« 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-① | トップページ | 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-③ »

2006.01.19

第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-②

P1160131 ■レストステーションから絶景ポイントの東平安名崎へ■

池間島を1周して、大橋ですれ違うランナーへ声かけながら50キロ地点のレストステーションである狩俣中学校グランドへ4時間57分かかって到着。ちなみに去年が5時間24分なので、約30分早い非常にいいペース。Tシャツだけ着替えて、ストレッチしながら白玉ぜんざいにクリームパン、バナナをコーラで胃に流し込み約10分の休憩でリスタート。先にスタートしていた関西のKさんにすぐに追い着き、ウルトラ話しながら約30キロ先の宮古で一番景色が美しく、2度目のレストステーションがある東平安名崎を目指します。そこまで頑張れば、残り20キロ切るのでゴールが見えて来るんですよね。

P1150069

P1150062

P1150072 P1150074

昼近くになり曇り空から太陽が顔を出してくると暑さが少し気になるので、エイド毎に首や頭に冷たい水をかけてもらい、濡らしたバンダナを首に巻いて暑さをしのぎます。60キロ過ぎた所で、コース上でストレッチしている鉄人アロハさんを発見!10キロの来間島大橋ではかなり上位を走っていたのに・・・。「どうしました?」「胃の調子が悪くて・・・」。去年の四万十川の時もかなり胃腸の具合が悪くて苦戦していたので、今回は医者で薬を処方してもらい、前日もビールを控えていたのにね。関西のKさんのペースを狂わせるのも悪いので、アロハさんへエールを送って次のエイドでKさんに先に行ってもらい、トイレ休憩して待つことに。

P1150075

しばし待ってると鉄人アロハさんが走ってきましたよ。暑さがこたえたのか?やはりかなり胃の調子が良くないみたいで、60キロ過ぎから歩きを入れながら回復を待って走って来たとのこと。ウルトラは本当に長丁場だけに何があるか分からないものです。

P1150076 P1150077

P1150078

そんなやり取りしていると、前日に遠足を走ったかどさんと小虫さんが疲れているにもかかわらず、車でコースを逆走して応援しに来てくれて砂漠にオアシスってぐらい、めちゃくちゃ嬉しかったですねー。コーラやスポーツドリンクを頂き、頭に水かけてもらい元気回復して、アロハさんには自分のペースで行くと告げて走り出します。

P1150080 P1150082 P1150084

去年は、東平安名崎までのゆるいアップダウンは辛いと感じなかったのに、今回はかなりきつく、この辺りはほとんど応援もなく前後にランナーもいないので一人旅。70キロ過ぎて突然脚が鉛のように重たくなり止まってしまいました。いつもは、歩きたくなってもエイドでストレッチしてしばらく我慢してればまた走れるようになるのに、この時は全く脚が動かない状態で頭がくらくらしてくるし・・・。脱水症状?でもこまめに水分補給してたよ。エネルギー切れ?いやいやこれも早くから給食を補給してたし・・・。1キロ走って500m歩いてみたいな状態になってきました。今までこんなに歩いたウルトラは無かったんで、もう自分自身情けないやら悔しいやら・・・・(泣)。81キロの関門閉鎖時間なんて頭に入れてなかったのに大丈夫かいな?とかなり心配になってきます。

P1150091 P1150096 P1150089

P1150094

P1160139

P1160147

走るのを嫌がってる脚をだましだまししながらキロ7分半の落ちたペースでなんとか東平安名崎の入り口へ。80キロ通過8時間44分。入り口では14:00スタートのハーフ組が待機してて、去年同様にヘロヘロしているこちらへ皆さん熱~い声援を送ってくれるので少しウルウル状態に^^)。去年ここは、物凄い強風だったけど、絶景の景色を楽しみながら走れたのに、今回はおり返しの灯台までなんでこんなに長いの?って感じでしたね。

81キロのレストステーションでまたまた、かどさん、小虫さんが待っててくれて、さとうきびアイスを買ってきてくれて完食。暑さがこたえてただけに美味かったですね~。「いやーもう、リタイヤしようと何度考えたことか・・・」の私の言葉に、かどさん「みんなそう思いながら頑張っているよ!」の一言で、自分の気持ちの弱さを再確認。そうそう、ランナーはみんな辛い状態だけど、自分に負けない強い気持ちで頑張っているだよね。約12分の休憩で、「もう残り20キロ弱なんだから気合入れていくぞー!!」とこれから95キロのシギラベイCCまで、またまた細かいアップダウンのつづくコースへ走り出します。

-次回へつづく-

|

« 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-① | トップページ | 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-③ »

「■宮古島100kmワイドーマラソン」カテゴリの記事

コメント

癒しの宮古島は、満月の夜に照らされた蒼い海が幻想的でしたね。浮間島大橋からの神秘的な情景が印象的でした。

伊豆大島はどんな情景で迎えてくれるのでしょうかね?3月末の1000ですが・・・多分風が強いのでしょうね!

投稿: aloha!moana | 2006.01.20 06:42

◆訂正◆
⇒3月末に開催されます大島ウルトラランニングは1000にエントリーします。

投稿: aloha!moana | 2006.01.20 06:49

海にざっぷーんと入りたくなりますね。

投稿: マハロ菊池 | 2006.01.20 08:46

あーきれいだなあ、心があらわれるなあ。
こ、ここからが更にきついわけですよね・・・

投稿: マカハ | 2006.01.20 12:16

今回は辛そうなレースだったんですね。風が無く暑かったからでしょうか?

写真を見てると去年のことが思い出されます。
やっぱり走りたかったなぁ。

投稿: こじろう | 2006.01.20 12:27

>アロハさん
月明かりの下で、来間島大橋を渡りながら海を見下ろすと、昼間と違う雰囲気のエメラルドグリーンの海が広がっていて奇麗でした。
大島はアップダウンもきつそうだから頑張って!

>マハロさん
暑かったし、奇麗な海を見てると泳ぎたくなりましたね。ただ、海で泳いでる人はいませんでしたけど。海びらきは4月みたいです。

>マカハさん
宮古はサーフポイントあるのかな?ダイビングエリアは多いので今度トライしてみたいですけどね。マンタを見ることが出来るらしい。

>こじろうさん
去年の台風の中で走ってるような強風はなんだったの?ってぐらい穏やかでした。脚が動かなくなったのは鍛錬不足でしょうね。皆で参加すると楽しいから、来年の参加権今から交渉だね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.01.20 22:45

こんばんは!

かなりつらかったのが伝わってきます。確かに沿道に誰も応援の人がいないんですね。
ちょー淋しい走りなんですね・・・・・・。

周囲の応援があるのとないのとでは、雰囲気が違うのでしょうね。

投稿: むろぴい | 2006.01.21 00:22

>むろぴいさん
応援もなく一人で淡々と走ってると本当にきついんですね。でも、身も心も辛い時の何気ない一言のエールがどんなに元気になることか・・・。不思議と力が湧いてくるんですよね。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.01.21 01:38

お台場24時間ですが、24時間(個人の部)でよいのでは?
疲れたら仮眠すればOKですよ!!
とにかく、24時間を走るこのとに集中してみませんか?疲れば休憩するもよしです!

投稿: aloha!moana | 2006.01.22 21:26

>アロハさん
出場するからには多分頑張っちゃう方なんで、24hは記録狙いの荒川への影響も考慮して決めますよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2006.01.22 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/8236217

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-②:

« 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-① | トップページ | 第16回宮古島100kmワイドーマラソン完走記-③ »