« 2005北海道マラソン完走記(前編) | トップページ | 8月の鍛錬距離 »

2005.08.31

2005北海道マラソン完走記(後編)

北海道大学の横を抜けて中間点を過ぎるといよいよお楽しみポイントへ。ハーフ地点から第1・第2折返しへと続く約15kの区間は、ランナー同士すれ違うコース設定になっているので、男女招待選手の走りを横目で見ながら走れて仲間とのエール交歓も出来るんですよね。気温はスタート後はしばらく蒸し暑かったけど、この時間になると太陽が顔を出さないかぎり暑さもそんなに気にならなくなってきました。

P8280091

018

019

「おっ!来た来た。。」遠くに先導車が見えてきて、男子トップはケニアのモカンバ選手が走ってきます。そのすぐ後ろには、渡辺選手、カリウキ選手、マイナ選手などが第2集団を形成して続いていきます。あちらは35km手前地点なんで一番苦しいところ。走後のフェアウェルパーティーでレースのダイジェスト版を流してましたけど、すぐ先の36km付近で渡辺選手がモカンバ選手をとらえてトップに立ってそのままゴールでした。

020

男子の招待選手が過ぎて数分してから、女子のトップ選手の姿が見えてきます。「よしよし!やっぱり千葉ちゃんがトップだぞ!がんばれ~!」余裕の表情でストライドも力強く快調に横を駆け抜けていきます。その後にまたまたよくレースでお見かけするアテネパラリンピック金メダリストの高橋勇市選手と遭遇。伴走者は旭化成の佐々勤さんでした。

20km~25kmのラップは24分50秒。続々すれ違う選手の中に仲間の姿を探しながら走っていきますが、脚が急に重たくなりもう写真を撮る余裕もなくなりずるずるとペースダウン。

25km~30kmのラップは25分26秒。スプリットが2時間26分16秒。第2折返しのちょっとした上りにも苦労するくらい脚に力が入らなくなってきます。「折返し地点両サイドは応援も多いだけに頑張らないと・・・。」

30km~35kmのラップは28分56秒。とうとう30km過ぎの給水所で辛くなって立ち止まってしまう。マラソンは30km過ぎから勝負とよく言うけど、情けないかな急激なスタミナ切れ状態になります。膝の屈伸しようとしゃがみ込んだ瞬間にふくらはぎとハムがつりそうになり、少し歩きを入れて回復を待ちまた走るも次のスポンジエイドでまたまたストップ。ちょっと関門閉鎖時間が気になりだしてボランティアの方に35kmの時間を確認。3時間16分なんで歩いても間に合いそうなんで一安心。

マラソンは本当に何度走っても難しい。一度キレて(歩いて)しまうと気持ちも弱くなってずるずる後退してしまう。全く去年と同様に、30km過ぎに何度も歩いて悔しい思いをするというレース展開になってしまいました。沿道の私設エイドのお母さんにあんぱん頂いて少し元気回復。「残り7kmは絶対歩かないでゴールするぞ!」と気合入れ直して脚を前に出していきます。

021

023

35km~40kmのラップは29分09秒。残り4kmぐらいからお天気雨のシャワーが降ってきて心地いい。札幌の中心街に近くなるにつれ沿道の応援も多くなり、すすきのの駅前通りからゴールの中島公園までは、一直線なので最後のふんばりでなんとかゴール。手元の時計で3時間37分15秒。3度目の北海道マラソンがやっと終わったという感じでした。後半はボロボロ状態で苦しみましたけど、ゴール後にはボーイスカウト君が完走メダルを首にかけてくてれた時はやはり嬉しかったですね。

025

026

フェアウェルパーティーが夕方18:00より札幌パークホテルで開かれ、選手や関係者約1,000人が参加。立食パーティーですが、レースのダイジェストがスクリーンに流れ、男女優勝者インタビューもあり、なかなかショウアップされて楽しいです。

029

030

男子優勝者の旭化成所属の渡辺共則選手。宗猛監督も嬉そうでした。

031

032

女子優勝者の千葉真子選手。大会新記録で2年連続3回目の優勝です。去年の千葉ちゃんは、アテネ五輪代表落選の悔しさをここで晴らした感じでしたけど、今年は堂々とスタートから独走で余裕を感じましたね。満面の笑顔で大きなメダルを掲げてました。10月9日にシカゴマラソンに出場するらしいので記録狙って頑張ってもらいたです。

前半お気楽モードとはいえ15kmまでの長い下りのペースが速かった分、後半にスタミナ切れを起こしたし鍛錬不足。やはり、大嫌いなスピード練習をちゃんとしてスピード持久力も付けないといかんですね。北海道マラソンはなかなか手強いレースですけど、また来年の夏が楽しみですよ。

|

« 2005北海道マラソン完走記(前編) | トップページ | 8月の鍛錬距離 »

「■北海道マラソン」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます!
マラソンの当日はTVの向こうから応援していましたよ。
今年の道マラは完走率65%ということで心配していましたが、完走すごいですね。
また来年も頑張ってください!

投稿: ひらぼん | 2005.08.31 22:13

完走おめでとうございます&お疲れ様でした。
そして素敵なレポ、ありがとうございます。
とても来年参加したい気持ちになってきますが、年2回も北海道遠征はできそうもないので、サロマか道マラか.....悩む所です。

投稿: 「た」 | 2005.08.31 23:23

完走おめでとうございます。
結構関門に引っかかった方も多かったようで、過酷なコンディションだったようですね。
制限時間4時間の夏のマラソンで、写真をとりながら完走とは、余裕ですね。

投稿: RASCAL | 2005.08.31 23:33

しかし、児玉さんが立派なのは、30km過ぎで歩きだしても、その後5km30分以内でゴールまで行けることですよね。
私の場合、一度切れると、1km7分も8分もかかってしまいます。そこが私の問題なんだろうか・・

投稿: まさ | 2005.08.31 23:59

ヒロさんが歩いていなかったら、いつもみたいに私は抜かれていたんですねぇ~。
秋田UMでは先にゴールして待っていてくださいね。

投稿: こじろう | 2005.09.01 01:16

30km付近って足にきますよね〜。足がつるのは何とかならんもんなんでしょうかねえ。

投稿: マハロ菊池 | 2005.09.01 09:46

>ひらぼんさん
TVでの応援ありがとうございました。例年完走率は70%以上なんで、今回は暑さの影響か低かったですね。見てたら走りたくなりませんでした?

>「た」さん
私もサロマは出たいレースのひとつですよ。でも本当に参加したい大会が目白押しで困ってしまいますよね。来年は思い切って両方出てみたら?

>RASCALさん
どーもありがとうございます。夏のフルマラソンは気象条件によってかなり走りに影響でますね。後半は関門が気になって必死でしたので、余裕は無かったですよ。

>まささん
もう少しスタミナあると思ってましたけど、今回も駄目でした・・・。毎回道マラにはフルマラソンの厳しさを教えられますよ。来年は歩かないで完走しないと。

>こじろうさん
いつも同じぐらいのペースだから、走ってて何処かで遭遇するのに今回は見つけられなかったですね。お互いあまり余裕無かった??

>マハロさん
塩舐めながら走ったんですけど駄目でした。30km以降も楽に走れるようになりたいものです。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.09.01 12:40

完走記お疲れさまでした。同じレースでそれぞれのドラマがあるのもマラソンの醍醐味ですよね。私も同じように前半に足を使ってしまったようです。来年もでようかな?

投稿: かみの | 2005.09.02 00:37

>かみのさん
北海道マラソンでは、いつもメタメタにやられてしまいますよ。かみのさんも後半は苦労して走ってたみたいですね。

夏の疲れが出る時期、時間のプレッシャー、スタミナ・エネルギー切れの不安・・・道マラはなかなか難しいレースですが不思議とまた走りたくなりますね。

投稿: ヒロ児玉 | 2005.09.02 11:42

完走おめでとうございます。北海道マラソンのコースは、自分の実家と奥さんの実家のすぐ脇をとおり、今度の引越し先からすぐ近くもとおるので、来年は絶対に参加して完走したいと思っております。

準備期間が一年あるので、何とかなるかなぁと思っております。いやぁ、レポートを見てたらすごく楽しそうでうらやましい!

投稿: せぇ | 2005.09.03 14:09

>せぇさん
ありがとうございます!道マラ前夜祭ではどーもでした。1年あれば余裕でフル走れるようになりますから、来年の北海道で一緒に走りましょう。まずは5kmか10kmのレースからスタートですかね。ガンバレー!!


投稿: ヒロ児玉 | 2005.09.04 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94492/5723192

この記事へのトラックバック一覧です: 2005北海道マラソン完走記(後編):

« 2005北海道マラソン完走記(前編) | トップページ | 8月の鍛錬距離 »