« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の7件の記事

2006.03.30

平成の志士を目指して!-2年越しの挑戦-②

__hr_DSC_5432■レースの概要■

「山口100萩往還マラニック」は、5月のゴールデンウィークの3日間、山口市内の法隆寺・醍醐寺と共に日本三名塔と評されている国宝である五重塔が美しい瑠璃光寺(るりこうじ)をスタート・ゴール地点にして開催されます。

戦国時代に毛利氏が栄え、幕末にはその子孫である長州藩の志士が日本を変革すべく活躍したであろう歴史の道を舞台にしているので、歴史小説好きには本当にわくわくするたまらんシチュエーション。自己の限界に挑戦する超長距離の種目から、歴史の街道や史跡をゆっくり散策しながら楽むウォーキングの部まであるユニークな大会です。

レースは、初めて走るランナーには非常にわかりにくいルートを地図を頼りにたどって行き、途中に250kmの部は10ヶ所、140kmの部は5ヶ所のチェックポイントが有り、事前に渡されたチェックシートにCPでパンチを受けながらゴールを目指します。チェック漏れやシートを紛失したら失格となる、オリエンテーリングの要素も含んだレースなんですよね。全ての種目の参加者の合計は1,000人を超える規模になり、記録は取るけど順位の表彰はありません。

1)種目・制限時間

<マラニックの部>

A(ホワイト)250km 5月2日 18:00~ 制限時間48時間

B(ブルー)140km 5月3日  18:00~  〃   24時間

C(グリーン)70km 5月4日  6:00~   〃   12時間

D(イエロー)35km 5月4日  6:00~   〃   7時間半

<歩け歩けの部>

E(ピンク) 60km 5月3日  20:00~

F( 〃 ) 35km 5月4日  6:00~

*( )内はゼッケンの色

*Eの60km部のみ防府市スタート

*D、E、Fのゴールは萩

2)エイド 

約10キロ毎 (エイド以外では飲食物が得がたいのでドリンクボトルや携行食は必須)

3)会場へのアクセス

・新幹線  新山口駅下車し在来線の山口線で山口駅下車。

・飛行機  山口・宇部空港から新山口駅まで特急バスありその後は上記。

・深夜バス 東京・横浜・名古屋・大阪方面から長距離深夜バス運行。      

続きを読む "平成の志士を目指して!-2年越しの挑戦-②"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.03.26

平成の志士を目指して!-2年越しの挑戦-①

■萩往還への想い■

001 日本版「スパルタスロン」と言われている「山口100萩往還マラニック」という鉄人レースが、平成元年から毎年5月のゴールデンウィークの時期に開催されていることは、ウルトラマラソンの世界に足を踏み入れてみたいと思った2003年10月頃から知っていましたけど、当時はまだフル2回なんとか完走できた駆け出しランナーで、初100キロのレースを何処にしようか迷っている時だったので、そのうちいつかはチャレンジしてみたいな~ぐらいの漠然とした気持ちでした。

最長種目の250キロの部は、コースは風光明媚な山口県内の14市町村にまたがり、3日間ほとんど寝ないで昼夜を徹して、明治維新の志士がかけ抜けたであろう歴史のある街道を走り歩ききるという、肉体的にも精神的にもかなり厳しく過酷なレースです。普段走っているランナーへ、この大会参加したいと言うとかなり引いちゃうし、ましてやランニング未経験の方には到底理解できないクレイジーな世界なんでしょうね。

たまたまレースのタイミングが合わなく1年間の準備期間を経て、2004年の10月に初めて「えちご・くびき野100kmマラソン」で、ウルトラマラソンを走り、今まで体験したことない心の底から込み上げてくるような感動を味わってから、ウルトラの世界にどっぷりとハマッテしまいました。そうなると、目標はやはり高い難しいところに設定したくなるし、そういう意識でいると、それなりになんとかしようとモチベーションも維持できて頑張ろうという気持ちになりますよね。ネットで先輩鉄人さん達の萩往還の完走記などを読んでいると、その強靭な体力や精神力の強さに感動や尊敬の念を抱くようになり、自分も絶対挑戦してみたいと強烈に想うようになってきたんですよね。

去年は「宮古島ワイドー」「奥武蔵」「秋田100キロチャレンジマラソン」「四万十川」などのウルトラマラソンの大会で、沿道の応援の後押しもあり自分の持ってる力以上のものを発揮できて、どれも納得いくレースが出来たので、満を持して今年こそは鉄人レースに挑戦!と思ってましたけど、去年から250キロの部の参加資格が変更になり、初参加は認められなく140キロの部を一度参加(完踏しなくてもOK)が条件になったので、2007年の250キロ参加資格をゲットするべく今年のGWの5月3日~4日は、24時間の制限時間で140キロの部に参戦します。

レースまで40日を切りましたけど、コースやレースの概要、山口や萩の歴史などをこれから少しずつ紹介していこうと思います。

========================================

========================================

<後記>

早いもので、このブログを立ち上げてから今日でちょうど1年が経ちました。なかなかこまめに記事をアップできませんし、ブログの内容や文章力など寂しいかぎりですけど、見に来てくれる方がいることを励みに、今後も頑張って続けて行きますのでどーぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.03.20

第9回東京・荒川市民マラソン参加レポート

P3190046 朝自宅を出る時は小雨模様の天気も、会場に到着する頃にはすっかり雨も上がり、晴れ男返上せずに一安心。途中マヒうりさんとバッタリ遭遇して一緒にヨヨベースへ。代々木RCの場所が去年と変わったということだったけど、「平山君」&「ヨヨのぼり」を即発見して皆さんとご挨拶&着替えて、ストレッチもアップもする時間なく、去年より1ブロック後ろの一般Bブロックのスタートラインへいそいそと行きます。

今回は、スピード練習は相変わらずほとんど出来なかったけど、2週間前に24時間走で120キロの距離を踏み、走り込みは充分だし、脚の状態も絶好調なので「狙うぞ!自己ベスト!24分切り!!」と気合十分。Tシャツにお手製のキロ4:40&4:50のスプリットタイム表を安全ピンで留め、ランシューは迷わずに「ターサーデュアル」を選択して花粉防止のためにナイキのグラサンかけて9:00にスタートし、ロスタイムは約2分でスタートゲートを通過しました。

続きを読む "第9回東京・荒川市民マラソン参加レポート"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.03.15

ジンクスを破れるか!?

03 巷では、ウルトラマラソンに魅了されてあちらのディープな世界にどっぷりのめり込んでしまうと、フルマラソンのタイムが伸びないとよく言われてるんですよね。2004年11月の「つくばマラソン」以降、やはりフルの自己ベスト(3:24:22)を更新できない低迷状態が1年半近く続いてます。

そのぐらいの時期からウルトラマラソン中心でレースを組むようになり、速く走ることより長い距離をゆっくり楽しく走ることに主眼がいって、普段の練習もLSDやトレイルラン主体になり、ハァーハァー、ゼェーゼェーと辛いスピードトレを真剣に行わなくなるからなんでしょうね。(画像は初フルの東京荒川市民マラソンでのゴール後。R誌の初フル完走特集に虫眼鏡で見ないと分からないぐらい小さいこの写真が載りました)

続きを読む "ジンクスを破れるか!?"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006.03.10

24時間チャリティーラン・ウォーク参加レポート-後編

P3050043 ■3月5日(日)0:15 50周(75k)■

日付が変わり走り始めてから9時間15分経過。ここまで全く睡魔に悩まされることなく、脚も少し重たいが変な違和感や痛みも感じることなくキロ6分のペースで走ってきたけど、まだ14時間強あると思うとかなり精神的にきつくなってきて気持ちがキレそうになってきます。アロハさんと周回中に0:30に休憩所でグビグビしながら仮眠しましょうということにしていたので、切りがいい50周で1回目の仮眠タイムへ。

休憩所の体育館はポカポカ快適な空間。少し横になって寝ようとするけど、頭が冴えていて全く眠気が襲ってこない状態。しばらくするとアロハさんもやって来たのでビールで取り合えず乾杯。飲んでる不真面目なランナーは見当たりませんでしたね(笑)。少し飲んだら頭がクラクラしてきてうとうとするも、やはりなかなか寝つけない悶々とした状態でも約1時間は寝れましたかね。だらだらしててもしょうがないので3時半にリスタート。

過去の100キロウルトラでは、レストステーションで座って30分もゆっくり休憩していたら筋肉が硬直して体を動かすのもひと苦労なので、最近はストレッチしながらとか立ったままで10分以内に給食や着替えなんかを済ませてます。約3時間も休んでいたので脚が固まってしまって動くのか心配だったけど、かなり回復していましたね。アップもせずにいきなりコースに出たので、体が温まるまで外の寒さに全身ブルブル震えながら走ります。

続きを読む "24時間チャリティーラン・ウォーク参加レポート-後編"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.03.07

24時間チャリティラン・ウォーク参加レポート-前編

P3040010 通常のランニングの大会は、決められた距離をいかに速く走るかタイムを競い合って順位を決めますが、ウルトラマラソンの国際大会等で多く開催されている時間走の場合(24時間走、48時間走)は、決められた時間内にどれだけ長い距離を走れるかを争うレースです。とてつもなく長い時間、見えないゴールを目指してひたすら自分や残り時間と闘いながら走らないといけないし、コースは屋内や屋外の400mトラックを周回するというのがほとんどなので、かなり精神的に大変な競技です。

■大会の主旨■

今回、お台場で開催された24時間走は、個人やリレーチームでウルトラ本来の良さである、ゆっくり楽しく走ったり歩いたりしながら(もちろん記録への挑戦するもよし)、各自各様にチャレンジして、小児がんの子供達へのチャリティーが主旨なので、初めての時間走でしたけど、あまり気合入れずに練習モードでの参加。

続きを読む "24時間チャリティラン・ウォーク参加レポート-前編"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.03.01

2月の鍛錬距離

2006年2月の鍛錬距離:212キロ 鍛錬日数:15日間

2月はもう少し走ったような気になってたのに、全然距離踏めてなく辛うじて200キロ超えたぐらいでした。2月はちょいと目先を変えて、週末は水泳トレや坂道トレなんかも取り入れたので、走行距離以上に脚や心肺機能へはいいトレーニングになったし、気分転換にもなりましたね。休走日はなるべく筋トレ(腹筋・背筋・腕立て・スクワット等など)も行うようにしていたので、効果はこれから出ればいいですけど。

◇3月のレース◇

■3月4日(土)・5日(日)「24時間チャリティーラン・ウォーク」(24時間個人の部)

臨海副都心・お台場の「船の科学館」がスタート&ゴールで、周辺の公園を周回する1.5キロのコースを徹夜でグルグルして来ます。初めての時間走なんでどうなるか?通常のレースは距離走だから、取り合えず頑張って走ればどんどんゴールへ近づいてくるけど、時間走は速く走っても相対的な距離は延びてゴールは遠くなるのでゆっくり休みつつ、参加ランナーと会話を楽しみながらお萩へ向けて徹夜走行の練習という感じで走るつもりです。それと、小児がんと闘う子供達へのチャリティーも兼ねているので(走行距離1km×5円を小児がんの治療・研究費として寄付します)荒川へ影響でない程度には走行距離も稼ぐつもりです。

■3月19日(日)「東京・荒川市民マラソン」(フル)

ここが私の初フルの大会で、今回で4年連続4回目の出場になります。初めての時は「サブ4絶対達成するぞー!」と、かなり気合入っててスタート前はガチガチに緊張。30キロ過ぎからのお決まりのフルの壁に苦しみながらゴールし、なんともいえない感動を味わえた自分が今は懐かしいですね。運営もしっかりしていてエイドも充実。河川敷の平坦コースで記録狙いには最適な大会なので、今回は自己ベスト出したいですね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »