくてコースアウトしたのか?と不安になることもあります。

■宮古島の絶景ビューポイント■

宮古島は、トライアングルの形をした島で、三角形のそれぞれの頂点に位置する3ヶ所に美しく限りなく澄んだ海を眺められる絶景のビューポイントがあります。それぞれ折り返し地点にもなっているので、ランナー同士声を掛け合いながら走れる、元気が出るポイント。ただ、たびたび宮古の強風に悩まさせることにもなります。今回は各ポイントのきれいな海や折り返しでのエールの交歓を楽しみにしながら走ってましたね。

< 第1ポイント 来間島(約10キロ地点) >

P1130013

P11300161

全長1690mの来間島大橋からは、遠浅のリーフや透明な海を眺められます。ただし、ワイドーではまだ日の出前なので、前日に観光しておいた方がいいですね。遠足ではタイミング良く夕陽が沈む時間帯に通過できれば最高のロケーションでは。

<第2ポイント 池間島(約40キロ地点) >

P1140086

P1140091

スタートからこの辺りまで、宮古名物の強風がほとんど吹いていなくて少し気味が悪かったけど、全長1425mの池間島大橋を渡る頃にはしっかりと吹き荒れだして、写真撮ろうと立ち止まると、体が強風で持っていかれそうになります。この橋の上から見渡す紺碧の海も所々色調が変化していてとてもきれいなんですよね。

<第3ポイント 東平安名崎(約80キロ地点)>

P1140137 

P1130037

宮古島で一番の景勝地である東平安名崎。コースはこの岬の先端にある灯台まで行って折り返しになり、東シナ海と太平洋が織り成す雄大な美しい風景を堪能しながら走れる所です。ここまでくれば残り20キロ弱でもうひと踏ん張りする気持ちにもなってきます。売店のさとうきびアイスやマンゴーアイスがお勧め。

■ゼッケンナンバーに助けられた中盤■

序盤の突っ込みで脚が重たくなってきたので、少しペースを落として海に癒されながら池間島を一周して折り返してくるランナーに声をかけながら淡々と走って行きます。

P1140076

池間島手前で5連覇を目指す西村選手とウルトラ第一人者である沖山選手との競り合い。結局、西村選手が5連覇の偉業を見事達成。

P1140088

zephiyamaさんがなんとトップから7番目で走ってきましたよ。がんばれ~!!とエールを送ります。

P1140095

膝の調子が思わしくないテリーさんも元気に走ってました。

P1140097 P1140100

「遠足・ワイドー2連戦」のゼッケンをつけて仮装で走ることみさんとお友達。昨日はお二人とも11時間台前半で走っているのに「脚の調子はどう?」「けっこう大丈夫ですぅ~」と元気げんき。私なんて今日1日だけなんで、もうすべったのころんだのなんて言っている場合じゃないですよね。

P1140099_1

毎年Wで走られているウルトラの業界では有名なウルトラランナーさんです。去年のお台場24時間でも走っていたなー。いつも笑顔で本当に楽しそうに走っている姿が印象的。

ワイドーのゼッケンナンバーは北から県別順なんですが、今回のナンバーはキリがいい「100番」だったもんで、「ナイスナンバー!ナイスラン!」とか「100番キリがいいぞ!がんばれ~!」なんて沿道の応援やランナーからかなり声かけてもらって、このちょとしたひと声の応援がやはり元気になるもと。ナンバーのおかげで一瞬のコミュニケーションが楽しめましたね。

P1140103 P1140107

50キロの第1レストステーションに5時間8分で到着。預けた荷物を待っていたけど、いかんいかん、ここは「えちご」じゃないからセルフサービスでグルメエイドなんてのもないのです。白玉ぜんざいと宮古とうふで腹ごしらえしながらゆっくり休憩後、スタートを待つ50キロの部のランナーの脇を通り30キロ先の東平安名崎を目指して再スタート。

しばらく走っていると、zephiyamaさん、テリーさんの奥様方がレンタカーで応援しにきてくれて、飲み物をご馳走になりました。いやいやありがとうございました。

P1140113

ゆるいアップダウンが続く区間。上りは歩きも入れながら、収穫最盛期のさとうきび畑を見ながら走って行きます。相変わらずランナーがまばらで寂しい感じ。。。

P1140117

60キロ付近を過ぎると黄色ゼッケンの50キロ組トップ集団が後ろから颯爽と駆け抜けて行きました。

■うるうるポイント■

ワイドーは、11時間台でゴールするペースで走っていると、50キロ組やハーフ組のスタート前に、スタート地点を通過するので、アップしている選手から熱い声援を受けることができるんですよね。特にハーフ組は、お祭り気分で楽しんで走る仮装ランナーが多いので、80キロ手前のハーフスタート地点を通る時は、ここまで応援もランナーも少なかっただけに、「がんばれ!」の言葉が凄く多くて嬉しさ100倍!

P1140126

エール送ってくれたランナーへ全て応えていたんですけど、最後の方ではもううるうる状態になって声が出なくなってきましたよ^^)。本当に応援ってありがたいものです。

P1140125

ゴレンジャー&バンバンクラブの方と一応記念撮影。さすがに走ってる時は暑いみたいで仮面は脱いでいましたよ。宮古島ワイドーのハーフは東平安名崎がスタートで、眺めが良い海岸線沿いを走れるし、こんな感じのお気楽なランナーが多いのでウルトラはまだ無理だけどってランナーにはお勧めですね。ただ、コースはきついけど。。。

■粘りの最後の20キロ■

P1140135

P1140136

80キロ地点の東平安名崎を通過したあたりからコース上にランナーの姿が多くなり賑やかになってきます。第2レストステーションでキャップだけ交換して例の売店でマンゴーアイスを食べながら北海道の佐呂間町からやって来た年配ランナーさんとしばし雑談。気温差30度ということでびっくり。

P1140140

東平安名崎を過ぎると、今度はいやらしいアップダウンに悩まされます。

P1140142

やっと残り10キロになり、ここからは上りも全て走りでゴールを目指すことに。最後ぐらい気合入れて頑張らないといけないですからね。

P1140146

今年はコースが変更になり、このシギラベイCC脇を抜けて最後のワイドー坂からゴールというルートではなく、ゆるい上りが延々と続くコースを走ることに。最後は粘って歩かずにやっと攻略したと思ったら、なーんだワイドー坂の途中に出てきてまた上ることに。。。

P1140149

宮琉族太鼓の小学生がゴール前で元気にランナーを迎えてくれる中、赤ジュウタンの上をしっかり踏みしめなら11時間19分25秒でゴールテープを切りました。何度走ってもこの瞬間の気分は最高にいいもんですね。

P1140150

ゴール地点では、前日の遠足で初ウルトラを見事時間内完走した代々木RCのちゃこさんが待っててくれてパチリ。残り10キロからは歩かずにランで最後まで粘れたのが良かったし、とりあえずワイドーのベストも達成できて大満足の大会でした。

【2007年(第17回大会)】

10k : 59:03 (59:03)

20k : 61:15 (2:00:18)

30k : 62:33 (3:02:51)

40k : 64:54 (4:07:46)

50k : 60:19 (5:08:05)

 エイドロス 10:30

60k : 62:23 (6:20:59)

70k : 71:58 (7:32:58)

80k : 71:19 (8:44:17)

 エイドロス 6:54

90k : 77:02 (10:08:15)

ゴール:71:09 (11:19:25)

・100k完走率 77.9%

・気象条件 最高気温20.4度

        最低気温17.4度

P1140153

ゴール後はお約束の宮古高校女子バレー部のマッサージブースへ。今年は、女子バスケ部との合同で3人がかりでレースの疲れをほぐしてもらいました。

■表彰式&交流パーティー■

P1140003

ワイドーはこの交流パーティーも楽しみのひとつ。宮古そば、お好み焼き、おでんなどをつまみにオリオンビール&泡盛で気持ちよーく盛り上がりました。

P1140161 P1140163

代々木RCでも参加しているメンバーさんがいる、代々木公園が練習場所で視覚障害者をサポートしている「伴走伴歩クラブ(バンバンクラブ)」の皆さんもかなり、というか一番盛り上がってましたよ。で、宮古島の夜は少し冷たくなった風とともに更けていくのでした。

★ もうちょっとつづく ★

|

« 第17回宮古島100kmワイドーマラソンレポート① | トップページ | 宮古島番外編 »

「■宮古島100kmワイドーマラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした♪
まずはワイドーベストおめでとうございます。
写真を見る限り、300人の参加人数とは思えないくらいのもてなしを感じますね。

投稿: ネオス | 2007.01.21 00:13

宮古レポート①②と続けて拝見しました。
何といっても景色のよさ、海の青さが印象的ですね。
そして、サロマを目指すわたしにとっては
為になる情報がたくさんつまったレポートです。
ペースのこと、苦しくなったときのこと、
ぜひ実践してみたいと思います。

それにしてもたくさん写真撮られてますね~
走りながらよくぞこれだけ!!って感心です〔笑〕

投稿: ホッシー | 2007.01.21 01:21

宮古島ベスト記録おめでとうございます!!Goood Job!!

また、今度萩でご一緒しましょう!!

まずは、お台場24時間走ですかな?

それにしても、宮古島はいいね!!

私、3月は"ヨロン島マラソン”に参加しようと思います。

いいよね・・・島でのマラソンは・・・。

次のレポートを楽しみです。礼

投稿: aloha!moana | 2007.01.21 06:03

楽しそうですね。いいな。やはり来年は参加できるようにしたいですね。それには,仕事の調整が必要ですね。

「同じペースのランナーに話しかけろ」は,私もいつもやっています。これがウルトラの楽しみの一つですよね。でも,人数が少ないとできませんね。磐梯高原の時がそうでした。回りに誰もいなくて,こっちは苦しくて。

来年はダブルに出るぞって思わせるレポートでした。
ありがとうございました。

投稿: chama | 2007.01.21 06:58

今日の千葉マリンMにメイド服の女性走ってましたけど、同じ人じゃないよね?最初速くてなかなか追いつきませんでしたよ。

投稿: まさ | 2007.01.21 17:09

宮古島お疲れ様でした。遠足ではエイドの少ない後半辛くなってきたあたりで児玉さんに会えて復活、本当に助かりました!
過酷な二連戦になると思いきや、楽しく走れたのはたくさんの声援や一緒に走ってくれたランナーのおかげです。遠足・ワイドーともに良い大会ですよね。

あ、まささん、千葉マリンマラソンのメイドさんは私じゃないです~。そういえばワイドーのハーフにもメイドさんが2人いて東平安名崎で遭遇、一緒に記念撮影しました。あの服、意外と走りやすかったです(笑)

投稿: ことみ | 2007.01.21 20:24

>ネオスさん
ワイドーの交流会はかなり盛大に行われますよ。泡盛やオリオンビール
が飲みきれないほどテーブルに置かれていて、みんな持って帰ってましたよ。

>ホッシーさん
宮古の雄大な風景や透明な海は本当に素晴らしいですよ。
写真撮りながら走っていると、きつい時も気晴らしになるんでいいんですよね。ウルトラはタイムより楽しむレースだと思っているので。
初ウルトラになるサロマもいい大会ですから楽しみにしてください。

>アロハさん
やはり、景色がきれいなところを走れるレースはいいですよね。
ヨロン島も枝サンゴが美しいとても海がきれいな所ですよ。

>chamaさん
今まで脚の痛みに耐えて走っていた時に、他のランナーから話しかけられて助かったことが多かったので、自分も実践していますね。会話ができないほど疲労してしまうと困ったもんですけどね。

>まささん
今年の開幕戦である千葉Mは、大変なレースだったみたいで。。
レースで仮装ランナーに抜かれるとかなりショックですよね。
それで、くれぐれも奥様に「ご主人さまお帰りなさいませ。。。」なんてメイド衣装強要しないでくださいネ^^)。

>ことみさん
宮古2連戦で見事完走おめでとうです!
遠足の応援かなり楽しかったですよ。走ってないから気が楽だったし。
ワイドーでの仮装ランは、応援が多くて正解でしたね。本当に応援の力って有難いもの。東京マラでもメイドさんで走ってください^^)。

投稿: ヒロ児玉 | 2007.01.21 22:21

宮古の魅力満載のレポですね。このレポをランナーさんが読んでウルトラ人口も急上昇だったりして(^^

来年はマッサージをして頂きたいなぁ...

投稿: こじろう | 2007.01.22 00:06

最後まで良いペースでありますなあ。
初参加のゼッケンは99番だったから概ね同じ辺りの番号になってるんですかね。

投稿: マハロ菊池 | 2007.01.22 06:47

素敵な写真ですねー。ブログを開けてびっくりでした。宮古島のレースの写真もきれい!空気がいいから?腕がいいから?それにしても100キロは長い旅路ですねー。一人旅でよく完走されました。お疲れさま~!

投稿: satsuki28 | 2007.01.22 22:08

>こじろうさん
代々木からも年々参加者が多くなって大勢で参加できれば楽しいよね。
今年はバスケ部も参加でアイシングしてからのマッサージでした。

>マハロさん
東京からの参会人数がここ3年間であまり変わらないみたいで、99→102→100と同じ番号付近をうろうろですよ。最後の10キロ
歩かずに粘れたのが唯一の収穫でした。

>satsuki28さん
宮古島は本当にいいところですよ。空気も吹く風も島人も。もちろん
海の美しさにも魅せられます。写真はカメラがいいのかな^^)。。。

投稿: ヒロ児玉 | 2007.01.22 22:25

ヒロさんにかかるとどのウルトラも出走したくなっちゃいますね。いつのひか宮古島にもでてみたいと思います!

投稿: wiwi | 2007.01.23 22:48

楽しく読ませてもらいました。。ありがとう!!これだけの写真を撮りながら走れるんだから、ほんとヒロさんは強いですよ!こうしてみると僕なんかまだまだ若輩者です・・・(汗)。女房と一緒に写真も堪能しました。。(笑)。。まだ続くんでしたね・・楽しみ!!

投稿: zephiyama | 2007.01.23 23:26

50kmもあるんですね、まずはそちらから(笑)ほんと写真とりながらっていつもすごいなあと。強いってことなんですね、たしかにそうですね。東京マラソン、にこやかな顔を写してもらいたいです。

投稿: shobun | 2007.01.24 14:28

>wiwiさん
宮古もとてもいい大会なんで機会あれば走ってみて!
フル以下の大会では、二度と出たくないぞ!ってレースも過去にあるけど、ウルトラの大会ってどれも特色があってハズレがないですよね。

>zephiyamaさん
景色も楽しみながら走りたいといつも思っているので、どーしても写真撮りながら走っちゃいますね。脚が重たい時はいい撮影休憩になるんですよ。

>shobunさん
えちごで50キロ走ったんだから、今度は未知の世界である100キロチャレンジでしょ!?他人の誕生日は覚える気もないけど、代々木RCの林家ペーって言われそう^^)


投稿: ヒロ児玉 | 2007.01.24 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/13582389

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回宮古島100kmワイドーマラソンレポート②:

« 第17回宮古島100kmワイドーマラソンレポート① | トップページ | 宮古島番外編 »