« 2月の鍛錬距離 | トップページ | 24時間チャリティーラン・ウォーク参加レポート-後編 »

2006.03.07

24時間チャリティラン・ウォーク参加レポート-前編

P3040010 通常のランニングの大会は、決められた距離をいかに速く走るかタイムを競い合って順位を決めますが、ウルトラマラソンの国際大会等で多く開催されている時間走の場合(24時間走、48時間走)は、決められた時間内にどれだけ長い距離を走れるかを争うレースです。とてつもなく長い時間、見えないゴールを目指してひたすら自分や残り時間と闘いながら走らないといけないし、コースは屋内や屋外の400mトラックを周回するというのがほとんどなので、かなり精神的に大変な競技です。

■大会の主旨■

今回、お台場で開催された24時間走は、個人やリレーチームでウルトラ本来の良さである、ゆっくり楽しく走ったり歩いたりしながら(もちろん記録への挑戦するもよし)、各自各様にチャレンジして、小児がんの子供達へのチャリティーが主旨なので、初めての時間走でしたけど、あまり気合入れずに練習モードでの参加。

■参加者内訳■

①24時間個人の部 81名 (男 56名 女 25名 )

②12時間個人の部 24名 (男 18名 女 6名  )

③ 6時間個人の部 105名(男 64名 女 41名 )

④24時間リレーの部 9チーム52名(男 32名 女 20名)

参加者合計 262名 (男 170名 女 92名 )

意外とリレーチームが少なく個人の部の参加者が多く、年配の方や女性の参加者も多かったですね。

■コース■

船の科学館~潮風公園~東八潮緑道公園~船の科学館へと周回する1.5キロの周回コース。

P3040006 P3040011

船の科学館の横がスタート&ゴールのメイン会場兼エイドステーション。

P3040019 P3050069

P3050057 

コースは少し短いけど、適度に緩いアップダウンも一部あり、公園内は昼間もそんなに人も多くなく奇麗で走りやすかったし、あまり飽きることもなかったですね。それと、潮風公園噴水広場から眺める対岸の天王洲アイルや品川シーサイド、大井埠頭等の夜景は妖艶な光を放って奇麗だし、時折航行してくる大型貨物船や羽田へ向かう飛行機なんかを眺めながら周回してました。

■周回チェック方法■

24時間でランナーによっては100周以上もグルグルする訳だから、自分が何周したか数えられません。で、周回チェックは、1周回るごとに輪ゴムを貰い体につけておいたホルダーにストックしていきます。

P3040015 P3040028

P3040027

1周が茶色の輪ゴム(1.5キロ)で10周が白(15キロ)、100周が赤(150キロ)と色分けされ、茶色が10コたまるごとに交換所で白の輪ゴムと交換するのがとっても楽しみでしたね。

■3月4日(土)15:00スタート■

過去に走った一番長い距離というとウルトラの100キロになり、時間的には11時間から12時間かかっているので、単純に24時間で走れる距離というと200キロということになりますが、100キロ走った後は1歩も動けない状態なのでそんな距離は当然不可能。いったいどんなペースで走ればいいのか、休憩はどの程度の頻度で?など皆目検討がつかないので、自分が一番心地よく走れると感じる6分/kmでスタート。スタート時の天気は快晴で、吹く風は少し冷たいけど走っていると薄っすら汗ばむ絶好のグルグル日和。1周約9分を目安に周回を重ね、4周(6キロ)ごとにエイド休憩と決めていきます。

P3040016

スタート前の風景

P3040018

チビッ子リレー選手もたすきかけて走ってます。

■3月4日(土)17:10~ 深夜ランへ■

P3040030

噴水広場からの美しい夕日

P3040035

対岸の大井埠頭の夜景

P3040036

船の科学館前の初代南極観測船「宗谷」のイルミネーション

今回は、5月の「山口100萩往還140k」へ向けての徹夜ランの予行鍛錬も兼ねているので、深夜に走るのも楽しみ。深夜から早朝の冷え込み対策で、長袖Tシャツ、ロングタイツの上からウインドブレーカーの上下を着込み、小型ラジオでFM放送を聞きながら気を紛らわします。コースは所々に街灯もあり、そんなに真っ暗な中を走るという状態ではなかったですが、コース上のちょっとした段差につまずいて足首をひねってしまい一瞬ひやり・・・でも、何周回かしてると痛みも治まり一安心。徐々に脚に疲れが出てくる状態でのナイトランは、足元に集中して走らないと思いがけない怪我をしかねないので気をつけないと。

エイドでは、去年「飛翔千葉ウルトラマラソン」で知り合った品川走友会のSさんとばったりお会いし、周回毎に声掛け合いながら走ります。6時間個人の部に参加しているので、もう後少しで終了と聞いて「うーん、6時間にすればよかったな・・・」と少し後悔。こちらはまだ半分も時間が経ってないですからね。淡々と周回していると突然「ヒロさん!」と呼ばれたので、夜の闇の中、声がする方を見るとChamaさんが寒い中応援に来てくれていました。近くのホテルで研修だったので、アムラーの応援にかけ付けたとのこと。いやいや嬉しいもんです。

前日たっぷり睡眠とったのが良かったのか、全く眠気も感じることなく、寒さも気にならずに脚は段々重たくなってくるも、昼間より心なしか快調にキロ6分ペースで周回を重ねて行きます。潮風公園の運河前では、何故か外人の男女数人が寒い中酒盛りして奇声を発していたり、夜釣りで何を釣り上げたか分からないけど、大物の魚と一緒に写真を撮っている人達がいたり、他人が見たら深夜に何が楽しくてグルグルしているのか分からないゼッケン付けた怪しげな集団が走っていたりと様々な深夜のお台場でした。

-次回につづく-

|

« 2月の鍛錬距離 | トップページ | 24時間チャリティーラン・ウォーク参加レポート-後編 »

「■24時間チャリティラン・ウォーク」カテゴリの記事

コメント

2日続けて天気が良くて何よりでしたね。
「お台場」というか13号埋め立て地に何もなかった頃から船の科学館はありましたね。レストラン海王は空いてて、値段も手ごろで、景色も良くて、なかなか穴場でしたね。

投稿: マハロ菊池 | 2006.03.07 06:53

お疲れさまでした~☆
完走おめでとうございます♪
感動の後編、楽しみにしています!!

投稿: 「た」 | 2006.03.07 07:20

いや~すごいですねぇ。
本当にお疲れ様でした。
周回の記録・記憶法も疑問だったので納得しました。
省エネ走法を彩湖の時にでも伝授頂きたいです。

投稿: payuta | 2006.03.07 09:03

ご苦労様でした。

あんなところで,あんな時間に声をかけて驚かれたでしょう。次の朝もいったのですけど,時間があまりなくてあうことはできませんでした。
私も走りたかったです。

彩湖では60キロに出ます。よろしくお願いいたします。

投稿: chama | 2006.03.07 15:00

いやいや、お疲れ様でした。
僕にはまだ未知の世界なのですが、来年にはチャレンジしてみたいですねぇ。
その前に、100キロ走れるくらい、膝をちゃんと直さないといけませんけどね。

投稿: マカニ・トモ | 2006.03.07 16:14

お疲れ様でした!!
24時間で、先月の月間走行距離の約半分を走ったことになりますね。
長い一日(24時間)でした。
で、足の具合はどうですかね?
では・・・。

投稿: Aloha!Moana | 2006.03.07 19:33

グルグルお疲れ様でした。
周回チェック方法が面白いですね。白輪ゴムを集めるのって"銀のエンゼル5枚で金のエンゼル1枚"みたいで楽しそうですね。

投稿: こじろう | 2006.03.07 22:00

お疲れさまでした~。24時間ぐるぐるする元気と勇気とに敬服いたします。すごいな~。

投稿: wiwi | 2006.03.07 22:45

>マハロさん
応援ありがとうございました。24時間は本当に走り応えがありましたよ。船の科学館なかなか面白そうなスポットなんで今度はラン抜きで行ってみたいですね。

>「た」さん
たまにはこういう大会も面白かったですよ。お気楽気分で臨んだので次回は記録狙って頑張って走ってみたいですね。

> payutaさん
いい超ロング走の鍛錬ができました。彩湖ではたまにはタイムは気にせずに、ウルトラの楽しさを堪能してください。

>chamaさん
エールどうもありがとうございました。でも、暗闇の中でよく見つけてくれましたね。彩湖では会話を楽しみながら並走しましょう。

>マカニさん
脚の状態を完全に治して、こっちの世界にどっぷり浸かりに来てください。お待ちしてます!

>アロハさん
いやいやお疲れさまでした。周回中は文句ばかり言っててすいませんね^^)。でも、終わってみれば楽しいイベントでした。足は回復しましたよ。

>こじろうさん
長丁場だけに、周回中は何か小さな楽しみを見つけて走らないと精神的に参っちゃう感じでしたからね。来年は時間走トライしましょう!

>wiwiさん
どーもです。正直、周回中はなんで6時間や12時間にしなかったのか自問自答し、一睡もしないで葛藤しているランナーに元気もらいながら走ってました。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.03.07 23:27

24時間走個人の部って意外に女性の比率が高いですね。やっぱ女の方の方が我慢強いのでしょうか?

投稿: まさ | 2006.03.08 00:07

お疲れさまでした。
どんな結果になったのかは分かりませんが、後半のレポも楽しみにしております^^。

投稿: ネオス | 2006.03.08 00:27

こんばんは!
24時間、ひたすら走り続けるとは、並大抵の精神力ではないですね・・・。
すごいです。
後編を楽しみにしております(^^)

投稿: むろぴい | 2006.03.08 00:52

ヒロさん、いやあ、すごいっすね~。ことしはヒロさんに教わった60kmグルグルを走るつもりにしておりますが、時間走ってのもまた段違いな感じっすね。猛者ヒロさんのあとをすこしずつ追ってるかな・・・ってないな。24時間ゴルフならやってみたいかも(笑)、いやそれも無理そう。

投稿: shobun | 2006.03.08 13:49

忘れていましたが、ビールやドラ焼き等を戴きました。清算しなければなりませんね!荒川打ち上げ会で処理します。それからサロマ湖オフィシャルDVDをおかしますよ!イメージトレーニングでもしてくださいね。

投稿: aloha!moana | 2006.03.08 14:31

>まささん
いやー本当に女性は強いですよ。特に出産経験あるママさんには全く太刀打ちできまへん。

>ネオスさん
たいした結果では無かったので、あまり期待しないでくださいね^^)。

>むろぴいさん
辛くなったら仮眠してましたので、24時間一睡もしないで走ってはないんですよ。

>shobunさん
鉄人さんみたいな猛者の域までまだまだ行ってませんねー。「飛翔千葉UM」は5月28日なんで、クリールのHPでエントリーしてね。

>アロハさん
いつもお世話になってるので気を使わないで!
サロマ絶対走りたいけど、仕事の都合で参戦できるかまだ流動的。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.03.09 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/8975302

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間チャリティラン・ウォーク参加レポート-前編:

« 2月の鍛錬距離 | トップページ | 24時間チャリティーラン・ウォーク参加レポート-後編 »