« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の10件の記事

2005.10.31

四万十川-番外編

aPa160144 ■民宿「中村」■

四万十川ウルトラマラソンでお世話になった宿が民宿「中村」というところだったんですけど、そこの 若女将さんはよく気配りのとどく声が大きく元気な人で、なんとなく坂本龍馬の三つ年上で龍馬に剣術を教えたおてんば乙女姉さんって印象でしたね。私のことも名前で呼んでくれて、レース当日の朝は「ヒロさんがんばってや!」って元気に送り出してくれました。朝晩の食事も四万十川の名物の、川海老のから揚げ、うなぎの蒲焼、マスの押し寿司(軽く焼いてある)や鮎の塩焼き、沢蟹、もちろんたっぷりあぶらがのってる下り鰹のたたきなどなど、とーっても旨かったですね。

aPa150041 aPa150043

■高知城■

レース翌日は、重たい脚にムチ打ちながらレンタカーで高知市内観光へ。

aPa170148 aPa170150

aPa170153

まずは、来年のNHK大河ドラマ司馬遼太郎の「功名が辻」の山内一豊が築城した高知城を訪れました。一豊は、信長、秀吉、家康と戦国武将の英雄3人に仕え、関が原の戦いの小山軍議で西上して三成を討つことを表明した家康に対して、最初に同意するの発言で家康に認められ、戦後の論功行賞で遠州掛川五万石の小大名から一挙に土佐ニ十四万石へと大出世したサラリーマンの鏡みたいな方です。妻のお千代さんは夫をどこまでも立てる賢夫人としても有名です。天守閣まで登って高知市内を見渡しながら戦国武将になったような気分になりましたよ。 

aPa170158 ■坂本龍馬 誕生地碑■

そして、高知城からすぐの所にある上町1丁目の坂本龍馬の誕生地碑を見に行きましたけど、民家に挟まれて申し訳なく建ってるような碑でした。

龍馬の時代は、山内一豊の子孫である山内容堂さんが土佐藩主で、当時の長州藩や薩摩藩と比べ階級制度が厳しく、坂本家は郷士(四国を切り取った長曾我部元親は関が原で三成の西軍だったので、その旧臣は山内家が連れてきた子孫の上士と格段の差別を受けていた)というどんなにいい仕事しても藩の要職には就けないない低い身分の家でしたけど、城下では随一の金持郷士だったのに170年も経てば当然面影もないもんですね。

でも、ここから19歳で江戸に剣の修行に出て、北辰一刀流の最高位である大目録皆伝を得て、28歳で「自分の志を遂げるには土佐は小さい」と脱藩して旅立って行き、幕末に数々の活躍をして歴史の中心の一端を担った龍馬の心境を少しでも偲べた四万十川遠征でもありました。

aPa170159 aPa170161

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005.10.25

第11回四万十川ウルトラマラソン-③

Pa160122 ■カヌー館(62キロ地点)■

ウルトラマラソンのレストステーション(事前に預けておいた荷物を受け取り着替え等が出来る休憩ポイント)は、ほとんどの大会で中間点の50キロ前後にあることが多く、「えちご・くびき野」や「宮古島ワイドー」では中間点過ぎにも2つ目のレストステーションが設けてあります。四万十川ウルトラマラソンは62キロ地点のカヌー館1ヶ所なので、中間点過ぎてからもうひと頑張りとちょいと長いなーと思いながら昼過ぎになんとか到着すると、入り口ではかなりのボランティアの方がランナーを盛大に笑顔で迎えてくれました。

続きを読む "第11回四万十川ウルトラマラソン-③"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005.10.23

第11回四万十川ウルトラマラソン-②

Pa170146■前半の峠越え(21キロ付近)■

蕨岡中学校をスタートして30分も走ると、辺りも明るくなりランナーの顔や緑の山並 がはっきり分かるようになってきます。秋田ではスタート位置が先頭付近だったので、回りにつられて前半はオーバーペースになり結果的に後半苦しんだので、今回は後ろの位置からスタートして自分のペースで抑えながら走ります。10キロ通過1時間04分はまずまずの出だし。

Pa160065 Pa160066 

Pa160068 Pa160069

続きを読む "第11回四万十川ウルトラマラソン-②"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.20

第11回四万十川ウルトラマラソン-①

Pa150003 ■桂浜■

四国は初めて訪れる地なので、本番のレース以外に観光も楽しみのひとつでした。土佐の高知といえば、エネルギシュな踊りと南国風のコスチュームがカッコイイ「よさこい祭り」や生にんにくたっぷしの「鰹のたたき」や「皿鉢料理」なんか思い浮かべますけど、やっぱりあの幕末の風雲児「坂本龍馬」のイメージが強いですね。学生時代に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだ時に、誰にでも好かれる魅力ある人間性や陽気な人柄、行動力やスケールの大きさに憧れたし、かなり元気もらいました。ってことで、大会前日に羽田から空路、高知龍馬空港に入りしレンタカーを借りてまずは桂浜へ観光に行きました。

続きを読む "第11回四万十川ウルトラマラソン-①"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.10.17

最後の清流四万十川UM楽しんできました

Pa150020 2泊3日のアロハさんとの「珍道中?四万十川ウルトラマラソン」ツアーから帰ってきました。毎年抽選(当選確率65%らしいです)になるほどの人気の大会ということがよく分かるぐらい、日本最後の清流と言われている四万十川の大自然はと~っても美しかったですね。レース当日は朝から快晴で昼には気温28度で渓谷では蝉が鳴いてましたよ。

今回もレース中の様子をバシバシ撮ってきましたので、明日からアップしていくつもりです。

Pa160134

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005.10.12

四万十川UMのランナーへの応援メッセ

今年の5月に「飛翔千葉ウルトラマラソン」というローカルな60キロの大会に出た時に、ブログで知り会ったUMMLerのChamaさんと一緒に併走していろいろウルトラマラソンの話をしていた時に、「今まで走った中では四万十川UMが一番よかったよ。抽選だからエントリーだけでもしてみれば」と言われて、秋田の3週後だから脚の状態が回復するかどうかと思いつつも応募してみたら「当選!!」の通知が届くと、あまりそんな「当たり!!」って経験ないもんだから嬉しくなって勢いでエントリーしてしまいました。Pa120004

続きを読む "四万十川UMのランナーへの応援メッセ"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.10.10

第6回東京夢舞いマラソン応援記

002 「東京夢舞いマラソン」は大島幸夫氏が「世界の先進国のニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン等で必ず3万人規模のだれでも参加できる市民マラソンが開催されていのに日本にないのは恥ずかしい・・・行政、警察、陸連等越えなければならないハードルは高いが、東京の新旧名所を巡るフルマラソンを実現しよう!」という趣旨で2001年から開催されました。

去年初めて参加したんですが、参加ランナーは皆同じ夢舞いTシャツを着てタイムや順位は全く気にせずに、都心の歩道をファンランするというなかなか楽しい大会でした。今回は1週間後にレースが控えてるので断腸の思いで不参加でしたがクラブの仲間の応援&アフターに参加しました。

続きを読む "第6回東京夢舞いマラソン応援記"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.10.08

秋田100キロチャレンジマラソン完走記-④鷹巣商店街からゴールへ

P9250099 ■応援の力■

気が遠くなるような100キロの道のりをゴールまでたどり着こうと思うと、当然長い時間走り続けられるスタミナや、脚の筋持久力が要求されますが、はやり完走するのに最も重要なものは「最後まで気持ちがキレないで、絶対ゴールしてやるぞ!」という最後まで諦めない強い精神力ではないですかね。

ただ、長い時間走っていると気持ちの波が必ずあり、かなり脚が痛くて辛い精神状態になって気持ちがキレそうになることが何度となくある時に「がんばって!」の一言に勇気づけられどんなに元気回復したことか。本当に沿道の応援はありがたいものです。この秋田の大会でも、前半の雨の中で傘をさしての熱い応援があったり、大覚野峠過ぎて阿仁町、森吉町、合川町と街中を走るようになると、沿道の応援も多くなりご老人が一生懸命に声援を送ってくれて嬉しかったですよ。もし私が、沿道の応援が全く無いようなウルトラマラソンに出場したら間違い無く最後まで走りきれないでしょうね。それぐらい応援の力って完走へのエネルギー源になります。

続きを読む "秋田100キロチャレンジマラソン完走記-④鷹巣商店街からゴールへ"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.10.03

9月の鍛錬距離

2005年9月の鍛錬距離:255km 鍛錬日数:13日間

■第2回高尾TR大会 21km

■秋田100キロチャレンジカップ 100km

9月の平日は中間決算月のためあまり走れなかったし、秋田の後はOVERUSEにならないように1週間完全休養したのでこんなもんですかね。

10月はいよいよランナーズの「オクトーバーラン2005」が始まるので自然とモチベーションも上がってくるでしょう(サーバー遅くないですかね)。代々木RCから大挙30名参加するのでチーム戦も楽しみ。10月16日の「四万十川ウルトラ」への疲労ヌキもあるけど月間走行距離ベストの400km目指してぼちぼち行く予定です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.10.02

代々木公園撮影会&LSD大会

今日の土曜日は朝から秋晴れのいい天気の中、ヨヨTシャツ着た代々木RCのメンバーが代々木公園に集合。主宰のマハロ菊池会長のおかげで、7月にMSN主催の「HOTサークルチャレンジ2005」のイベントにて見事「ベストブログ賞」を受賞して賞金ゲットし、ヨヨTシャツやヨヨのぼりを作製。副賞でクラブのPRビデオが渋谷ハチ公前の巨大ビジョンに流してもらえるのでその撮影会でした。

b001 b003

最初は元陸上部のJavelinさんの講師役でアップのシーン。もちろんランニングクラブなんで、集団で走っているシーンをカットを替えて何度も撮影。カメラ目線は駄目ですと撮影クルーから言われちゃいましたね。

b006 b007

今度は皆で楽しく雑談しているところを撮るということなんでサークル組んで、初めて会うメンバーさんもいるので自己紹介などしながら和気あいあいと。

b011

ネット上のランニングクラブなんでやはりパソコンを扱っているカットも。屋外でPCもなんだか不自然という気もしますけどね。最後は全員集合して「代々木RC!オッー!!」っていうカット。「アップ撮るから笑って!」って言われてもカメラ意識すると何故か顔が引きつってしまって不自然な笑い。「代々木RC!オッー!!」が元気無いってことで何回かダメ出しがありった後にOK。

c012

「セクシーポーズするので撮ってくれ!」ちゅーことで一応・・・^^)なかなか楽しい撮影も約1時間で無事終了しどんなCMになるのか楽しみですよ。11月から渋谷駅前のスクリーンで公開予定なので皆さん夜の飲み会は渋谷で待ち合わせ場所はハチ公前ってことで。

a021 a015

お昼は代々木体育館横で「インドフェアー」開催中ということなので、インドカリー&ナン、シシカバブーにタンドリーチキン&黒生ビールでの昼食を堪能。屋外で食べるインド料理は格別でしたね。

b013

撮影終了してからちゃんと鍛錬もしましたよ。LSD大会で午前午後合わせて代々木公園内の周回コースを15周して終了しました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »