« ヤケ酒・・・ | トップページ | オホーツク海を眺めながら »

2006.06.19

日本vsクロアチア戦

昨夜のW杯1次予選F組第2戦のクロアチア戦は、初戦のオーストラリア戦の不甲斐ない逆転負けから、予選突破には絶対落せない背水の陣という試合でしたけど、大敗してもおかしくないような試合展開で見ていて心臓に悪かったですね。ツキは日本に味方していたのにチャンスを生かせなくて残念。まー負けなかったのが唯一の救いだったですね。

でも、絶対絶命のPKを川口選手が神がかり的に防いだり、攻撃的な4バックで故障明けの加地選手や三都主選手がガンガンオーバーラップしてチャンスメイクしてたし、中田選手もミドルシュートを積極的に狙って枠内にいったりと、結果的にドローだったけど、最後まで前へ前へと攻める気持ちや勝利への気迫が感じられ、巷では酷評ですけど私は力では上のクロアチアに善戦したいい試合だったと思いますよ。特に川口選手には拍手!

フルやウルトラマラソンを走ってる時も、かなり苦しくなりリタイアの誘惑におそわれることがよくあるけど、最後は絶対諦めないでゴールしてやるぞ!という精神力勝負。アマとプロのレベルはかなり違うけど、金曜日の世界最強軍団のブラジル戦は、私がフルでサブ3を達成するよりは、まだ可能性が僅かにあると思うので(笑)気力だけは相手に負けずに最後のサムライ魂を見せてもらいたいものです。ガンバレ!ニッポン!

|

« ヤケ酒・・・ | トップページ | オホーツク海を眺めながら »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

川口選手のPKは凄かったですね。柳沢選手が決めていればと思うと残念ですが、是非次のブラジル戦では諦めず頑張ってほしいですね。

ブラジル戦は明け方の4時頃ですが観戦しますか?私は無理かもしれません…。

投稿: ひらぼん | 2006.06.19 23:22

こんばんは!

川口、よく守ってくれたと思います。
その意気にこたえられなかった攻撃陣、バカモノだと思いました。反省なんかはいらないから、ちゃんとゴールを決めろといいたいです。0対0で、勝ち点「1」ですが、点が入っていないというところが、勢いのない証拠だと思っています。

と、厳しきことは言っていますが、真剣に応援しているので、ブラジル戦、思い切りがんばってもらいたいです。

投稿: むろぴい | 2006.06.20 00:54

あのシュートは私でも入ったと思いましたけどね(^^)

投稿: まさ | 2006.06.20 11:18

日本はよく戦ったと思います。
川口がPKを止めたときはこれで行けるかと思いましたが、後半6分の柳沢がすべてでしたかね。残念です。
可能性は1%でも、ゼロで無い限り諦めてはいけない。
私は最後まで応援します。

投稿: RASCAL | 2006.06.20 12:46

>ひらぼんさん
ブラジル戦は日本は早朝ですけど、ドイツはナイターなので選手にとっては今度は涼しくてやりやすいでしょうね。もちろん苦手な早起きします。

>むろぴいさん
川口選手は本当に気迫あるプレーでPKを凌いでくれました。最後のつめが甘いのが日本サッカーの課題ですかね。

>まささん
フリーになった柳沢選手のプレーには日本中が天を仰いだみたいで。あまりにもいいボールがいきなり加地から来たので本人も焦ったのかも。今度シュートのしかた教えてあげてくださいな!

>RASCALさん
結果的にゴールはなりませんでしたけど、オーストリア戦と比べてよく攻めていた試合でした。野球のWBCみたいなこともあるので、私もきちり最後まで応援します。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.06.20 22:06

この試合、見ていて思ったのはクロアチアの決定力の無さですかね。まるでFIFAランクの下位の国と戦っている日本を見ているように感じました。
でも、クロアチアに頑張ってもらわないと日本は決勝に進めないんですよね。
頑張れ日本とクロアチア^^。

投稿: ネオス | 2006.06.21 00:04

サッカーがPKだけの競技だったら間合いとかが武術的で侍というか、日本人向きかもしれませんね。

投稿: マハロ菊池 | 2006.06.21 08:00

>ネオスさん
サムライJAPANもブラジルに2点差つけて勝たないといかんですよね。主力温存してもらって2軍でもまだハンデもらいたい・・・。

>マハロさん
川口選手はあんなスーパープレーがあると思うと、バックパス処理であわや・・・なんてのもありました(汗)。PK戦だけならベスト4はいくんじゃないでしょうかね^^)。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.06.21 23:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsクロアチア戦:

« ヤケ酒・・・ | トップページ | オホーツク海を眺めながら »