« 塩原CC | トップページ | さて!盆休み終了 »

2006.08.08

第13回奥武蔵ウルトラマラソン完走記

P8060038 今年もハードなアップダウンが連続する真夏のウルトラマラソンを走ってきました。梅雨明けから涼しい天気が続いていたので、今年は涼風のオクムで気分良く走れるか?なーんてのはやはり甘くて、しっかり猛暑の中での奥武蔵でありました。

去年初参加した時は、タフなアップダウンに打ちのめされたので、今年は特に登りを攻めてキューキュー言わしてやるぞ!という気構えで臨むも、早々と25キロ過ぎから暑さにやられてやっぱり返り討ちに合いましたね。いや~このコースと、盛夏の気象条件は、決して楽には走らせてくれない玄人好みのウルトラみたいですよ。

今年の上半期はウルトラ6レースを含む9レースに参加。6月のサロマ以降は特にどこも故障はしていないけど、心身ともにリフレッシュするために7月は全く大会も参戦せず、走る量も意識的に落として週末はゴルフ三昧でしたので脚の状態は当然絶好調。ただ、今年前半の勝負レースとしていた萩往還が終わってから、メンタル面で走る意欲がかなり減退していたので、このレースでモチベーションを高められたらいいかなという気持ちで臨みました。

Dsc07164

去年と同様に東飯能の宿にW&A URC、代々木RC&Jog Noteの仲間9名で前泊。去年は、調子こいてテキーラをストレートでガンガン飲んでいてレースでは大変状態だったので、皆さん一応おとなしく酒宴も早めに切り上げてレースに備えました。宿の部屋は男子7名の大部屋で広かったし、わいわいラン話で盛り上がり楽しかったですね。zephiyamaさんが車を出してくれたので受付会場への移動等助かりましたよ。

P8060009

レース当日早朝のスタート会場。

6月のサロマと同じように靄っていたので、今日は暑くなる前兆が見事に的中。この日は全国的に猛暑だった日曜日でした。奥武蔵グリーンラインは林道なので、木陰もあり風が吹けば涼しいけど、そこまで標高稼ぐのに汗だくで蒸し暑い一日でした。

P8060014

スタート前に実行委員長の館山さんが招待選手の紹介を。世界のウルトラランナーの沖山健司さんの姿(No.103)もありました。

P8060020

前夜控えめの宴だったので、皆さん体調万全の様子・・・かな?。

P8060022

8月6日(日)午前6時に800人を超えるウルトラランナーがスタート。暑さとアップダウンとの闘いの始まりです。

P8060032

ゴルフ場手前の登り。

私は5キロぐらいまで小虫さんと話ながら並走してましたけど、ちょっとペースが速かったのか?ペースメーカーのつもりが知らない間に置いていっちゃって一人旅に。少し走ると「た」さんに追いついたのでその後、抜きつ抜かれつの状態に。

P8060033

往路16キロ地点にある鎌北湖AS。

P8060035 P8060036

いよいよ鎌北湖過ぎてからのキツ~い登りの始まり。一気に高度が上がるので、去年はこの勾配に苦しんだけど、一度経験しているし、序盤戦でまだ脚の疲労は無いのでゆっくりペースで登りを攻めて行きます。

P8060045

P8060050

25キロ過ぎ辺りから、しっかりエイドで給水しているにもかかわらず異常に喉が渇くし、登りを攻めていると体がぼーっとしてきて少しふらつく状態になってきたので、無理しないように自然にリミッターが効いてきましたね。

朝いちのオシッコの色が濃くないかチェックしたし、脱水症状にならないように、朝起きてからスタートまでちびりちびりと500mlのスポーツドリンクを1本飲んでいたのにね。エイドでビニール袋を貰い、その後は、エイド毎に氷を補給し首や頭、脚など体を冷やしながら走ってました。ボトルポーチを持ってくれば良かったと反省。

P8060037 P8060049

奥武蔵は、キツイ登りも少し頑張れば必ず充実したエイドが坂の頂上付近に設置されているので、エイドのボランティアの応援の声が遠くから聞こえてくると、もうちょいの辛抱と気合も入るし、その後は少し休める(後半はそうはいかないが・・・)下りになるので脚に自然と力も入ってくるんですよね。前半のエイドでは水分を取り過ぎて食欲がなくなるという暑いレースでの”ベタな展開”になってしまったので、スイカやメロンなどの果物中心に胃へ流し込みました。夏のレースを何回も走っているのに全く学習効果なしですよね。

P8060054

後半のエイドでは、おにぎりやパンなどは喉を通らず、すっと入るそうめんが有難かったです。足の痙攣防止で塩水が置いてあるエイドもあったので積極的に飲みましたが、場所によってかなり塩辛くて逆に喉が渇いたりなんてことも。

P8060051 P8060052

35キロ~40キロ過ぎになると折り返して復路を走ってくるランナーが続々とやって来ます。上位を颯爽と走ってる仲間とすれ違いながらエール交歓すると勇気や元気貰って頑張れるという、これも奥武蔵のいいところ。でも、もうこの辺りからは、勾配が急な登りは攻められなくなり歩き主体で、下りでもいまいち快調に脚が前に出て行かなくなってきましたね。悔しいけど、徐々に奥武蔵の軍門にくだって行きます。

P8060048 P8060061

将来のビキニギャル候補生。

ちゃんとランナーの頭にジョウロで水をかけるお手伝をして来るべき日へ向けての鍛錬をしてましたよ。

P8060055

折り返し地点、名物エイドである丸山AS(44.7キロ)での今年のお嬢さん。笑顔に疲れも癒されますね。ここまで5時間10分と去年とほぼ変わらぬタイムで到着。

P8060056

もちろんカキ氷を2杯頂いてしばしストレッチなどしなら復路へ。百戦錬磨の鉄人アロハさんは、体調不良でかなり苦戦していたけどこの辺りから追いついたり離されたりと鎌北湖まで声掛け合いながら走り、その後はうっぷんを晴らすようにスパートして行っちゃいました。

一緒に登りで歩いている年配ランナーが「なんでお金払ってこんな辛い思いしてるんだろうね?」なんて笑いながら言ってました。

P8060070 G002

復路は下り基調になるも、やはり登りは歩き走りに。鎌北湖への復路の最後の天王山である長~い登りも歩きでなんとか克服して、最後にゴールの毛呂山総合公園への下りを淡々と駆け下りて8時間42分でフィニッシュ。少し不完全燃焼ではありましたが、まっ、今の力はこんなもんですね。

最後はヘロヘロだったけど、ゴールした瞬間はやはり気分は最高です。奥武蔵の豊かな緑濃い自然や熱い応援があるエイド全てを満喫でき、多くのランナー達との交流もして、終わってみればやっぱり楽しく過ごせた2度目の奥武蔵ウルトラマラソンでした。

それと、今回初挑戦の仲間の頑張りや、記録狙いのラン友の激走を目のあたりにして、かなり刺激を受けて来年こそは絶対にオクムのアップダウンを攻め切るってやるぜ!というランに対して前向きな気持ちにもなってきた、次のレースにつながりそうな大会でした。

|

« 塩原CC | トップページ | さて!盆休み終了 »

「■奥武蔵ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。もうウルトラが普通になっているのがすごい・・・。
代々木RCでもウルトラ人口が増えているのは児玉さんの力によるところが大きいですよね。

投稿: まさ | 2006.08.08 22:59

おつかれさまでした & ありがとうございました♪
前半、抜きつ抜かれつ....って頑張っちゃた結果、だから1時間短縮できたのか、はたまた、だから終盤ヘロヘロで結局1時間も差がついちゃったのか?????
良くわかんないけど、メッチャ楽しかったです♪
なんか知らんけど、来年も絶対出る気になってる自分が可愛い(爆

投稿: 「た」 | 2006.08.08 23:20

>まささん
最難関の富士登山競走を見事に攻略しちゃったんだから、もう怖いものなんてないでしょ?次は早くおいでませUMの世界へ。

>「た」さん
なんだか青梅の再現でしたね。登りもしっかり攻めていたのはクロカン鍛錬効果では。最後の登り過ぎたらもう後は下りと思った途端に嬉しくなるようなコースでしたね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.09 00:00

お疲れさまでした。この間の試走は涼しくてお気楽でしたが、やはり本番は激暑でしたね。大会の様子が良くわかる詳細なレポートご苦労様であります。来年はさらに参加者が増えそうですね。

投稿: マハロ菊池 | 2006.08.09 07:14

おつかれさまでした。今年も楽しい大会で何よりでした。写真でいろいろ思い出しました。来年もまた参加しましょう。

投稿: かど | 2006.08.09 09:21

奥武蔵ではお世話になりました。
暑くてきつくて美味しくて素敵な大会でしたね~。筋肉痛も大きいけれど、もっと大きなものが残ったような気がします。
それにしても児玉さん、速いのにしっかり写真を撮る余裕もあるなんて、すごいなぁ~。

投稿: あくび | 2006.08.09 10:01

お疲れさまでした。うわさ通りのいい大会でした。走っている途中は、もう勘弁してよ~なんて思っていましたが、ゴールした瞬間、また来年も走るぞ~なんて、思っちゃいました。山耐に向けていい鍛錬になりました。

投稿: マカニ・トモ | 2006.08.09 10:20

暑かったですね!!一緒にゴールしよう!!と言っておきながら、一人でゴール!!
申し訳ございません。(礼)

ゴールの写真はどなたから?

投稿: Aloha!Moana | 2006.08.09 19:21

お疲れ様でした。私にとっては奥武蔵UMは特別な大会でプレッシャーのかかる中、ある意味楽しめませんでしたが、ヒロさんのレポートで大会の楽しさを感じることができました。別な大会でさらなるウルトラの楽しみを教えてもらいたいな♪

投稿: ぱらだいむ | 2006.08.09 19:50

奥武蔵お疲れ様でした。
上半期だけでウルトラを6戦も消化されていたのですね、スゴッ。
何枚も写真を撮りながらも好タイムでフィニッシュするって、ヒロさんの凄いところだと思います。

投稿: ネオス | 2006.08.09 22:21

>マハロさん
やはりこのレースは、コースや天候が過酷な条件だからこそ走りがいがあるのかもしれませんね。

>かどさん
奥武蔵は、大勢で前泊して過ごすのも楽しいし、毎年真夏の恒例行事になりました。

>あくびさん
初参加で涙のゴールは印象に残りましたよ。また、来年も皆で参加して辛い思いしましょう^^)。

>トモさん
私も参加する前は、なんでこんな暑い時期にキツ~いコースが人気なのか?って思ってましたけど、一度走ってみると納得ですね。

>アロハさん
宿の手配や、特製ビニールシートの段取り等お世話様でした。宿はこ奇麗で安いし食事も美味しい、いい所でした。ゴールシーンはzephiyamaさんが写してくれましたよ。

>ぱらだいむさん
奥武蔵道場はチーム優勝したんですよね。いやいや折返しでの走りは素晴らしかったですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.09 22:26

>ネオスさん
あの暑さの中での記録更新は立派ですよ。ウルトラ6戦といっても全てゆっくりお気楽ペースですからね。えちご・くびき野でまた頑張りましょう!

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.09 22:33

お疲れ様でした~!たくさん写真を撮りながら走ったんですね~!?それでこのタイムは素晴らしいと思います!児玉さんの撮った写真をジックリ見ていたら奥武蔵のコースがよみがえってきて、もう懐かしくなってきちゃいました・・。。ありがとう!!

投稿: zephiyama | 2006.08.10 14:40

>zephiyamaさん
奥武蔵ではもろもろありがとうございました。猛暑の中でのレースでしたけど、初参加でぶっつけ本番で軽~くサブ8は凄いですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.10 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/11328223

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回奥武蔵ウルトラマラソン完走記:

« 塩原CC | トップページ | さて!盆休み終了 »