« 第11回四万十川ウルトラマラソン-① | トップページ | 第11回四万十川ウルトラマラソン-③ »

2005.10.23

第11回四万十川ウルトラマラソン-②

Pa170146■前半の峠越え(21キロ付近)■

蕨岡中学校をスタートして30分も走ると、辺りも明るくなりランナーの顔や緑の山並 がはっきり分かるようになってきます。秋田ではスタート位置が先頭付近だったので、回りにつられて前半はオーバーペースになり結果的に後半苦しんだので、今回は後ろの位置からスタートして自分のペースで抑えながら走ります。10キロ通過1時間04分はまずまずの出だし。

Pa160065 Pa160066 

Pa160068 Pa160069

Pa160073 Pa160074

Pa160075 Pa160076

序盤のコースは、21キロ付近の峠のピーク(H=約600m)まで徐々に登りで、勾配がきつくなるのは約15キロ過ぎ。18キロから頂上までの3キロぐらいが一番勾配がきつく、右上写真のガードレールの方向へと登って行き、峠の頂上手前のエイドでひと休み。20キロ通過2時間10分。

Pa160077

峠の頂上付近から見る朝日に輝いた山並の眺めは絶景でした。

Pa160081 Pa160082

「奥武蔵」を完歩でなく完走したランナーなら、多分楽勝に走りきれる程度の登りだけど、ピークを過ぎると今度は四万十川が見えてくる32キロぐらいまで一気に下りになります。下りは抑えて行かないと脚にくるのが分かっちゃいるのに、追い抜く快感に浸りながら調子こいてこの下りはかなり飛ばして走ってしまい、やっぱりそのつけが後半残り10キロぐらいからじわじわ脚にきました・・・。30キロ通過3時間9分。

■四万十川と合流(32キロ付近から)■

Pa160084 Pa160085

<写真は33キロ付近の四万十川>

Pa160119 Pa160120

<写真は60キロ付近の四万十川>

沿道の誘導員が「もう少しで四万十川だよ」との声を聞いてわくわくしながら走って行くと、上流付近で急流のためか「ゴーッ!」と荒々しい音を立てて蛇行しながら流れている美しい四万十川についに合流します。これからはゴールまで、この四万十川に沿って走るコース設定。四万十川は四国最長の一級河川で延長約196キロ。上流は岩場も多く比較的急流なので力強い男性的な印象でしたけど、下流に行くに従い川幅も広くなり、流れも緩やかになって透明度も高く、白い砂州とのコントラストが非常に綺麗で母のような優しい表情の河川になって行きます。いろいろ変化があって面白かったですね。

Pa160089

Pa160086 しばらく四万十川を眺めながら走って行くと、大阪からやって来たと言うUMMLerの応援の方に遭遇したので、「四万十川をバッグに写真撮ってもらいますか?」「しゃーないなー。はい!笑って~」。ここまでずーっと一人旅の状態だったので、しばしの会話で元気もらいましたね。

Pa160090 Pa160096

Pa160097 Pa160099

第1関門の36.6キロ地点を通過し貯金は約1時間40分。ウルトラは今後何が起こるか分からないので、お金同様に時間の貯金は多いほどいいんです。十和村の給食エイドでは、地元のご老人の温かい声援や中学生が元気にハイタッチでランナーを迎えてくれました。ここまで脚の状態も全く問題なくエイドではクリームパン&おにぎりでエネルギー補給。

50キロ通過は5時間14分。

■半家沈下橋(50キロ過ぎ)■

Pa160107

Pa160111

Pa160109 Pa160110

50キロ過ぎて四万十川の名物である沈下橋を初めて渡ります。この橋を渡り、折り返して帰ってくるコースになっているので、ランナー同士エールの交歓ができ、折り返しポイントでは熱い応援があります。沈下橋は、増水時に川に沈むように設計された欄干のない橋で、四万十川の沈下橋は本流に21ヶ所あるそうです。秋田の時に一緒に並走した年配ランナーから「欄干ないから落ちないでよ」と言われたけど、低い橋なので心配なかったですよ。

■2度目の峠越え(54キロ付近)■

Pa160113 Pa160114

半家沈下橋を渡ってすぐに2度目の峠越えになります。「後半にもきつい登りがあるよ」とは聞いていたものの、何キロ地点から始まるのか頭に入ってなかったので、いきなりの勾配きつい登りに6時間近くも走っている脚もびっくりするも、数キロで下りになるので短くてひと安心。

Pa160116 Pa160121

Pa160118

第2関門56.8キロ地点での貯金は2時間15分あまりでいい傾向。60キロ通過タイム6時間23分。昼近くになり気温も上昇しエイド毎に首や脚に水を掛けながらのレースになってきました。<写真下は、60キロ手前の沈下橋>

-つづく-

|

« 第11回四万十川ウルトラマラソン-① | トップページ | 第11回四万十川ウルトラマラソン-③ »

「■四万十川ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

始めはけっこう山なんですね。夢舞Tシャツで走ってる方もいますなあ。

投稿: マハロ菊池 | 2005.10.23 21:25

おおお~~よくまあ・・・写真撮りましたね!!
その分、ロスタイムですかね?

ウルトラは、のんびりと走るのが最高でしょう!!記録を狙ってはいけませんよ!!
はい・・・。

投稿: アロハ | 2005.10.23 22:17

ちなみに、四万十川Tシャツの背中のモデルはアロハであります。

今回は、ロングスリーブTシャツで愛用しておりますよ!!

投稿: アロハ | 2005.10.23 22:20

最初の峠越えはヒロさんなら楽勝じゃなかったですか。
写真を見ていると去年走ったの記憶が思い出されます。今年も参加したかった~

投稿: こじろう | 2005.10.23 23:50

>マハロさん
四万十川は美しい山に囲まれた中を流れているんですよね。景色がいいので、最初の峠越えも気分良く走れますよ。最初の沈下橋走ってるのは夢舞いTランナーだったこと今確認しました(汗)。

>アロハさん
ウルトラの楽しみ方は人それぞれでしょうね。私はあまりタイムにごだわるとフルみたいに辛くなってくるのでほどほどにするようにしてますけど、楽しんでタイムもよければ最高ですね。

>こじろうさん
奥武蔵走るとなんだか普通の峠が物足りなくなる錯覚に陥りますね(笑)。四万十は本当にいい大会でした。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.24 00:57

四万十の風景を満喫しました(^^)
走りながら撮影されたヒロ児玉さんは大変だったでしょうけど・・・。

投稿: むろぴい | 2005.10.24 08:48

ウルトラの貯金も利息が付けばいいのにねぇー。って、努力しなきゃ貯金が増えないのは現実といっしょかぁ。

投稿: まさ | 2005.10.24 17:50

>むろぴいさん
四万十川の大自然のよさを画像を通じて伝えたいと思いながら走ってました。写真撮りながら走ってるといい気分転換にもなるんですけど、余裕がなくなった頃の写真はないんですよね。

>まささん
ウルトラは長丁場だけに、順調に利子生活してると思ってうかうかしてると借金背負うこともあるので難しいですよ^^)。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.10.24 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/6529920

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回四万十川ウルトラマラソン-②:

« 第11回四万十川ウルトラマラソン-① | トップページ | 第11回四万十川ウルトラマラソン-③ »