« さて!盆休み終了 | トップページ | 2006北海道マラソン »

2006.08.21

富士山お気楽ぅ(?)ツアー2006

P8200059 今年も去年に引き続いて代々木RCの仲間7名と、日本最高峰、3776mの富士山に登山シーズン真っ盛りの昨日の日曜日に登ってきました。

去年は、クラブのまささんがあの日本一過酷な山岳レースである「富士登山競走」に参加するので、浅間神社ー馬返しー5合目ー中の茶屋(標高差1480m)まで試走会を兼ねて走り歩きしたんでが、延々と続く登り地獄の凄さを身をもって体験。。。

今年はまささんも見事に完走を果たしたので、お気楽に富士登山競走のコースである吉田口登山道の馬返し~山頂への標高差2,326mの往復コースにチャレンジしました。私は初めての富士山登頂となります。

■馬返しから5合目■

P8200003 P8200004

かどさんは鍛錬のため単独走で追いかけてくるということなどで約8キロ手前の浅間神社付近で降ろして、ガラガラの馬返し(標高1,450m)の駐車場で他の参加者は準備。

P8200007

午前8時前にゆるゆるとスタート。曇り空で風はほとんどなく涼しくていい気候。徒歩で登山した場合ここから山頂までは7時間らしいのでどうなるか。

P8200014

P8200010

5合目までは、コースの途中に大雨が降った時の土砂溜りがあり少し登りずらいんですよね。でも、この辺りは緑濃い森林地帯なんで気分良く登れます。ハイカーやランナーにもほとんど出会わなかったですね。

P8200016 P8200020

スタートから約1時間30分で5合目(標高2,250m)の佐藤小屋に到着。去年と同様に気圧の影響か?手がパンパン状態に。さて、ここから私は未体験ゾーンとなります。

■6合目~山頂■

P8200022 P8200024

5合目以降は森林限界を越えるので、あたりの景色が一変して砂岩の殺風景な景観になります。今までと打って変わり6合目付近で他の登山道や下山道と合流するのでかなりの人並。

P8200026

P8200027

足元がスリッピーで登りずらい砂礫地帯なので疲労が増してきます。お気楽どころか足元に注意しながら無言でひたすら登って行きます。

P8200031 P8200032

7合目(標高2,700m)に2時間10分で到着。休憩していたら、かどさんが追いついて来ましたよ。いやいや凄い!

P8200033 P8200034

7合目から8合目にかけてはこんな岩場の連続になるので、しっかり軍手をして手も使わないと登れません。空気が薄く脚にも疲労が溜まってきたので、よろけないようにロープや鎖などを頼りに進みます。

P8200042

P8200041

こんな砂礫なので足をとられて非常に登りにくい。遠く下の雲の中で雷鳴が聞こえてきたので下山する時に少し心配になってきます。

P8200047 P8200048

馬返しから8合目(標高3,360m)に3時間30分かかって到着。雲海が絶景でした。少しペースが速いので、高山病が心配でしたが、チューチューバッグでコマメに水分補給しながら登っていたのが良かったのか、少しふらつく程度で問題はなかったですね。あと400m登ったら山頂なので気合入れ直し。

P8200051

二つの鳥居を越えたら山頂なのであと僅か。でもかなり脚にきていて上がらないんですよね。脚に力入れると頭がボーっとしてくるのでゆっくりマイペースで先に進みます。

P8200056 P8200052 P8200057_1

目指す山頂が目の前に。でも、なかなか近づいてこない・・・。

P8200061 P8200063

やったー!バンザ~イ!天下の頂を制覇(標高3,776m)。スタートから所要約4時間30分で山頂アタック隊7名全員無事に登頂に成功。山の天候は目まぐるしく変わるので残念ながらこの時は下界の景色は見られなかったですね。山小屋で昼食休憩してまったりとします。

■下山開始からゴールへ■

P8200049 P8200071

下山道はまた登りと違っててこずりました。 急勾配の坂道でスケートをしながら下りて行くように、シューズを砂に潜らせて滑らせながら速度が速くならないようにコントロールしながら下りて行きます。ただ、だんだん踏ん張りが効かなくなり後傾してしまいしりもちをつくことが度々。小雨も降ってきて視界も悪い中延々と続く下山道をハイカーかき分けながら下りて行きます。スパッツを装着しているけどトレランシューズの中は小石で満載状態。

P8200076 P8200078

なんとか休み休み山頂から約2時間かけて下りて来てゴールの馬返し駐車場へ到着。富士山お気楽ぅ(?)ツアーはあまりお気楽にはいかなかったですが、所要時間約6時間30分で全工程終了しました。

P8200081

P8200082_1

最後にお風呂でゆっくり汗を流して、お決まりのグビグビタイム。腹固めに近くのお店で美味しいほうとうを食べてシメました。

富士山は、なかなかお気楽には登れないところですけど、代々木RCの毎年恒例のイベントとなっていくでしょうね。企画、案内役のまささん&幹事兼運転役のショーブンさん大変お世話になりました。来年は前泊でバスかなんかで行けばいいんじゃないのかな。

さて、今週末は北海道マラソン。富士山登山は、心肺機能にはいい高地トレになったんだろうと勝手に思い込んでますが、今日は大腿四頭筋やふくらはぎのかなりの筋痛でありまして、日曜日まで脚の疲労が抜けて本当にフル走れるの?って感じであります(汗)。ま~っ、それなにり頑張ってはくるつもりです。

|

« さて!盆休み終了 | トップページ | 2006北海道マラソン »

「■富士登山■」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。いつもながらナイスショット満載で、楽しかった登山を反芻させていただきました。私も大腿四頭筋および臀筋にかなりきてます。筋肉痛なんて久々、新鮮です。
ゆっくり休んで超回復で北海道マラソン、つっぱしっちゃってください!

投稿: wiwi | 2006.08.21 22:32

>wiwiさん
どーもお富士ツアーお疲れさまでした。毎度、走ってないのに走り込みしている私より軽快に登り下りしてたのには恐れ入りました。擦り傷は大丈夫ですかね。
北海道Mは監督やコーチ陣?がうるさそうなので^^)そこそこ気合入れていきますよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.21 23:42

よい天気で、富士登山日和でしたね!!
私アロハは、下界で108キロを堪能しました!!
かなり蒸し暑くて、富士山山頂が羨ましい!!(泣)
次回は、一合目から登山しましょう!!

投稿: Aloha!Moana | 2006.08.21 23:48

なかなか、楽しきつい鍛錬だったみたいですね。来年は、富士登山競走に出たいなと思っています。

投稿: マカニ・トモ | 2006.08.22 00:28

超回復により、北海道のヒロさんは横顔すらほかの代々木RCからの参加者に拝ませないぶっちぎり、という予定でしたよね、監督。

投稿: shobun | 2006.08.22 09:11

お疲れ様でした~!いや~楽しそうですね~!羨ましい!!下の方はガスってたみたいですけど山頂は天気も良く最高じゃないですか!!気持ち良かったでしょうね!!僕が登った時はいつも快晴に恵まれて(?)日焼けのひどさに苦しみましたから・・(泣)。ところで山頂ではグビグビしなかったんですか!?(笑)。あそこで飲めれば本物ですよね!?僕は高山病で気持ち悪くって全く飲めずに退散でした・・(泣)。。

投稿: zephiyama | 2006.08.22 11:30

登山は翌日ダメージ残らないですよなんて言ったかもしれませんが、しっかり筋肉痛になりましたね(笑)下りが速すぎたんでしょうか?

まぁ、このおかげでフル本番前のいい抜きになるんじゃないでしょうか?ボルダーだけが高地トレーニングじゃないことを大舞台で証明してきてください。

あなたの赤血球は大きくなった、大きくなった、大きくなった・・・。

投稿: まさ監督 | 2006.08.22 15:09

>アロハさん
日曜日の富士は、涼しくて登山には最適な気候でしたよ。まだ残暑厳しい中100キロ超とは凡人には想像できませんよ。

>トモさん
富士登山競走は登りのスペシャリストにとっては最適なレースではないかと思いますよ。5合目より上は足場は悪くて大変ですけど。。。

>shobunさん
帰り大渋滞の中の運転すいませんでしたねー。また来年も宜しくお願いします^^)。回復せずに撃沈って感じもしますよ。

>zephiyamaさん
かなりキツかったですけど山頂にたどり着いた時はけっこう感動ものでした。ビールで祝杯したかったんですけどフラフラ状態だったんでおとなしくしておりました。

>まさ監督
奥武蔵の走後以上にダメージがあるんですけど(汗)。フルの1週間前には富士登山しちゃいかんよって証明してくるみたいですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.22 23:53

富士山お疲れ様でした。本当、帰りの運転はきつそうですなあ。運転手と希望者は帰りにゆっくり温泉に泊って帰るというのも良いかもしれませんね。

投稿: マハロ菊池 | 2006.08.23 07:37

>マハロさん
「光が丘グルグル耐暑大会」と同日開催だったので、来年以降は違う日に泊まりで富士山合宿なんていいですね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.08.23 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/11543934

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山お気楽ぅ(?)ツアー2006:

« さて!盆休み終了 | トップページ | 2006北海道マラソン »