« 第11回四万十川ウルトラマラソン-② | トップページ | 四万十川-番外編 »

2005.10.25

第11回四万十川ウルトラマラソン-③

Pa160122 ■カヌー館(62キロ地点)■

ウルトラマラソンのレストステーション(事前に預けておいた荷物を受け取り着替え等が出来る休憩ポイント)は、ほとんどの大会で中間点の50キロ前後にあることが多く、「えちご・くびき野」や「宮古島ワイドー」では中間点過ぎにも2つ目のレストステーションが設けてあります。四万十川ウルトラマラソンは62キロ地点のカヌー館1ヶ所なので、中間点過ぎてからもうひと頑張りとちょいと長いなーと思いながら昼過ぎになんとか到着すると、入り口ではかなりのボランティアの方がランナーを盛大に笑顔で迎えてくれました。

Pa160123 Pa160124

第3関門62.2キロの貯金は2時間20分強。ポンポン軍団がめちゃくちゃ元気なパフォーマンスでのお出迎えだったので、写真撮ろうとカメラ向けると「みんなで一緒に写しましょうよ♪」ということで記念撮影。給食所では、大きめの鮭のおにぎりがあったので、「これ食べきれるかな?」と思いつつもぺロリと完食。四万十川のエイドは、おにぎりが置いてある給食エイドが数ヶ所だったのでかなりお腹が減ってたのかも。

Pa160125 預けておいた荷物を受け取り、自販機で疲労回復の魔法の?コーラを買っている時に「ヒロさん~!」と呼ばれる方向を見ると、なんと同じ代々木ランニングクラブのウルトラウーマンで、今回四万十川は3回目のラハイナさんだったのでびっくりしました。前夜祭やスタート会場では会えなかったのに、こんな所でラン仲間と遭遇できて嬉しかったですね。私より数分の違いでカヌー館に到着したみたいでかなり元気な様子。

カヌー館前の広場の芝生上にどっかりと腰をおろして、Tシャツだけ着替えて脚全体に冷却スプレーを吹きつけながらストレッチ。「あ~っ、このままこの芝生の上でゆっくししたいなー」との悪魔の誘惑に負けそうになるも約12分の休憩でボランティアの人達の声援に送られて再スタート。

■岩間沈下橋(70キロ手前)■

Pa160127 カヌー館を出て少し走ると、ラハイナさんの姿が遠くに見えてきたので追い着いてしばらく話しながら並走することに。レストステーションではほとんど休憩しなかったみたいなので「かなり気合入ってるなー」と感心。「50キロ過ぎの峠越えはいきなりだったのできつかった」と話すと「えっ!私の四万十完走記読んでないの!!」と怒られちゃいましたよ(笑)。70キロ手前で2つ目の岩間沈下橋を渡るコースになります。

Pa160129 Pa160130

70キロ通過タイム7時間42分。

Pa160131 第5関門での貯金は2時間30分弱。四万十川の流域に生息する生物は河川同様にスケールが大きく「うん!?これ蛇じゃないの?」と思えるほど太いサイズのミミズがコースにいて一瞬体が固まりそうになったり、カマキリなんかもかなり大型でした。

今夏の大型台風14号の影響で、四万十川市付近もかなりの被害を受けたとのこと。一部の走路にコケがこびり付いていて滑りやすかったし、途中の自販機にも藻が付着していたのでかなりの増水だったことがうかがえました。ゆったりとした流れの美しい四万十川も、近隣住民にとっては脅威となることもあるので、自然とは恐ろしいもんです。

Pa160132 80キロ手前のエイドでラハイナさんは休憩するとのことなので、エールを送って先に行きます。80キロの通過タイムは8時間54分。さすがに単独走になると、脚がずしりと重たくなってきました。

■フィニッシュの中村中学高校グラウンド■

Pa160133 Pa160134

<90キロ手前の四万十川>

Pa160135 90キロ通過タイムは10時間01分。残り10キロを切ってからは、前半の峠の下りを飛ばして走ったツケがまわってきたみたいで、走路の少しの段差につまずきそうになるぐらい脚が思うように上がらなくなってきました。

この頃になると、追い抜かれるのはゼッケンが3,000番台の60キロ組で、ランナーもばらけて前後に100キロ組の姿はあまり見られなくなります。ただ、沿道の応援や誘導員の数が多くなり、ランナーのゼッケンをプログラムで確認して名前を呼んで応援してくれる方が多いので嬉しかったですね。 

四万十川を眺めながら脚の痛みを紛らわし淡々と脚を進めて行くと、私の少し後ろを追い抜くわけでもなく、一定の距離を保ちながら走っているランナーの気配を感じます。残り7キロ付近で沿道の応援の人が「ラハイナさんがんばって!」の声に「あれ?」ふり返ると、いやいや80キロ手前で別れたラハイナさんが追い着いて来てましたよ。「そんじゃー、ゴールまで一緒に走りましょう」ということでまた並走してゴールを目指します。

残り3キロ付近から道幅が狭い林道を走るコースになり、途切れない応援に励まされます。ゴール制限時間が午後7時30分なので、コース沿いに日没用の投光器が用意されており、走路は収容バスと一般車両とのすれ違い渋滞が何度かあり、脚が言うこと聞かないので車を避けるのにひと苦労。日が暮れるとこの辺りでペンライトを渡してくれるらしいです。

Pa160136

ゴール手前の最後の短い登り坂。ここを越えればゴールまであと僅か。登りきると一気に下りとなり、中村中学高校のゴールまで道路の両サイドには地元の人達の温かい声援が多くなります。「あともう少し!頑張って~!」との沿道の声に背中を押されて少しウルウル状態に。ウルトラは何度走ってもすんなり走りきるなんてことはなく必ず苦し思いをするのに、このなんとも例えようがない喜びの瞬間があるからまた走りたくなるんですよね。

Pa160137

四万十川ウルトラマラソンで有名な「紙ふぶきポイント」。地元のちびっ子が、通過するランナーへ豪快な紙ふぶきを降らせて派手に迎えてくれ最高に気分よかったですね。ただ不覚にもゴールゲートと勘違いして立ち止まってしまい「ここはゴールじゃないよ!この先だよ。走って!」と言われちゃいました(笑)。冷静に見れば間違えることはないけど、心憎い演出に感動していたのと、早く楽になりたいという意識が入り混じってたんでしょうね。

Pa160138

こちらが正真正銘のゴールゲート。最後の7キロあまりはラハイナさんに引っ張ってもらったおかげで、歩きたい誘惑にも負けず大幅なペースダウンもすることなく、11時間09分のタイムでフィニッシュ。ラハイナさんはひとあし先にゴールして見事女子年代別4位でした。アロハさんは途中胃腸の具合が悪くなったらしく、かなり苦戦しながらも10時間30分台でゴール。100キロの部完走率は74%でした。

Pa160139 Pa160140a

Pa160142a Pa160143

ゴール直後に完走メダルを首に掛けてくれます。ボランティアの学生さんに椅子まで誘導され、シューズのRCチップを取ってくれたり、ドリンクやアイシング用の氷なんかも持って来てくれたりといろいろ世話してくれたので、ヘロヘロ状態の身にはありがたかったですね。

初めての「四万十川ウルトラマラソン」への参戦でしたが、抽選になるぐらいの人気のレースだというのも納得できる素晴らしい大会でした。緑豊かな山々に沿って雄大に流れる濃いグリーン色の四万十川は、最高に美しく走りながら心が癒されましたね。また、ランナーへの直筆応援レターや小石のメッセージ、スタート会場での幻想的なかがり火やゴール直前の紙ふぶき等のちょっとした演出にも感激しました。もちろん地元住民の方々や大会ボランティアの人達の温かいランナーへの応援も他の大会に負けないぐらい凄かったです。

スポーツライターの「夜久 弘」さんは「ウルトラマラソンは速く走るより楽しく走ることを競うレースである。ゆっくりと走ることによって景色を味わったり、周りの人と会話を交わしながら長い距離と時間をそれぞれがいかに充実させていくかのゲームである」と自著に記述してますが、まさしく四万十川ウルトラマラソンは楽しく走るというランニングの基本を再確認できた大会でした。

- 完 -

                

|

« 第11回四万十川ウルトラマラソン-② | トップページ | 四万十川-番外編 »

「■四万十川ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

知らない土地で名前を呼んで応援してもらえるなんて、感動しますよね。
北海道マラソンはそういうのがなくって寂しかった。

投稿: あくび | 2005.10.26 00:11

こんばんは。

いや~、お疲れ様でした。また、完走、おめでとうございます(^^)
でも100kmもよく走られると思います。
ヒロ児玉さんの精神力、すごいですね。

投稿: むろぴい | 2005.10.26 00:39

その土地の人々と自然と、エイドのボランティアと、全てがウルトラマラソンの舞台になっているんですね。
正直、参加されたヒロさんが羨ましい、という気持ちが一番です。

投稿: payuta | 2005.10.26 11:00

ふたたび、お疲れさまでした。
毎年参加する大会がどんどん増えてしまいそうですなあ。

投稿: マハロ菊池 | 2005.10.26 12:19

携帯から拝見!後半の画像は見えませんが、文書から察するとなかなかよい画像取れたようですね!
四万十川は、昨年同様にベスト記録を更新していました。そのゲンを担いで、9時間30分斬りを目指したのですか・・・。宮古島ワイドーで、リベンジしますよ!

それから、宮古島ツアー手配しました。ちなみに、こじろうさんもとりあえずメンバーに入れておきます。
来年6月はサロマ湖に挑戦しましょう!

投稿: アロハ | 2005.10.26 17:06

ウルトラで食べるおにぎりは格別でしょうねぇ。お腹減ってきました!

投稿: せぇ | 2005.10.26 19:23

>あくびさん
名前呼んでもらうとびっくりするぐらい元気でますよ。フルと比べてウルトラはゆっくりペースで走ってるから、応援する方も余裕があるのかも。

>むろぴいさん
秋田よりは多少楽に走れましたけど、やはり今回も地元の人達の応援の力に後押しされた結果ですね。

>payutaさん
ウルトラは10数時間の間にいろいろな感動を味わえるレースなので来年あたりぜひ挑戦してみてください。いいですよ~。

>マハロさん
まだまだ挑戦してみたいウルトラは山盛りなんで、楽しみですけど体がもつのか心配ですよ。でも、行ける時に行かないとね。。。

>アロハさん
アロハさんのどアップ画像は載せてませんのでご心配なく^^)。年明け早々の宮古も楽しみですね。宮古の強風に負けないように鍛錬しないと。

>せぇさん
やはりウルトラは長い時間走るので、おにぎり等の炭水化物系はありがたいですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.26 23:41

ヒロ児玉さん
四万十川、お天気にも恵まれて存分に楽しまれたようですね。
夜久弘さんとはレンガの街舞鶴で少しだけ一緒に走った事がありますが、いろいろおしゃべりしながらで楽しかったですよ。
四万十川の大会もいつか行ってみたいですが、私の走力では、毎週ウルトラっていうわけにはいかないし・・・。

投稿: YOKKO | 2005.10.27 07:57

今の私の走力ではまだまだムリだけど、出てみたいなぁと思ってしまいました。本当にお疲れ様でした。

投稿: カイウラニ・ミカ | 2005.10.27 21:43

お疲れ様でした。
写真撮影しながら11時間9分でフィニッシュなんてスゴイですね♪
いろんな方たちの参戦記を読んでると、どれもこれも参加してみたくなってしまいます^^。

投稿: ネオス | 2005.10.27 23:17

>YOKKOさん
大会当日は本当に1日快晴で四万十川を存分に堪能しながら走れました。

夜久弘さんと一緒に走れたなんて羨ましい限りですよ。夜久さんの著作を読んだのがウルトラ走るきっかけのひとつでしたからね。「レンガの街」は途中、船で舞鶴湾を渡るウルトラですよね。

>カイウラニ・ミカさん
この前のオクトーバーラン皇居ミニイベントではどーもでした。ウルトラマラソンは楽しく走るレースですからいずれ挑戦してみてください。その前にフルですね^^)。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.27 23:43

>ネオスさん
どーもありがとうございます。ただ、ゆっく~り長い時間走るのが好きなだけなんですよね。野辺山の馬越峠もいずれ挑戦してみたいですよ。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.28 00:16

四万十を制覇となると、次は何ですかね?超人・鉄人の域まで行っちゃいますか?

夢は広がりますねぇー。

投稿: まさ | 2005.10.28 08:17

四万十川お疲れさまでした。完走記を読み終えた素直な感想は「来年出たい」でした。これまでウルトラに出ることは全く考えておりませんでしたが、いわゆるヤバイです。
来年参加するためには今シーズン中にフルでやることをやってしまわないとなぁ・・・。それにしても、素晴らしい大会、素晴らしいレポートでした。

投稿: かみの | 2005.10.28 23:58

>まささん
いやいや超人・鉄人の世界なんてとんでもありません、凡人ランナーですよ。でも、まだまだいろんなウルトラのレースありますから何年かかけて制覇したいですね。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.28 23:58

>かみのさん
軽~く皇居12周もしちゃうんだからもう立派なウルトラランナーですよ。私はサブ3は絶対不可能な走力ですけど、かみのさんは是非達成してから危ない病みつきになる世界に挑戦してくださいね^^)。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.29 00:11

ヒロさんのウルトラはホントに大会を楽しんでますよね。やっぱり楽しく走らないと意味ないですよね、ウルトラは。来年もいろいろ出るんだろうな…。
どこかで、一緒に走りたいですね。

投稿: かど | 2005.10.31 01:17

>かどきちさん
最近は、それなりのタイムで走るフルは体に悪そうなんで、気楽に走れるウルトラの方がいいですね。来年も参加したいレース目白押しなんで選択するのが大変ですよ(汗)。

また、トレイルラン練習会やウルトラのレース等では宜しくお願いしますね。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.31 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/6554138

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回四万十川ウルトラマラソン-③:

« 第11回四万十川ウルトラマラソン-② | トップページ | 四万十川-番外編 »