« 最高に楽しめたよ!サロマ | トップページ | 6月の鍛錬 »

2006.06.28

第21回サロマ湖100kmウルトラマラソン完走記-Ⅰ

P6250003_1 ■すべり込みの前夜祭■

レース前日6月24日(土)14時30分過ぎに女満別空港に到着し、急いでレンタカーに飛び乗り約80キロ先の受付兼前夜祭会場である湧別町(ゆうべつちょう)総合体育館へと向かいます。前夜祭は16時00から始まるので、どうす飛ばしても間に合いそうにもないので代々木RCの仲間に遅刻メールを打って、コース沿いを下見しながら行くつもりが、カーナビがサロマ湖と反対の内陸コースを選択指示するので、しゃーない初めて走る道路だから素直にナビの言う通りに従います。

東京はかなり蒸暑かったけど、こちらは少し肌寒いぐらいの初夏の軽井沢を思わせる気候でいい傾向と思いながら北の大地の一直線に長く延びる道路を快適ドライブ気分で行きます。でも、こういう直線が長い道路をいざ走るとなると精神的にはきついですよね。(上の写真は42.195km地点の月見ヶ浜からのサロマ湖。まさしくサロマンブルーで朝日に照らされてキラキラ輝いてました)

P6240009 P6240010

30分遅れで前夜祭会場に到着(大汗)。代々木RCのこじろうさん、ラハイナさんやJogNoteの桧山さんと合流して、私以外皆さんサロマ経験者なのでコースのポイント等をレクチャーしてもらいながら確保してもらっていた(笑)生ホタテや浜焼きホタテを食し楽しく歓談。しかし・・また車で帰らないといけないのでグビグビできないのが非常に辛いところでしたね。お開きになり会場を出た所で、ブログ仲間のネオスさんとバッタリ会えてお互い健闘をたたえ合います。

P6240015

■ごめんね応援FAX■

P6240014_1

P62700010000 P6270002000

会場には応援FAXコーナーがあり、会社の同じフロアーの5人娘&駅伝部の今となっては唯一の女子部員からスタート&ゴールへ応援FAX送るからお土産買ってこい!というミッションを受けていたので必死に探したけどあまりの多さで発見できず。ゴール地点では完全燃焼してしまったためか?すっかり忘却の彼方へ。まっ、今日会社で彼女達は夕張メロンゼリーをバクバク旨そうに食べていたのでいいでしょ^^)。下段は帰ってから見せてもらった応援FAXだけど、寄せ書きで読んでてなかなか面白かったのでレース前後に見れなくてとても残念でしたね。こういうのも嬉しいです。でも、君らひらがなが多いぞ(苦笑)。

■ランナーとの交流■

レース当日は、オフィシャルツアーのゴール地点からスタート地点への向かう午前3:00発の送迎バスで移動する予定なので午前1:00にアラーム鳴る前に気合一発で起床し、網走のホテルから32キロ先のゴール地点へ車で向かいます。萩往還では、寝ないで走ったんだから3時間も熟睡できたので十分でしょ!と自分に言い聞かせてバスに乗り込み、午前3時を過ぎると徐々に明るくなってくる景色を眺めながらウトウトと。

P6250002

スタート場所である湧別町総合体育館の一画はここで一夜を明かしたランナー達のテント村となってました。午前5時前には日の出となります。

P6250006

スタート前の元気な時にパチリ。しばらくこじろうさんとストレッチなどしながらアップしていると、このブログの萩往還140キロの完踏記を読んでコメントしてくれて、自身も見事に萩を完踏されたコトミさんが、私のゼッケンを見つけてわざわざ挨拶にきてくれて嬉しかったですね。私と同様にサロマは初挑戦とのこと。スタート地点に並んでいると、よく同じレースに参加していてその度に会場やコースで偶然お会いする、品川走遊会の佐々木さんとまたまた遭遇。去年の初サロマは70キロの関門に阻まれたので、今回はリベンジとのことでした。

■朝霧の中でのスタートから序盤戦■

P6250007 P6250012

霧が立ち込めているけど、吹く風は冷たくスタート時の気温は12℃と涼しく走るには絶好の条件。サブ10狙いのネオスさんは気合十分で最前列に並んでますね(今気づきました)。私は今回のレースでは後半も調子が落ちずにチャンスがあればサブ11が目標ですが、萩往還であんなに苦しい思いをしたので、今回はあまり無理せずタイムにはこだわらずに楽しんで走るレースという気持ちで臨むことに。

P6250014 P6250013

6月25日(日)午前5時に100キロ先の常呂町スポーツセンターを目指して約2,000人以上のウルトラランナーが一斉にスタート。代々木の仲間と話ながら最初はキロ6分ペースでゆっくりと。5キロぐらい走ったところで、JogNoteでリンクさせてもらっているアート鈴木さんの姿が見えたので声をかけます。サロマンブルーゼッケンが光ってましたね。鈴木さんは今回で14回目のサロマなのでコースの隅々までご存知。「この霧が晴れると今日は暑くなりますよ」とのこと。

P6250019

しばらく走ると霧も晴れてぬけるような青空になり気分よく走っていると、スタート地点でご挨拶したコトミさんが前を走っていたので、その後20キロ過ぎまでラン話などしながら楽しく並走させてもらいました。まだ、走暦1年半で宮古島や萩140キロを走っちゃうんだからすごいですよね。

P6250016_1

10キロ通過タイム1:00:25(ネットタイム)。エイド休憩含んでキロ6分だからまずまずのいいペース。

■竜宮台折り返しでのエール交歓■

P6250020_1 

P6250021_3

約10キロ過ぎから始まる竜宮台(17キロ地点)の折り返しは、まだお互い元気な状態で仲間や他のランナー同士すれ違いながら遠くにサロマ湖を眺めつつ楽しくエール交歓が出来るポイントです。桧山さんがかなりのハイペースで走ってましたし、代々木のメンバーも快調の様子。竜宮台ではマラソンにはつきもののサロマ湖太鼓隊の応援などもありました。

■オホーツクの雄大な自然の中を・・■

P6250022

20キロ通過タイム2:01:43(1:01:17)。並走していたコトミさんは休憩するとのことなのでエールを送って単独走へ。私のぺースが速くて無理させちゃったかな?並走して走る時は本当にお互い同じペースでないとどちらかが脚使ってしまい後で借金のつけに苦しむ結果になりますからね。

P6250023

P6250029 P6250032 P6250035

やはり北海道の自然はスケールがデッカくてこの時期は緑鮮やかで、景色を見ながら走っていると気分がいいんです。走前は80キロ過ぎのワッカ原生花園までは、サロマ湖畔を変わり映えしない風景の中を延々と続く単調な道路上を走るのかと思ってたけど、コースは途中に森林地帯や草原地帯もあり、もちろん40キロ過ぎから奇麗で広大なサロマ湖畔近くを走るコースになり、20キロ過ぎからはゆるいアップダウンが4ヶ所ほどあり全く飽きなかったです。

P6250028

30キロ通過タイム3:04:26(1:02:42)。

P6250036

40キロ通過タイム4:05:57(1:01:30)。この辺りから少し脚が重たくなってきます。1週間前に長い距離を走れなかったし、レース前の3日間は休走してたので脚が軽い状態で臨んだのがいけなかったかな。それと、左足の小指の爪が割れたみたいで鈍い痛みが出てきたので、55キロのレストステーションまでの辛抱。これからフルの距離を過ぎると10キロ毎に関門制限があります。前半に貯金がないと50キロから60キロの関門はキロ6分ちょいで走らないとアウトだからウルトラ初チャレンジのランナーには厳しいですね。

---------------------------------------

      < 次回へつづく >

---------------------------------------

|

« 最高に楽しめたよ!サロマ | トップページ | 6月の鍛錬 »

「■サロマ湖100kmウルトラ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!!皆さんうらやましい天気で最高ですね!!
サブ11達成すると、ビールの見放題ご馳走しますとの約束・・・。はてはて??

投稿: Aloha!Moana | 2006.06.29 06:04

けっこうテント泊の人多いんですね。
ホテルを午前1時にでないといけないならテントのが良かったりして。でもその場合ゴールしてからスタート地点に戻らないとならないんでしょうかね。ゴール地点でテントってのもあるんでしょうか?

投稿: マハロ菊池 | 2006.06.29 08:54

スタート地点でも撮影されていたんですね。私も気が付いていませんでした。というか思い切り後ろ向いてますね^^;
続きを楽しみにしてま~す♪

投稿: ネオス | 2006.06.29 18:30

>アロハさん
後半はかけ水を頭からかぶりながらのレースでしたよ。ハイハイ!もういいって言うぐらいビールおごりますよ。

>マハロさん
ゴール地点には広い駐車場があるので車中泊が多かったですね。サロマはオフィシャルツアーにしない場合、移動や宿泊どうするかが一番の問題でしたね。

>ネオスさん
サロマでのサブ10達成おめでとうございます。前夜祭は遅れたのであまり話も出来なかったので、奥武蔵やえちごではゆっくり飲めればいいですね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.06.29 23:05

サロマ湖お疲れ様でした。
児玉さんとお別れした後60キロ位までは調子よく走っていたのですが、だんだん胃が痛くなってきてペースダウン...次の関門間に合うかな?と心配しながら必死で走りました。「萩往還走れるんだから絶対ゴールできる!」と何度も自分に言い聞かせて12時間45分で完走しました。
児玉さんをはじめ、いろんな方とお話しながら走れて楽しかったです!

投稿: ことみ | 2006.06.30 10:14

>ことみさん
完走おめでとうございます。ワッカの折り返しですれ違った時は歩きだったので、前半のオーバーペースが原因かと少し気になってたけど、萩往還を楽しく完踏しちゃう走力と根性あるんだからいらぬ心配でしたネ^^)。
サロマ湖の美しさに魅せられて、サロマンブルー目指したくなるような素晴らしい大会でした。この勢いでとよた24時間走&甲州夢街道頑張って!

投稿: ヒロ児玉 | 2006.07.01 00:21

遅くなりましたが、お疲れ様でした。私はやっと昨日位から足の腫れが引いてきました。でもおしゃべりしながら塗った日焼け止めがムラだらけで、無残なふくらはぎになっております。
ゆっくり足を回復させてから、また秋のウルトラに向けお互い頑張りましょう!

投稿: ラハイナ・キミコ | 2006.07.03 00:04

>ラハイナさん
コメントどーも!サロマ前は全然鍛錬不足だったのにしっかり完走はさすがですよ。足の状態回復傾向でなにより。
今年の秋は、えちご参戦で四万十川は残念ながら回避ですけど、楽しんできてください。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.07.03 22:58

素晴らしい写真の数々・・ほんとに楽しめました。有り難うございます!!僕はいつもどうしてもタイムとかに拘ってしまうので、レース中に回りの景色を楽しむとかいう心の余裕がありません・・(泣)。今回たくさんの写真を見せて頂いて「あぁそういえばこんな風景もあったな~」と思い出したり、全然判らなかったり・・。悔しくもあり、懐かしさもありの思い出です。僕もヒロさんのようにいずれは自然の中で気持ちの良いランを楽しめるようになっていければいいな~と思っています。。

投稿: zephiyama | 2006.07.14 17:06

>zephiyamaさん
ウルトラマラソンは人それぞれいろいろな楽しみ方があるんので面白いんですよね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.07.15 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/10703388

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回サロマ湖100kmウルトラマラソン完走記-Ⅰ:

« 最高に楽しめたよ!サロマ | トップページ | 6月の鍛錬 »