« 9月の鍛錬距離 | トップページ | 第6回東京夢舞いマラソン応援記 »

2005.10.08

秋田100キロチャレンジマラソン完走記-④鷹巣商店街からゴールへ

P9250099 ■応援の力■

気が遠くなるような100キロの道のりをゴールまでたどり着こうと思うと、当然長い時間走り続けられるスタミナや、脚の筋持久力が要求されますが、はやり完走するのに最も重要なものは「最後まで気持ちがキレないで、絶対ゴールしてやるぞ!」という最後まで諦めない強い精神力ではないですかね。

ただ、長い時間走っていると気持ちの波が必ずあり、かなり脚が痛くて辛い精神状態になって気持ちがキレそうになることが何度となくある時に「がんばって!」の一言に勇気づけられどんなに元気回復したことか。本当に沿道の応援はありがたいものです。この秋田の大会でも、前半の雨の中で傘をさしての熱い応援があったり、大覚野峠過ぎて阿仁町、森吉町、合川町と街中を走るようになると、沿道の応援も多くなりご老人が一生懸命に声援を送ってくれて嬉しかったですよ。もし私が、沿道の応援が全く無いようなウルトラマラソンに出場したら間違い無く最後まで走りきれないでしょうね。それぐらい応援の力って完走へのエネルギー源になります。

003 004 

60キロの通過タイム6時間33分。写真撮っているとまたまた「つくばラン」のTさんと女性ランナーに遭遇。女性ランナーの方は3回目の秋田で、いつも70キロまで目いっぱい飛ばしてその後は歩いてゴールするとのこと。人それぞれいろいろな楽しみ方がありますね。

006 008

65キロ手前の北緯40°ゲート。ここを通過するランナーの写真を撮ってくれます。もちろん有料でゴール後に購入。70キロ通過タイム7時間38分。曇り空から晴れ間が見えてくるようになり、50キロ組の黄色ゼッケンのトップ集団が、白ゼッケンの100キロ組に「ナイスラン!ガンバです!」と声を掛けてくれて、力強い足取りで脇を通り過ぎて行きます。

■収穫時期の田圃地帯■

009

014

前半の雨模様とは打って変わり快晴に。秋田県産業の主力商品のひとつである「あきたこまち」の稲穂が豊かに実り鮮やかな金色に輝く田圃地帯を走りますが、国道105号線は一直線に長く続き単調でかなり精神的にも辛くなります。もうこの頃になると、部分的な足底や膝の痛みを感じるよりも、脚全体が鉛のように重くなり、腕が上がらなくなってきました。自分の意思と反して脚のストライドが伸びないので、腕に力を入れて身体を持って行こうとしていたためか右腕も悲鳴をあげた状態。5キロ毎のエイドまでは歩かないようにと決めて行くも、エイドの中間点の給水所でもストレッチで立ち止まるようになってきます。走り出そうとするも脚が動かなくてひと苦労。

010 011

75キロ過ぎの「みちのくトピ」という私設エイドで、50キロの部に参加のアテネパラリンピックゴールドメダリストの高橋勇市さんにまたまたお会いしました。伴走は奥さんとのこと。高橋選手とは「東京CR」「奥武蔵」「北海道マラソン」と、本当に参加するレースが被ります。それと、日本のウルトラマラソンの第一人者である沖山健司さんも今回参戦していました。私がまだUM走る前に東京学芸大学で開催された第一回ウルトラマラソン練習会「いろはにほへと塾」に参加した時に「初めて走るUMのお薦め大会はどこがいいですか?」と聞いた時に「秋田がいいですよ」とアドバイスしてくれた方です。80キロ通過8時間51分。もうキロ7分以上にペースが落ちてきます。

015 016

エイドで秋田美人を発見したのでパシャリ。隣の方は製造元でした^^)。エイドのお母さんが「ツーショット撮ってあげるから横にならんで!ハイ笑って!」と言われるもかなり疲れているので普通に笑えません。エイドでのこんなやり取りもいい気分転換になりますよ。

■鷹巣商店街からゴールへ■

017 020

90キロ通過10時間6分。もう後10キロ!1時間ちょいの辛抱でゴール出来ると思うと気分的には楽になるもストライドは競歩?ってぐらいにちょこちょこ走りにもどかしい思い。90キロを過ぎると残りの距離表示は1キロ毎になり、残り5キロのトンネルを抜けて鷹巣の市街地が眼下に見えてくると俄然元気になってきます。

b018 ウルトラマラソンの楽しさと言うか、また走りたくなる要因は、ゴールした時のなんとも言えない感動、達成感を味わえるところですね。長い時間いろいろなドラマがあり、負けそうになる自分の気持ちと脚の痛みと闘ってやっと鷹巣商店街に入ると、ゴールの北秋田市交流センターまで商店街の方々が店先に出てきてくれて「お帰りなさい!よく頑張ったネ!お疲れさま!」という感じで途切れない熱い声援をランナーへ送ってくれます。商店街に入った時にゼッケンと名前のコールを聞いた瞬間、今まで耐えてきた気持ちがふっと緩み、もう目頭が熱~くなってきました・・・。商店街の応援の皆さんへ手を上げて応えながらやっとゴールテープを切り長い一日が終わりました。ゴールタイム11時間20分。

023 024 025 022

鷹巣の世界一の大太鼓が力強くランナーを迎えてくれて、なんとか明るい時間にゴールできて感無量。ゴール後は地元の高校生がいろいろ面倒みてくれました。

■後夜祭■

b029 b030

028

後夜祭の風景。ビール飲み放題できりたんぽ、稲庭うどん&おでんで腹ごしらえ。ミス秋田のお二人も笑顔で疲れを癒してくれます。

■秋田内陸縦貫鉄道の旅■

b33 b34

レース翌日にゴールの鷹巣からスタートの角館へ秋田内陸縦貫鉄道に乗車して昨日走ってきた秋田路100キロを約1時間半かけてたどって行きます。列車で同席したのは、8回完走している山形から参戦の年配ランナーと青森から来られた4回目のランナー。お二人ともコースをよく知っているので、「あそこが70キロのポイントだよ」とか「あの辺りが今回新しくできたエイドだった・・」と車窓から見えるコースをいろいろ解説してくれるので、昨日走ったコースの記憶もよみがえって有り難かったですね。青森のランナーは話していたらUMMLerということが分かりウルトラ話で盛り上がりました。「こんな素晴らしい景色の中で走れて最高でしたよ」と言うと、お二人とも「私らはいつもこんな感じのところ走ってるよ。逆に高層ビル群の間を走ってみたい」と言ってましたね。後2週間遅いと列車から見える紅葉は最高に美しいとのこと。

今回は3回目の100キロウルトラの中では後半脚にきて一番苦労したレースでしたが、走りながら秋田の豊かな大自然の美しさを満喫でき、沿道やボランティアの心温まる応援に秋田県人の真心を感じられた評判通りの素晴らしい大会でした。あの鷹巣商店街を駆け抜けてゴールするなんとも言えない感動は忘れられないです。来年もまた参加したいけど、「えちご・くびき野」が2週間後だしさて困ったな~。身体2つぐらい欲しいですよ。

秋田の自然と人に感謝!感激!

-END-

|

« 9月の鍛錬距離 | トップページ | 第6回東京夢舞いマラソン応援記 »

「■秋田100キロチャレンジマラソン」カテゴリの記事

コメント

秋田制覇ご苦労様でした。お約束の♀の写真いっぱいですね。次は四万十美人かぁ~。

投稿: まさ | 2005.10.08 13:24

鷹ノ巣商店街の皆様には、感謝感激ですね!!応援は力なり・・・納得賛成同感!!などなど。
そんな力を信じて、日本山岳に参加する皆さんを応援します。長い一夜になりそうですよ。

W&AのHPにて、リアルタイムで現地の状況をお知らせ致します。ご覧下さい。

まささんと言葉には賛成です・・・・次は高知美人ゲットですかね?

投稿: アロハ | 2005.10.08 17:03

>まささん
秋田はさすがに美人の宝庫だけあって、色白の秋田美人をかなり見かけましたよ。なんだか走りに行くよりツーショット撮りにレース行ってるみたいで・・・。

>アロハさん
日本山岳耐久レースDNSは残念。鉄人さんなら軽く山耐こなして四万十川で記録更新なんて楽勝に思えますけどね。サポート頑張ってください。

来週の四万十川は宜しくお願いします。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.08 21:45

途中のエイドでお約束のツーショットいいですね~。四万十川でもいい写真期待してますよ!

投稿: こじろう | 2005.10.08 22:49

>こじろうさん
そんじゃーこじろうさんのために、四万十川でもいい「絵」撮ってきますけど、タイムも期待してくださいナ^^)。山耐18時間で完走して夢舞いに間に合うようにガンバって!

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.09 00:50

ナイスラン!!!(パチ、パチ、パチ)

100km、よく完走されたと思います。
ヒロ児玉さんご自身の体験談ですから、読んでいるこちらの心が響きました。
ありがとうございました(^^)

投稿: むろぴい | 2005.10.09 11:18

うおぉ~!100キロ完走お疲れさまでした。

私は最高で30キロ弱しか走ったことないので、100キロはやんわりとしかイメージできないですね。そして実際に走ったら全く違ったりするんでしょうね。

北海道には100キロのレースがいくつかありますので、いつか参加して完走できることを遠い目標に掲げてみたいと思います(いつになるんだろ)。

投稿: せぇ | 2005.10.09 14:13

>むろぴいさん
なんとか完全燃焼できてゴールの感動を味わえました。

>自身の体験談ですから、読んでいるこちら  の心が響きました。

そう言って頂けるととっても嬉しいです。完走記書いてるとまた100キロ走ったみたいで疲れました(笑)。

>せぇさん
ウルトラマラソンはいろいろな出会いがあったり、景色や会話、エイド等を楽しみながら走れるのでキツイけど楽しいですよ。

まずはフルの感動を味わってからUMの世界へどーぞ来てみてくださいな。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.09 20:01

おはようございます
よく見たら5年前の記事なんですね。すみません・・・
昨日 うちのブログに100キロマラソンの記事を書いて
実際はどんなんかな?と検索してたら ココに来ました^^;

素晴らしい。完走されたんですね。参考になりました。
ランナーの心意気に触れることかが出来ました♪

投稿: tonamikousen | 2010.09.19 09:26

>tonamikousenさん
コメントありがとうございます。今年参戦するのですか?

そうなんですよ、秋田は5年前に初参戦し、景色や
応援、エイドなど素晴らしかったですよ。その後、延期
になったり、タイミングが合わず。また走ってみたいウルマラですね。

投稿: ヒロ児玉 | 2010.09.19 11:29

うわぁ、感激。お返事いただいて恐縮です^^;
学生時代、駅伝部のマネージャーはやったのですが
自身は走ったことがありません。なのでランナーを尊敬してます。
これをご縁に 雪国より応援させて頂きます♪


17日(金)で ちょっと紹介。
よろしかったら読んでください。

投稿: tonamikousen | 2010.09.19 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/6297038

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田100キロチャレンジマラソン完走記-④鷹巣商店街からゴールへ:

« 9月の鍛錬距離 | トップページ | 第6回東京夢舞いマラソン応援記 »